「いくら任務で地元のヤンキーと仲良くならなきゃいけないからって……僕に出来るかな…」
「緑谷にはきついんじゃね?」「緑谷君だと少し荷が重いだろうな」「デクくんは向いとらんよ」

三十分後
「あ゛?何見てやがんだモブ共が」
「緑谷君!?」
「調子こいてんじゃねェぞクソナード」
「緑谷君!?」
参考がすぐ近くにいましたね…
お互い影響受けまくってる幼馴染さあ
>>
お互いに固有エピソードいっぱい持ってるんだろうけど一切出さないのが逆に幼馴染
「えっと…とりあえずヒーロー研究ノートの3ページから67ページ、後は432から511ページを参照して…」
>>
多いな…
>>
「あと顔の角度を三度傾けないと完璧なかっちゃんじゃないんだ」
「何で分かるん?」
他人を貶める語彙を持たないので全員にクソナードと呼びならわすデク
>>
似たような個性のヒーローの名前の前にモドキをつけるぞ
本編で見たな
「これはまだ正直アレだから君に言えてないけど
僕の中でのヤンキーとか不良みたいなあらゆる非行少年のイメージが君になってるんだ」
>>
本当にアレすぎてダメだった
>>
言ったら確実にキレるから言えないヤツだ……
>>
AFO「君が最も嫌がることを考えていたよ。とりあえず、爆豪くんに読心の個性を与えておいた。君のその考えはもう彼に伝わってるよ(にっこり)」
爆豪の方も意識せずデクの真似はほとんど完璧に出来ると思う
お互いに「うわぁ…」ってなる
>>
爆豪絶対してくれないだろうけど見てェ〜〜〜〜
「ア゛!?何してやがんだクソメガネが」
「緑谷くん…」
「てめェもアホ面晒すなやクソボケ男が」
「心が痛い…」
>>
「何見てくれとんだ丸……麗らか顔が」
「デク君………!!!!」
>>
デクくんはこうなる
ここにマスキュラーとかヴィランの言葉づかいやファッションセンスも混ぜたらより怖そうな人になるんじゃないかな
>>
服装:ステイン
言動:かっちゃん
行動:マスキュラー
>>
血が大好きなヤバいやつを演出したら祭り上げられすぎて戻って来れなくなっちゃったんだ…
>>
×ヤンキー
○ヴィラン
一方そのころ爆豪は上品な者しか入れない八百万の母校に潜入していた
>>
「わぁ!美味しいお茶!八百万さんを思い出します」
>>
生来のインテリジェンスが高いせいでセレブの会話に混じれてしまう爆豪
>>
ツラは良いから女装したら母ちゃん似の美人なんだろうな
>>
あら可愛い子…ってなった瞬間に握手で差し出された手がゴツすぎて泣き出す女学生
>>
「個性の影響で、体中が男の人みたいにごつごつしてますの……その……怖がらないで、仲良くしていただけると嬉しいですわ……(ッんで俺が女装して潜入しなきゃいけねェんだぁ…!?)」
生来の優しさと完璧なかっちゃんエミュに加え途中ヴィランに襲われるトラブルを救う事でヤンキーに慕われる伝説のデク番長が生まれる
>>
「もう大丈夫 俺が来た」
服から言動まで参考元が過激すぎてヴィランの間でヴィラン堕ちの噂が流れちゃうよ
>>
(ちょっとウキウキし始めるヴィランの方々)
>>
「勧誘しに行きましょう弔くん!」
>>
連合の人もガラの悪い人ムーブを監修して敵に塩を送ってくれるって事ですか
>>
周りをヒーローやらヴィランがウロウロしているせいでヤバい勢力と繋がりがある事になるデク番長
モブヤンキーたちの間でどんどん知らん設定が盛られていく
>>
割と弔くんの中のイメージの落差で混乱した挙げ句、「あいつはヒーローだろ!ヒーローがあんなことするかよ!!つまり、あいつは緑谷じゃないんだよ!!」と解釈違いだと言って暴れそう
>>
すまっしゆ時空かな?