尾形百之助
家族みんな自分で殺しちゃって何がしたいの
>>
愛してくれる人ガチャ
>>
利害関係ハッキリした好意や善意じゃないと怖くて殺しちゃう性癖
どう考えても囚人側の人間
>>
宇佐美辺りも…
>>
凄い似たもの同士だからねあの二人
>>
尾形「人格の高潔さに親の愛情の有無は関係ないんだよ」
宇佐美「そうだね」
もう杉元とアシリパさん達尾形に構ってる暇なさそう
>>
第七師団に勝てたとしてもすぐに第七師団が喧嘩売った中央が駆け付けるから金塊運び出すの不可能なんだよなぁ
この口が俺を狂わせる
>>
尾形を一番理解していたのが杉元だったってオチ?
>>
割と宇佐美じゃないかという気がする
スナイパーのくせにアイアンサイト使ってるんだよね
スナイパーライフル使えばいいのに
>>
この頃って小銃用のスコープあったの?
>>
あったけど日本軍は正式採用してないから個人で買ったらしい
アメリカ軍とかにはあった
もう銃が使えなくなるように残りの目や腕を失って余生を過ごして欲しい
>>
完全に壊れるまで撃ちまくりたいんだよ…
工作員歴そこそこなのにとっさの嘘でほぼ自分語りしちゃう闇の深さ
>>
何だかんだでアシリパセラピーが効いてたんじゃないか
>>
たんに食事に興味なくて
「人が食べたがるもの」という引き出しに
あんこう鍋しかなかっただけではなかろうか
>>
杉元を通して自分を肯定して欲しかったようにも見える
>>
それもありそうだけど
「そんな話はしなかった」ですませればいいのにアシリパの望みを嘘でも応えようとしている所にクるものがある
>>
懐きかけてたけど全否定されておじゃんですよ
今のこいつは何がしたいんだ
>>
一応政府側の指示の元で動いてる
土地の権利書の抹消したいみたいだからアシリパとエンカウントするのは確定みたいなもの
好きと嫌いの両軸で高得点取れる男
>>
イケメン好き女子も二の足を踏むレベルかもしれん
>>
そもそもツタンカーメンみたいな顔だからイケメンか微妙だって言う女子も多い
>>
今は猫好きのほうが評価高いかもしれない
どんな気持ちで遊郭に連れ込んだんだろう
>>
「勇作殿を精神的にレ○○したい汚したい」
>>
尊厳破壊の一種だよね…
だ、だって殺人に罪悪感を抱かない人間なんているわけないじゃですか・・・
>>
兄上成仏して…
俺は根に持つタイプじゃないが
>>
(めっちゃ根に持つタイプ)
>>
谷垣にずっと嫌味言うマン
母上の選曲ミス
>>
死ぬ間際に「アンコウ鍋が食べたい」と言って死にそう
>>
「父(母)上・・・」って口に出してしまった後に自らハッと気づいてなんともいえない表情のまま逝ってほしい
ここまでくるとこいつ死なないんじゃないかなと思ってしまう
>>
正直しっくりくる生き様も死に様も想像つかないんだよな尾形…
>>
エンディングでそれぞれのその後みたいなカットで
無表情で銃片手に列車でどこか遠くへ行く百之助
>>
死が救いになっちゃう系だから、死ねずに苦しみながら余生の方が現状それっぽい
とはいえいつ誰が死んでもおかしくないんだけど
>>
>>
それはそれでこれまで殺してきた連中も無意味だったのだ
罪悪感を抱かないのも当たり前なのだって納得しそうでなぁ
裏切りを続けてるクソ野郎の様に見えるけど俯瞰してみると中央のスパイとしてなら高得点を叩き出してるムーブだと思う
>>
それでも肉親全員殺してたり子供に殺人させようとしたりするのはマイナス点過ぎて
しかしなんで尾形って親父の敵対派閥の下でスパイなんかしてるんだ?
>>
頼む方も頼む方な気がする
>>
折り合い悪いの知ってて付け込んだ感じかね
>>
元右目のあった所に何か仕込んでそう
>>
お箸出てくるんです?
>>
いやいやお箸なんかあっても役にたたないだろう
>>
こんなに従順だったのに
姉畑先生の熊レ○○見て谷垣と一緒にドン引きしてんの好き
>>
さすがに尾形もあれは想定外だからな…
中央のスパイとしてどんな命令受けてんだ?
鶴見の邪魔してたら金塊横取りできんのに
>>
ウイルクを狙撃していたから国益に反する危険人物の抹殺は請け負っているだろう
ウイルクが脱獄して権利書持って騒いだら国家騒乱の元だし
鶴見に関しての尾形の行動見ると権利書回収か破棄が指示だろう
奥田は菊田を目くらましに使った可能性が高い
>>
榎本の策略で諸外国のサイン入りになった権利書のがヤバいものな
>>
他国が介入してアイヌ保護口実に植民地化される恐れがあるからな
榎本なら自分の命可愛さにそれ位やりかねない
>>
「未開拓地はアイヌに与える」っていう条文入ってるから榎本武揚的には北海道をアイヌにくれてやる気はサラサラ無いと思う
北海道開拓に力を入れた人間の一人だし
>>
一応作中時間50年前のキムシプの仲間の一人も
「榎本武揚でも信じすぎるな」と言っているし榎本も若干尾形みたいな曲者キャラデザになってるから
アイヌ達も榎本の権利書云々は今一信用してなかったと思う
事実最初にプロイセンに土地借用させたのは蝦夷共和国でアイヌにとっては北海道を外国に売るような榎本信用できるかよってなるのが普通
怪しげな儀式は効果があった…?
>>
効果出過ぎて勇作殿がスタンドで登場するようになったやんけ…
>>
勇作殿近い
レスバトルにも強い尾形
尾形の後頭部をぶち抜くために頭巾ちゃんがいるのかと思ってたが
今のマスコット化した頭巾ちゃんにそれができるだろうか
>>
ビール工場での働き忘れたんかい!
置いていかれても言葉わからんのに自力で函館目指す執念がスゴイ
尾形は好きな女とかおらんのかな
>>
母親と
ある意味ではアシリパさんかな
>>
ご飯食べさせてくれたから婆ちゃんには懐いてたって書いてあった
左右反転したら表情そっくりだった
>>
祖父母もやってるだろこれ
>>
近しい・歩み寄ろうとしてくれる人ほど殺しにいくのはなんなの
>>
利害関係が明確とか相手も異常さあるの分かってる関係だと殺したくならないんだろう
本当に良い人が思いやり向けてくると耐えられなくなる
ねぇ兄様
ねぇ兄様
>>
尾形擁護するわけじゃないがこりゃ嫌われる
>>
猫だから距離感大切だったんやな
>>
知り合いの猫を撫でてるとこんな感じになる
構いすぎると来る本気の猫パンチは
結構
痛い
>>
実家の猫は柱で研いでるからマジで殺されそうになる
スナイパー戦がかっこいいんだよな
戦闘シーンは尾形が一番好き
でも勇作殿が汚れてもそれはそれで納得しなさそうな
>>
偽勇作殿(ノラ坊)見てにっこりだったし結構意気投合しそうな気もする
でもそれはそれで勇作殿が死んだら父親は自分の方を向くかどうか試したいから殺すね…
勇作はパーソナルスペースをわかってない
育ちが良すぎるのも困りものだ
>>
あっ避けておられる…までは分ってんだから分かるだろう
ただ血縁者がそんな感じだったら一歩踏み込んで知りたがるのは当然なわけで
>>
妾腹の子と正妻の子ですよ?
普通遠慮とかコンプレックスで距離取りますよ?
>>
だから距離とってるのかなは察してるじゃないか
そしたら良かったそんな事なかった…からのアレなので
別に間違ったことはなんにもしちゃいない
ロシア兵を撃つ
撃てないと謝罪する
兄様にも必ず人の心があると説く
正解はどれだったんだろう
>>
証明する前に殺してくる奴
>>
→人を殺して汚れたはずなのに清廉さが変わらない…なぜだ…殺す…
→殺す…
身近に尾形推しが居るけど最後は後悔しながらな生き残るか浄化されて死ぬって思ってて怖い
なんで推しの不幸を望んでるんだ…
>>
歪んだ殺人者を正当化しないだけ理性あるかもしれない
>>
だって尾形がどうなれば満足するのかわからないし…
>>
キャラや物語としての完成度はそっちのが高いからだと思う
右目がポンッととれたのはけっこうビビった
>>
まあ毒抜くためにほじくったから
>>
>>
わあ☆かわいい!かわいい!
登場人物ほぼ全員から嫌われてるだろ
>>
勇作殿は嫌ってないもん!
だから撃つね
函館で決着付くか?
作者が尾形は個性的なイケメンって言ってたけど芸能人だと誰に似てるのか想像がつかない
>>
目だけは顔が死んでる時のベンアフレックに似てると思う
>>
役としては高橋一生が合いそうだけど似てはいない
>>
何かの役作りしてたときの武田真治が似てた
尾形に関しては明らかに環境とか周りの人間関係が悪い
本人の感性自体は割とまともなのが可哀想になる
>>
どっちかというと親に見捨てられた鯉登の背中さすったりして歪んでからも優しい方なんだよね
>>
まともな子供はいくらネグレクトされても親の飯に善意で殺鼠剤投入しないかと
尾形の目的は父より出世することじゃないかと思う
>>
大将か元帥クラスじゃん
百之助の名前の意味が深いし怖い
>>
どういう意味?
>>
一之助から九十九之助まで兄がいる
>>
なんなの花沢閣下は城戸光政レベルの絶倫なの?
チ○ポ先生が初めて脳ミソ食べた後で
これでもしかして榎本武揚と何か関係あるのかは気になった