バカなのかな
>>
点描懐かしい
中学校の頃美術でやったわ
>>
ここやっぱり手描きだったか…期待を裏切らないな
>>
バカではない
>>
恐ろしい男だよ
>>>
やっぱりマンガ上手いな
>>>
ここで我慢の限界だった
線が太いのは卑怯だよ…
>>
ワートリのデフォルメ顔も素材に登録して貼ってるんだろうかね
いろんな便利な使い方あるんだなーデジタルって
謎の技術
>>
正直この発想はなかった
空手書きするにしてももっと楽な方法あるし
>>
漫画家さんってそれぞれ独自の我流で生み出したやり方とか持ってんだろうな
>>
イラレだけど米田仁士が絵の具をカビさせて描いて深み出してたな
あと漫画家の潮見知佳は完全な両手利きで両手で同じ線が引けるとか
>>
変な雲なので絶対変なことして描いてるなぁとは思ってた
やっぱりそうだった
このコマずっと笑えるんだけど
>>
ある意味デジタル作画を最高に理解してるよね…
>>
吸血鬼すぐ死ぬのワロタ氏を思い出す
ミウラ先生から学ぶデジタル作画に変えた方がいいのでは?
>>
ミウラ先生は謎の樹形図とか出してくるし…
難関美大卒らしい超絶スキルと常人離れした謎の集中力
コックカワサキの超薄切りサンドイッチを思い出す
>>
1ページに15時間とかすごいよね
時間かければ美大卒の名に恥じない美麗な一枚絵とか描けるんだろうな
「光の向きを意識しつつ筆ペン」ってサラッと言ってるけどこれ簡単に言っていいやつではないのでは
>>
パンツマンにとっては光の向きを意識する事ぐらい朝飯前で筆ペンの方が難しいと思ってそう
>>
素材作りながら描いてるようなもんだよな
まあこれ以上続けると
「ミウラ先生に学ぶ超初心者用デジタル作画講座(聞き手:長谷川智弘)」
になってしまわざるをえないだろうしなぁ
>>
何も問題が無い
聞き手が上級者に育つまでやってくれ
余人には真似できない技法使ってたパンツマン・・
>>
ネタにしてるけどそれ常人が出来る技じゃありませんよね?な部分がどんどん出てくる
効率という要素が重要な場面だから問題になるのであって
アナログ原稿の再現という視点なら間違ったアプローチではないからな
>>
単調な画面に手書き挟むだけで印象変わりそうだし
“出来る”っていうのは強いよね
筆ペン描いたの?アホなの?
>>
これたぶん筆ペンツールで描きながら
「間違えて点描したらすぐにやり直せるとかデジタルってなんて便利なんだ!」って思ってるんじゃないかなって…
>>
想像して涙出そう
>>
これめちゃくちゃ凄い事してるなって気付いて変な笑いでた
>>
完全に光の存在を描写できてるな
みんな聞いてくれ
今回からミウラ先生の顔の線が綺麗な楕円になってる
>>
つまりミウラ先生がデジタルで作画されてるってこと?
>>
なんかめっちゃ笑った
このビル群の素材感
>>
でもこの作者の絵とマッチしてて違和感無いな…
デジタルでやるべきだわ
ちょっと待ってくれ
見過ごしそうになったけど今週「ほぼデジタル作画」って柱に描いてあるじゃん
やっぱり成長速度すごくねえかこのパンツマン
>>
先週までとギャグの素材ページ以外は遜色ないな
デジタル凄いな
アシいらんくなるじゃん
>>
でもミウラ先生でもアシ大勢いる
作業効率がよくなっても手抜きしていい訳じゃないしな
この人のスキルツリーめちゃくちゃ歪な形してそう
>>
BLEACHの台詞暗唱が一番伸びてる…
>>
スマブラも…
>>
ジャンプラのコメント欄でも黒棺詠唱してる人がいて駄目だった
>>
芸大油彩コース卒の漫画家(確か)
メダカの孵化繁殖
スマブラ
実家寄生
後なんだ
>>
油彩とスマブラにスキルかなり振ってるな
よくこんなめんどくさい事やったな…
すげえや
>>
補正あるにしてもよくなぞれるわ