これで竜の騎士どもが本気で攻撃できなくなったぞ
勝ち目が出てきたな!
悲しんだ理由が
誘爆を恐れるバランとダイが手加減して戦っていたからだというのが
>>
このあとポップ達を逃がしたことでバーンに処断されそうになって反抗したのも
ダイとの決着が目標だから邪魔するなら倒すよ?ってだけでバーンが憎くて戦うわけじゃないってのがまた
繋がってる管千切れる度に痛がってるのはちょっと笑った
>>
神経も繋がっているのかも
フフフ…
>>
敵側の主人公みたいなやつ
>>
ドラゴンの騎士相手に
何とか勝ちたいと策を練ったり自己強化したり
そういう意味ではドラゴンクエストの主人公
序盤から中盤はだめんず好きに受けて
ひと山抜けたらもう男前すぎて人気キャラクターになる
作者ですら最初はここまで成長変化させることになるとは思わなかったというだけの事はある
>>
で、今やってる過去編では武人とは違う方向でのカッコよさや威厳も描かれているという
>>
魔王としての悪の魅力よなぁ
まさか自分の息子供同然な親衛騎団の正式な初陣の場所が
ハドラー自身も関わりある場所だとは
>>
焦ったら鼻水でる頃のハドラー様は
あれはあれで良いよね
>>
なんだか愛嬌もある
黙ってたのはバーン様が悪いけどそもそも死なない身体与えて貰ってるのをハドラーは捨ててる訳だしね
忠誠疑われるような事やったら殺せるようにしとくのは当たり前なんじゃないかな?
>>
「次失敗したらお前もういらないわ」
って脅されてる状態だったし
>>>
成長する元魔王とかよく考えたな
普通あんまり出てこないと思う
それではダイたちが勝つことはできないではないかって
ダイたちの方が強かった場合は
華々しく自分を倒して生きて欲しいんだね
>>
死に際を見ても立派な相手に正々堂々と敗れるならそれもよしとしてるし
おれ(バーン)じゃない
あいつ(ザボエラ)がやった
しらない(知ってたけど)
すんだこと(ドカーン!)
>>
邪悪すぎるわ!
>>
大魔王だからな
今週ハドラーとバランどっちに感情移入すればいいかわからなかったわ
>>
とりあえずクソジジイとっとと往ね!!でいいと思うよ
やっぱ関は良い演技するな
>>
しかも自分の仕事の役に対して割とクールなのに
ハドラーに関しては子供の頃読んでいた大好きな漫画って事で思い入れもすごいからなあ
>>
そうなん?
>>
1周年記念動画見てみろ
物凄く熱く語っている
>>
クロコダイン×ハドラー×ヒュンケルはガチ勢
>>
既に「この男の腕の中〜」のシーンを友人に頼まれて演じ済みとか笑う
>>
ナックスの戸次もハドラーラストシーン朗読してもらって泣いたからな
>>
ドモンとかいまだに逢坂さんから貰った絵を飾ってるとか言ってたしな
>>
まあ思い入れもあるし逢坂さんがすでに亡くなってるし…
大魔王は大魔王で魔界を不遇に貶めた神々の罪を償うとかいう
壮大な目的のために手段選んでらんないっていう
でも雲の上の話過ぎて理解されない
>>
手段を選ぶ余裕普通にあるよバーン
結局余が最強だから何も問題ないと考えてるから
>>
いやおもいっきり遊んでるじゃん…
本気で手段選ばなかったらとっくに地上消えてる
ハドラーは魔軍司令時代は恐怖でバーン様に従ってたけど
超魔生物になってからは忠義を持ってたよね
まぁバーン様から最悪な形で裏切られて謀反したけど
自分が幼稚園児だったころはクロコダインとアバン先生が好きだったけど
今見るとハドラーいいわ
自分が欲しかったものを全部捨てた時に
求めた物が手に入ったというか
>>
幼稚園児でアバンはともかくクロコダインが好きとはなかなかに渋い趣味した幼稚園児だったんだな
>>
暖かみがある存在と頼りになる存在が好きだったんだろう
それ以外だとしたらクロコダイン好きな子供は
ゴジラなどの特撮怪獣作品も好きってのを見たことがある
>>
ある意味一番閃光のように生きたを体現したキャラでもある
バラン→火葬
ハドラー→爆弾
フェンブレンの中にある残酷さすら
バランに負けるとわかってても戦い挑む性格が残るという
>>
ある種ハドラーに近いんだろう
ハドラーも冷酷だったのが敗北で一皮剥けたのと同じように
>>
自分より強い敵などいてたまるか!というハドラーの根底部分だよ
気しくもポップによるハドラー評がアバンと同じだったのよね
ハドラーは作中どころか全漫画やアニメの中でもトップクラスで好きな敵キャラだわ
>>
良くも悪くも重要ポストだと能力生かせないのがハドラーよね
独立遊撃隊とかそっちの方が一番よかった
もともと魔王の時点で前戦でバリバリ戦うタイプだったみたいね
>>
魔王時代のハドラーは地元でイキってたヤンキーの総長みたいなもんで、本当に玉の取り合いしてるヤクザもん(バーンとかウェルザーとか)が実はいたって感じだからね
もしハドラーが生きてたら
クロコダインやヒュンケルのようにダイ達の仲間になったんだろうか
それとも敵は敵でいつかはダイを倒すことを目標に去って行くキャラになるんだろうか
>>
あの死に様は仲間になったようなもんじゃない?
>>
最後のあんたは俺たちの仲間だったってポップもね
>>
まあ全て出し切って負けたからもう重ねて雌雄を決しようって気もないだろうしね・・・
まあ魔界に帰ってバーン様の抜けた穴を埋めるとかするんじゃないかな
>>
バーン戦でダイをかばって死にそう
>>
同行するなら先生みたいなポジ
同行しないならラストで偽勇者一行みたいに力貸してくれそう
アバン先生復活しなくていいなこれ
バーン様
バランにはキルバーンに暗殺を依頼して
ハドラーには爆弾入れて
言ってることが違う
>>
disってる人間よりよほど酷いあたりさすが大魔王
雌雄決するまで待つ程度には強者に敬意を払うけどコア埋め込むのは酷い
>>
バーン様的にはこれで何があっても一矢報いて余の役にも立てるよ良かったでしょ?ぐらいのノリな感じが
>>
結局はハドラーの「所詮は駒としか思ってなかったのか」に尽きるよなあ
>>
魔王軍そのものがバーン様のお遊びだからね
絶望したハドラーの縋るような問いに答えるミストの心中は穏やかじゃないですね…
>>
ミストにとってハドラーは最推しだけど自分の存在意義そのものなバーン様の意思には勝てなかった