モスラとバトラの合体
>>
最終的に小笠原殿交えてキングギドラか
弧次郎が顔を隠せと言われた理由はストーリーに関わってくるのかな

祢津家の跡継ぎと双子で親戚の養子にされたけど顔がそっくり位しか思いつかんが
>>
根津氏は代々当主が小次郎を名乗ってるのに対して弧次郎だから跡継ぎと双子説は意外とあり得るかもしれない
狐次郎の頭巾、祢津家の家紋入ってるし正体隠してるのか主張してるのかどっちなんだ?

出典:逃げ上手の若君39話 松井優征 集英社

>>
顔は隠れてなくない?って思った
>>
本人は顔隠すの嫌がってたから
頭に巻いて言いつけ守りましたよーとかいう反抗期的なあれかと
頭巾被った狐次郎がイトナじゃねえか
>>
読んでないから分からんけど、過去作オマージュなのか
安定の門番w
麻呂と市河、イメージだと仲良さそうで&気持ち悪くて草
望月さんは亜矢子の身内だよね、青褪めてて可哀想…
>>
身内どころか親子の可能性もあるんじゃない
冒頭が撮り鉄激怒案件な件についてw
あの構図ワラタw

後、修羅の人最終的に若にグツグツ煮えたぎる情動向けそうでちょっと怖い

出典:逃げ上手の若君39話 松井優征 集英社

>>
ついこの間まで巴御前とか板額御前とか、
キレーな話で盛り上がってたのに、
一気にむさ苦しくなったよな
「男女の色事はよく知らん」ってことは若君は童確定か。
先週明確に返事してなかったから実は経験済みオチかと思ったが
>>
10歳ならまだ精 来てない可能性が高いからな
逃若党の面子では吹雪と玄蕃は経験済みでも不思議ではないだろうけど
戦場説明のわかりやすさ

出典:逃げ上手の若君39話 松井優征 集英社

信濃って広いように見えて平地だけ見るとあんなもんなんだな
表紙の玄蕃に草
実に良い配役だ

>>
信濃に限らず本州でいわゆる都市圏から外れたところは全体的にそんなもんだろう
200年後の勢力図のところで武田だけ・・・が付いてるのは何でなんだろう?
>>
信濃関係ないからじゃない
それかその後…を暗示しているのか
>>
領主(戦国大名)としての諏訪を滅ぼしちゃうからじゃないかな
佐久小県は分かりやすさ重視で真田と書いてあるけど本当は諏訪滅亡の前年まで海野がリーダーやってる
海野と一緒に上野に逃げたであろう真田が復活してくるのはその数年後
扉絵のパロディのチョイスに笑った
にてるな


>>
まんまコレで吹いた
偶然ってすごいな運命だろこれ




>>
偶然だったのか
数年後の読者「鎌倉といえば江ノ電だね!」
普通にいい絵としか認識しなさそう
>>
玄蕃もキャラ的にこう言う乱入の仕方しそうだからなんの違和感もないしなあ