ボーボボの敵にはかっこいいキャラも多い
変なキャラは更に多い
かっこいい
これはかっこいい
>>
あっサンバマンだ
レジェンド
白狂はギャグにあるまじきグロテスク
むしろギャグだから勝てたというか
>>
融合戦士が劣勢になるのがヤバいよね
それが何でもありのパッチボボだからなおさら
ライス OVER ハレクラニ ギガあたりのイケメン章ボスは女人気高いよね
>>
扉絵とか表紙の構図のセンス高いよね澤井先生
>>
ギガか…個人的には絶望くんにぶん殴られて血を吐いてたシーンが印象深いキャラだな
絶望君にやられた男
>>
普通にそのあと倒してるぞ
絶望君がふっきれてぶん殴っただけで
無駄にカッコいい
パパパーパ
絵はヘタクソ扱いされるけどかっこいい構図がうまい
>>
扉絵とかちょいちょいセンスを感じる
初っ端から石化攻撃使ってくる敵が出てきてそいつ雑魚扱いだからな
並のバトル漫画なら強キャラだし実際ボーボボも一度は石化させられたし
>>
ニンジンになってたじゃねーか!
ふざけてるようでカッコいいのにちゃんとギャグ防御もできるJはスゴい
強さ描写は後にも先にもこいつが飛びぬけてたな
>>
ギガ以降の章ボスクラスとまともに戦ってないけどそのせいで逆に格落ちしてない気がする先生
オヤジがダンディなのも大きいか
>>
詩人の技で記憶なくしたり非物理的な攻撃は通用するし無力化自体はできるけど
そういう相手の場合はやたらと万能なバカどもが攻撃が効くようになる土壌を作ってくれる
>>
おれは極楽鳥(ビービビ)戦!
苦戦したのは色々あるけど本気で格の違いが表現されてたのは魚雷とここ
>>
お得意のアフロからの奇襲戦法の上位互換でハジケも実力も完全に上回ってるという
魚雷ガールはおふざけ禁止→なら鼻毛世界しかない→耐える
の絶望感も強かった
>>
聖鼻毛世界は発動前に潰されることはあったけど発動した上で耐えられたの魚雷だけだよね
結局ボボちゃんマークつけられて敗北に繋がるけど
横浜の純子が最強じゃないの?
>>
技威力とか見るに純子とパーパパチが単純な攻撃力なら作中二大巨頭だと思う
ただ魚雷ガーボ崩したようにビービビには相性負けするかもしれない
なんかやたら印象に残ってる
>>
さすらいの豆腐が出てきて門下にそこそこ強い豆腐がいることが明らかになった今は
豆腐一瞬で砕けるのはそこそこの実力者ってことなのよね
アメリカ人が理解できないと言った漫画
>>
日本人でも理解できないから…
PTAから「観ていて頭がおかしくなる」という理由でクレームが来た
>>
これに関してはぐうの音も出ねえ…
>>
正論で叩かないでくれ
軍艦とかキャラデザは整ってるからな…
>>
ライバルキャラだと思ったらそんな事はなかったぜ!
>>
他がインパクト高すぎて空気になる弟が不憫
>>
しょうがねーだろ天の助のライバル枠のさすらいの豆腐と本気は下手したらビービビと同等クラスのシゲキXなんだから!
サポートとツッコミばっかしてたのもなんか軍艦の弟らしいよね
好きなボス
>>
千葉茂だったなあ
アニメがあのまま行ってればガネメも地雷ダンディも見れたのに
あの先が白狂とふんどしカンチョーだから放送もっと無理な奴だったし仕方ないな
>>
くすぐりと臭いだから他と比べるとインパクトは確かに低い
その代わりに3形態持ちでほぼ確実にダメージ与えにいけるから性能が高すぎる
>>
ハンペンに始まり足の裏でハレクラニやソフトン破天荒たちシリアス組がゴミのようにやられるのすごかったよ
そんなの相手にカンチョーと田楽って見せ場少なかったキャラが活躍するのが好き
>>
笑って呼吸すると臭いが襲い掛かるという恐ろしい奥義
三バカ文明とか宇治金TOKIO組とかじごくのイルカと堕天使シェルとか敵がバカで仲良しなチームとの戦いは見てて好きだな
付録の専用メガネ使うと立体に見える3D漫画企画で一緒に立体化してもらえて役得だった白狂
>>
3狩リアでは勝てず総戦力でボコらなきゃ勝てないとか白狂頭おかしい強さだよね
ハレクラニOVER軍艦ギガが四天王
プルプーとかいうのは知らん
>>
軍艦編のあとライス編の前って一番迷走してたというか方向性が定まってなかった頃に登場して即カマセだもんなプルプー
なんならラムネのほうが語られてるレベル
イケメンor美少女・クセが強い奴・一頭身だったり人外のキワモノ
この組み合わせの敵グループすき
>>
3バカ文明好きそう
宇治金時チームも好きそう
じごくのイルカチームも好きそう
顔はイケメンのゴイスーくん
なお扱い
まとも?なビジュアルした敵ほど使う真拳がふざけてるギャップ好き
画像は他がおかしすぎて一周回って普通に感じるセロテープ真拳の使い手
>>
over→巨大ハサミ ハレクラニ→お金そのもの ギガ→芸術性 ランバダ→ポリゴン 三世→手品 ねんちゃく→テープ
と普通のバトル漫画ではあまり見ない能力の強敵たちはボーボボの魅力の一つだと思う
その極みが足の裏なんだが
>>
逆に普通の漫画で見そうな敵は印象に残りにくいな
ハロンオニとか覚醒ナメ郎とかはそのへんに比べ技が記憶にない
>>
お金そのもので直接攻撃するのは割と凄い発想してると思う
しかも攻撃力自体は割とガチ
魔攻破邪神ザルビオスは結構かっこよかった
>>
今の澤井先生の画力で描いたら普通にカッコイイキャラになってしまうだろうな
なんなら今ならオシリスの天空竜もカッコイイのが描けてしまうだろ
かっこいいと見せかけて変なやつ
>>
ネウロとか暗殺教室の松井先生の雰囲気ある…と思ったら元アシスタントで納得した
>>
これが3世世代のEブロック隊長だ!
敵側に特徴的な味方のシルエットとそっくりなキャラがいるパターン熱くて好き
>>
シゲキと豆腐はいいキャラだった
準ラスボスチームだっただけはある
劇的ビフォーアフター
>>
個人的に魚雷先生よりすげぇと思ってる
>>
前フリも何もなく急にサンバマンになって無言でボーボボに殴られる
>>
元々ゲームオリジナルのボスだっけか
>>
9極戦士ギャグ融合は面白くてめちゃくちゃ好きだったので逆輸入は嬉しかったな
雨水は真っ当にかっこよくてそこそこ強かった
最高幹部と四天王はどっちが偉いんだろう
>>
一応最高幹部じゃない?
安定性強いハレクラニや魚雷に比べギガとサンバマンは性能がピーキーすぎるが
>>
皇帝の側近と外様の実力者だから偉いという意味なら前者だろうね
サシの実力となると難しいところだが
三世はコンバットブルースのどこを評価してるのかまるでわからん…
>>
まあ魚雷が乱入するまではボーボボと首領パッチの攻撃をしっかり捌いていた感じはあったし
あとは忠誠心だろうな
>>
上位隊長の中で皇帝決定戦に出場してないから忠誠心を買われたという考察があったな
このあとのスネ毛出されたら認めるしかねえ!こいつボーボボの兄貴だ!!ってセリフが好きだった
流石にマルハーゲ四天王の一番手だけあって軍艦との戦いは面白かった
>>
こういうこれで攻撃に繋がるの!?ってなるのが好き
>>
元々ラスボスの予定だったからかギャグの密度がすごいよね軍艦戦
>>
これが真実
>>
年齢も違うのどうすりゃいいんだ
>>
魚雷先生が本体でOVERは後から発生した人格説
雑魚を装う強キャラ
>>
結局何者だったのこの2人
>>
こんなに貫禄あるのに…
>>
まあ強さより知略とかそういうタイプだと思う
結果的にまんまと逃げおおせたし
まあ何でもアリなあの世界では別人格と年齢違うことくらい些細なことだと思う
3世と4世で面識無い感じだったのは何でだろ
親子とかじゃないんかいお前ら
>>
皇帝決定戦の優勝者っていう共通点しかないと思う
強すぎる
>>
これ一枚絵で①掴む②丸める③捨てるの三動作を違和感なく伝えてるの何気にめちゃくちゃすごいと思う
>>
絵下手くそ扱いなの誤解だよね
作品がボーボボじゃなかったらもっと強キャラだろうに…
オーバーでさえ銀級だよな
それくらいの金バッチ級がゴロゴロいるんだよな
>>
あの大会での金バッジはたかがハロンオニにボロボロやられてて生贄候補にもなってないやつの集まりだから
本当に強いのねんちゃくと闇夜叉だけだと思う
ガルザークとか魔光破邪神ザルビオスとかやたら語呂がいいよね
>>
無敵要塞ザイガスの語呂は忘れられん
アシさんが描いたのかこの時点の澤井の本気なのか
構図のセンスは天才だと思う
>>
まさか画力お化けの粋までいくとは思わなかったというか…
タンク役の天の助が毎度サンドバッグになってたりふざけてるように見えて割と理に叶った戦い方してるの好き
>>
ところてんマグナム!
ギャグで誤魔化してるけど敵に即死技持ちが多すぎる
>>
即死技をギャグ補正で無効化して反撃するのがボーボボチームの基本的な戦い方だからな
ねんちゃく戦の溶かされる→くっつく→チェーンソー真拳!の流れ好き
松井先生はボーボボのいいところしっかり全部吸収してるよな
>>
作話が基本シリアスな分師匠より息の長い漫画家になったな
だいすき
>>
ギャップありすぎて連載時に息できないぐらい笑った