凡人+努力*環境*出会い*経験(→偶然のきっかけで確変入る)= バケモノ覚醒
byワオ定義か
言ってることは理解できるけど若干スピリチュアル入ってない?

>>
運を天にぶん投げすぎだな
遺伝or環境というよくある話だが
>>
ラッキーあんま努力してないだろ、少なくとも音高受験決めるまでは
「頑張ってるけどダメダメ」で努力しか拠り所がない人間を笑い飛ばすワオワオ好きになれない
>>
別に努力が必要ってわけでもないんじゃない
クソみたいな環境で育った故に得られた感性とかそういうのも含むんだろ
>>
バケモノ理論は努力や頑張り”だけ”では足りないという主旨
でも、努力は当然の大前提というニュアンスがないから、ロックの頑張りが無価値のような印象を与えてしまう


物語は嘘だけど嘘じゃない、みたいな話か
つまり作中の演奏ファンタジーとラ印の幻術は広義の創作表現だとみなされてると
楽曲解釈は多岐に渡るし名演奏は創作行為という考え方もなくはない
けどここまで野放図に描かれたら異論が出そう
>>
69が受けた賞賛についての話じゃね?
69は賞賛されたかったっていってラッキーの演奏で体験したけどそれって69が賞賛されたのとは違うだろ的な
>>
そこじゃなくて
「ソレ言っちゃうと 芸術とは?みたいな話になっちゃうからなー…」のくだり
絵具やインクで描かれたものは非現実で実体がない(けど美しい絵画や物語足り得る)
というようなことをピ世界の演奏に対しても敷衍してるのかなーと
>>
補足
非現実で実体がない(けど多くの人の心を動かす力をもった創作物・表現足り得る)
ラの演奏もまた然り。とロックなりに最大限褒めてるのかも
>>
芸術に触れた時の感動は共感なのか実感なのかみたいな話なのかなと
絵画をみて感動するのはその絵画が美しいから(技法的なものも含む)なのか、その絵画を書くに至った作者の感動を作品を通して追体験するからなのか、後者の感動はあくまで作者の感動であって自分の感動とは違うのではないかみたいな
今週のラの表情はスッキリ憑き物落ちた感じで意外と嫌悪感なく見れた
作画が簡素になったせいかな
扉絵の雑なバストアップ絵はほんまやめてほしいけど
ラの単独イラストとか需要ないだろ
>>
扉絵ラッキーは意味ないわな
演奏観戦時のDADAフルスコアの様子もってくりゃええのに
いろいろ惜しいぞアンケは入れた
決着付く流れか やはりレイジロウは六大将軍最弱コースかね

>>
泣きながら「奪ってやる…」は完璧な負けフラグ
レイジロウすげー不憫じゃね?
ピアノに触らず母ちゃん占有ライフの弟(なぜかバケモノ確変中)に負けるて

>>
返り討ち小物発言させるのよくないな
どう見てもレイジロウに肩入れせざるを得ない展開持ってきて大丈夫か
ものすごく頑張ってる天才界の弱者だろ、そらレの方が推せるわ
Pを消すってのは兄弟を消すって意味と掛けているのかな

「食うか食われるか」の巨人ムシャムシャ絵を比喩表現じゃないマジの領域展開バトルでやってくれたらアンケ捧ぐわ
>>
ぶっ飛んだ弱肉強食ピアヌバトルかますなら、主人公補正勝利でも楽しめるかも
どーせ主人公の勝ち、はどの漫画でも大抵同じやし