ギャンブル漫画売上一覧

カイジ     2100万部
哲也      1600万部
アカギ     1200万部
咲       1000万部
嘘喰い 880万部
賭ケグルイ    620万部
ライアーゲーム  500万部

映画化で咲超え1000万部はほぼ確定
なお

てか>>の食ってやったぜあんたの嘘ってどこの場面?
背景的に廃ビル?ってことはこれで半分くらい消費するとして廃坑編くらいまではやるんか?
>>
こんな場面あったっけ?
>>
スピンオフで出てくる予定や
>>
新作の読みきり

>>
映画に寄せてきたのは草
>>
本当は迫ちゃんこんなの書きたくなかったと思うわ
宣伝兼ねてるししゃーないか、みたいな
カケグルイってこんな売れてるの?
はっきり言って他のギャンブル漫画よりはるかにつまらないと思うんだけど
イカサマの質とかが低くね?
>>
ギャンブルマンガやなくてキャラ萌えマンガやからな
>>
オタには女が多い漫画じゃなきゃ読めない奴多いからな
>>
ヲタが読んでるからな
>>
俺は漫画オタクだけど正直カケグルイは途中で読むの諦めたレベルなんだが
個人的にどんな漫画でも基本的に面白いと思ってるがカケグルイは主人公が生理的に受け付けないしギャンブル内容も面白くなかったで本当に珍しく途中で読むのやめた
>>
ヲタってか萌え豚やろ
〇〇ちゃん可愛い!エ□い!だけで内容は見ないような奴らに売れてる
賭ケグルイって何でそんなに売れとるんか分からん
>>
分かりやすいから
イカゲームみたいなもんやろ
咲はただの競技やんあれ
>>
地区大会決勝の衣戦は正直ギャンブル漫画史に残る戦いやと思う

その遺産で食ってるし
>>
わかる
>>
あの辺までは能力前提の打ち回しとか割としっかりしてたしオチの付け方も完璧だったわ
それ以降完全にアイディア枯渇してるけど
>>
麻雀漫画の名勝負10個挙げろと言われたら衣戦は絶対入るな
落ちも完璧やし全員活躍するし頭脳戦や心理戦もある

その後はアカギみたいにネタ枯渇して引き延ばしで終わったけど
ライアーゲームこんな売れてないのかよ。終盤は微妙やけど椅子取りゲーム辺りまではおもろいのに過小評価されてね?
>>
絵が淡白気味やから初見は受け付けんのかもな
>>
漫画として面白いかどうかは別として頭脳戦としては一番完成度高いと思うわ
>>
ライアーゲーム全19巻
嘘喰い全49巻
>>
めちゃ面白かったけど難解だったのかな
あと絵がシンプルすぎるとか
>>
というか巻数が少ないやろ
1巻辺りにしたらこんなもんなんちゃう?
>>
ライアーゲーム面白いけど法則発見してそれ実行してる途中ただ機械が同じことやってるだけになるのがな
人の感情とかが全く途中に挟まってこない
>>
ライアーゲームは頭脳戦やからそれでええ
逆にカイジとかは心理戦やし
ライアーゲームはドラマも映画も結構やったのにオチがクソすぎるわ
>>
実写の方が色んな意味で良かったな
>>
なんで投げたんだろうな
面倒くさくなったのかな
>>
闇深エンドで草
ギャンブル・デスゲーム漫画読者の怒らせ方講座

>>
なお闇は深い模様