この人ちょっと強くない?
誰とぶつかるんだろう
杉元かチ○ポ先生でもないと勝てなくない?
>>
チ○ポ先生はあくまで柔道家だからガチ殺し合いだと月島さん相手に勝ち目なくね
蹴りで空中にある爆弾そのまま元の場所に返すな
ただの心技体全てが高水準の理想的な兵士ってだけだよ
>>
しかもロシア語も堪能
杉元と違うのは銃もそこそこは当たるとこだな…
>>
銃が使えて本能じゃなく総合的な判断力で的確に攻めと引き際をこなすから
何ていうか杉元を不死身バフパワー強化じゃなくてよりバランス良く基礎ステ振り直した感じ
耐久力は杉元に負けてると思うから
>>
杉元が脱出出来なかった炭鉱から一人で脱出してるけどな
>>
説明が屈強な軍人だからの一言で済まされたけど実際どうやって出たのかわからないという…
>>
回復力ではそうだけど耐久力は普通に互角だと思う
数時間は動けない筈の麻酔薬打たれて普通に動けてる…
>>
一応打たれた直後は気絶して起き上がって発砲してまた気絶して…って感じなんだよね
そのあと馬で逃げておとりも仕掛けた谷垣達に徒歩で追いついてるんだけど
>>
漫画ではあっという間だけど作中時間で一晩中追って来てたんだよねあれ…
敵に回すのが悲しい人ではあるんだけど軍曹の戦闘シーン工夫があって面白いよね
>>
近接戦が足技中心の喧嘩スタイルなのすき
この人日頃の軍人感で誤魔化されてるけどメンヘラ気質強い
>>
あの経験で病むなってのも無茶だと言いたい!
なんで片田舎の島の訓練もしてないクソガキがそんなに強いんです…?
>>
親父さん見るに血筋な気がする…
>>
本人もクソ野郎のガキはクソ野郎だって言うくらいだしな
>>
ガキ大将を超えてる悪童だったのでむしろその辺の一般人より強いスタートなんだな
鶴見が最期に教えない限り生きてるいごちゃんのことは知らずに五稜郭で死にそうだなあ
>>
今更知ったとこで止められないほどの事をしてきたしなぁ
この人も熊と戦ってほしかった
>>
クズリで我慢しろ
その辺の奴とは戦っても無感情なのに
尾形とか谷垣とか離脱してく奴にはやたら殺意高いのがメンタルの不安定さを感じる
>>
谷垣は中尉の命令バックれた上に一抜けで嫁と幸せになろうとしてるからな…
鶴見劇場の最高傑作
>>
というか他が…
宇佐美なんて横入りしてきただけだし…
月島を曇らせるといい表情をするからな…
江渡貝くんとかやってた頃は割とすぐ死にそうなモブって感じだったのに強過ぎるこいつ
>>
そこからすぐに尾形戦して底力見せつけてたし…
思えばあの頃は元気そうだった
月島は軍曹だから叩き上げとしちゃ上の方だけど全体の階級からするとそこそこの地位ではある
鶴見が右腕として連れ回してるから実質的にはナンバーツーだけど
>>
まあそりゃ士官には勝てねえよ
江渡貝くんの死についてなんか引き摺ってるシーンなんか人間臭くて好き
>>
(読者もちょっと忘れかけてたのに…)