コレ無惨だから足止め程度で済むけど普通の人間だったら即死だよね
>>
人間なら即死だし
鬼でも朝まで拘束できるんじゃないか
>>
かすっただけでも中身をぐちゃぐちゃにされるの本当に嫌
鬼の才能で言うと作中5位圏内に入ると思う
>>
一位と二位が主人公とその妹なの最高に酷いと思う
殺意に塗れたこの形状は才能によるものとしても規模感が一切人食ってない新人鬼のそれじゃない
>>
ゆしろーもねず子もSSR感あるし下手に食わない方がいいのかもしれん
>>
炭治郎や狛治さんも鬼としてのポテンシャルが最初から凄いし割と説得力ある気はする
上弦の鬼にもそれなりに効きそう
>>
それなりに効くっていうか全員を初手で縫い付けてそのまま朝日で殺せそう
>>
鬼は無惨と違って吸収も出来なさそうだよなぁ
ひょっとして無残って1000年SSR引けてなかったんじゃなくて引いたSSRを育ち切る前に廃棄してただけなのでは…
>>
無惨自身が突然変異的にSSRに至った個体とすると
実は1000年周期でSSR排出率が上がるのかもしれない
でも縁壱なら対応できた
>>
でしょうね…ていう説得力があるのが嫌
>>
そんな夜が来たら朝が来るみたいな当たり前のこと言われても…
>>
アレを比較対象にするな!
急に声をかけられてびっくりして血を多く入れすぎた説ほんと好き
>>
忌々しい耳飾りしたやつがいきなり自分の正体見破ってどこまでも追跡してぶち殺す宣言したんだからそりゃ焦るわ
>>
即ポップコーンしなかっただけえらい
>>
しかも日の呼吸を完全に滅ぼしたと思ってから2,300年後に突然湧いてきてるからな炭治郎
無惨様視点だと割とマジでお化けでも見たかの如き衝撃だと思う
この技一本で下弦狙える
>>
魘夢なんかより一撃必殺性の高さがヤバいだろ
>>
上弦下手すれば兄上にも通用しそうだぞこれ
無惨でもかわせないのに誰が避けられるんだよこれ…
>>
兄上、棘を避けるというのはそう大層な事ではない
>>
縁壱
人体に刺さったらその時点で刺さった部位は再起不能レベルの損傷になるよね
>>
とげの太さが拳くらいあるし出血で死ぬ
同時に発生したら兄上の斬撃みたいなもんじゃないかこれ
>>
その場に残るから兄上のよりすごいと思う…
誰一人意識していなかった被害者のモブがキーになるってのは無惨の最後に相応しい
>>
御屋形様の言う通りなのよね
これを見ると他の鬼どもの術って何か殺意足りなさ過ぎだなってなる
>>
シンプル即死技だから鬼側でこれ出たら確実にナーフされる
>>
基本的に特定の誰か殺したいとかじゃないからな…
>>
鬼から見たら人間なんて雑魚だから自分の好きにすればいい
浅草の人は人間だから絶対に無惨を逃がさないという漆黒の意思があるんだろうな
種子の生成にめっちゃ時間と労力かかるのかもしれないし…
いやそれでもクソつえーわ
>>
鬼の寿命だったらストック作り放題だからやべえ
最終戦の無惨様よりこの時の方がスペック高いのに足止め出来てるからすごい
>>
一応爆破ダメージあるとは言え老化後に比べれば無傷みたいなもんだよなここ
>>
フルスペック無残が避けれないし簡単に取れないってやっぱなんかおかしいな