アルヴァトーレとアルヴァアロン
装甲が翼になるデザインの上手さはすごいわ
シンプルなのによくできてる
>>
こういうのはガワラさん上手いよな
四機のガンダムのいいとこ取り
ボディのデザインはかなりヒロイック
>>
デザイン的に敵には見えないな
金ジム
フィールド発生器に一撃入ればフィールド止まるけど
GNソード系じゃないと一撃すら入りにくいんだろうな
本来なら
>>
フィールド発生器たしか羽の圧縮機能の応用じゃなかったっけこいつの場合
>>
圧縮機能もフィールド発生も基本的に粒子制御でやってて
金ジムは羽がその粒子制御アンテナ(クラビカルアンテナ)
羽を前に向けて威力を高めた禍々しいエフェクトを放つライフルのビームすき
>>
なんか紫色の稲妻が迸ってたよな
カッコいい
圧縮粒子砲は一応ビームライフル必須なのかな?
羽だけじゃ無理?
>>
羽は粒子圧縮装置であって発射装置自体はライフルに依存してるからダメっぽい?
砲門でもなんでもないやん!みたいなところから撃つのは劇場版の時代かなあ…
スペックが二期の機体並みにある奴
>>
お金にものを言わせたハイエンドモデルいいよね…
>>
ソレスタルビーイング「お金が…お金が欲しいです」
印象的にはガ系にも勝てそうな気がしてくる
アヘッドは少なくとも余裕
>>
トランザムの存在が運の尽きだったな
後エクシアの特性
好き
擬似太陽炉7基積みのインパクトは強い
>>
複数積みは予想できてたけど
いきなり7基載せだからな
操縦者もクセの強い人で良かった
GN粒子が金色なのも個性が出てて凄く良いな
>>
趣味です
パイロットが現役国連軍エースクラスだったらヤバかったかな
>>
煽ってはいたけど手を抜いたわけではないし疲れてた刹那相手とはいえソツのない戦いぶりだったからどうだろ
ソードでフィールド突破されること知っててトランザムが使えてたら勝ってたかも?ソードの性能はリボンズは知っててアレハンドロに教えなかっただろうしな
大使も別に素人というわけではなかったんだよな
>>
だからあれだけ刹那を小馬鹿にしていた
まぁ実際はギリギリ水準に達してた刹那以下のマイスターの水準に達していない程度の技量なんだが
>>
軍歴あるから正規訓練してるけど、マイスターのスカウトが来るレベルのエースとか飛び抜けた技能持ちじゃなかったからな

あと武力介入のタイミングが悪かった
人間でも扱えるようにファングの性能落としてたあたり
パイロットとしての腕もエース級とまでは行かなさそうな気が
>>
そりゃエースじゃない自覚はあるからMSの性能や装甲を自分でも扱える限界まで強化したんだし
リボンズから通信来た時のウインドウも金の額豚みたいな豪華なデザインなの笑うわ
刹那対大使戦決着の七本刺しと「俺達がガンダムだ!」は全ガンダムシリーズ最終戦でも屈指の名場面だと思うの
>>
おかげでGNフラッグとソード一本で戦うハメに…
大使にギリギリ勝てたヤバかった…からのGNフラッグの絶望感
大使戦の後のGNフラッグ登場良いよね
>>
蛇足感凄いのもわかるけど大使倒して本当の「ガンダム」になったところでガンダムによって歪んだやつと決着つける流れは好き