南アジアにあるブータンは、発展途上国ながら2013年には北欧諸国に続いて世界8位となり、“世界一幸せな国”として広く知られるようになった。
国民が皆一様に「雨風をしのげる家があり、食べるものがあり、家族がいるから幸せだ」と答える姿が報じられたのを覚えている人もいるだろう。

しかし、ブータンは2019年度版で156か国中95位にとどまって以来、このランキングには登場していない。

「かつてブータンの幸福度が高かったのは、情報鎖国によって他国の情報が入ってこなかったからでしょう。情報が流入し、他国と比較できるようになったことで、隣の芝生が青く見えるようになり、順位が大きく下がったのです」(友野さん・以下同)

幸福は相対的である

>>
幸せはなるもんじゃなく感じるものだ

隣の芝というやつか
悲しいなぁ

>>
ほんまに青かったからね
仕方ないね

>>
青く見えるだけや
GDP世界一の国は歩いてたら銃で撃たれる国やぞ
何が幸せかは見極めなあかん

じゃあ北朝鮮の人民は幸せってことになるのかな

>>
まあ幸せやろ
日本の放置自転車も彼らにとっては宝物や

まぁ確かにネット見るようになってからストレス溜まる事多くなった気がするわ
毎日何も考えずに過ごしてたガキの頃の方が幸せだった

>>
ネット云々より大人になるにつれてストレス受ける要因が増えただけやろ