>>
速水さんの演技に感動した。
今まで殺意ギラッギラだったのに、優しかったり狼狽したりで、そこが涙腺にキた。
ダイくんが串刺しにされて悲鳴が出たわ


ラリホーマには自白効果もあるのか
いわゆる催眠術の強いやつだからさもありなんだな




ブラスじいちゃんの所はテンポ重視だから省略されたな
アバンがミストについての説明とかとんでもなく長いからそこら辺も一部の台詞は省略されそう


ブラスじいちゃんの出番無くなったの色々言われてるが、ツイートで

「原作ではバランは知る事が無かった、
ブラスじいちゃんがDの文字を意識してダイの名前をつけた経緯
をアニメ版では知る事が出来た」

という指摘を読んで、確かにこの変更はこれはこれでアリかなと思ったわ
>>
ブラス爺ちゃんの名付け話はアニメの改変はあれはあれで良かったな
バランがダイの名前の由来を知る事が出来たのもそうだし
ソアラと同様に回想シーンでまとめた事で今回は竜の親子とハドラーの戦闘場面を物語から動かさずにすんだし

しかしやっぱアニメになるとシーンに対して台詞量多いとは感じるなダイ大は
>>
この変更って結局この後の
「お前を育てた魔物というのは私などよりずっと正しい人の心を持っていた」
ってバランの死に際の台詞に繋がる流れだから、結構ちゃんと考えてるなと思った
ハドラーが親子の感動シーン待ちすぎ問題
もっと追撃しろっつーの


>>
それがハドラーらしいけどね。
ギガデインのくだり見ると、門砕かなくてもあたりをつけてメドローアぶちこめば中に入れそうだな


つかギガデインで穴開けられるんじゃ扉破壊する必要あった?
>>
封印を破ったから壊れやすくなったんじゃない?
>>
いいねその説
キルバーンが地面から出てくる演出は不気味で良かったわw


>>
前も壁から出てこなかったっけ
何なのあのすり抜け芸はw
>>
結局あれだけは何の説明もなかったよなw
なんなんだろあれ、なんなのだろう。
伝説のオリハルコン製の剣より丈夫?なキルの体どうなってるの?
>>
死ななかっただけでバランの剣で斬られてるから別にオリハルコンより丈夫なわけではない
腐食するかどうかという話なら丈夫さではなくその材質の性質だろう
現実にも錆びやすい材質と錆びない材質とかある
なんかちょっと傷治す際のピロロの表情というかアレが垣間見えたな


ミストバーンはハドラーに黒のコアが仕掛けられてるのを知らなかったのにキルバーンは知ってたんだな
自分も黒のコアを使うから詳しくて気づいたのかもしれないがやはり侮れないな
>>
観戦の事前にバーンから必要な情報聞かされただけだろ
もしくは先週バーンとミストバーンの会話を横から聞いてたか
バーンとキルの関係ってイマイチどの程度か分からんとこあるよな
ライバルが差し向けた殺し屋飼ってる以上、信頼しあってるわけないが、鬼岩城の時もバーンの指示でミストを止めに動いてたし
鬼岩城移動の命を受けたのもキル
>>
そもそもキルが送り込まれた設定がいつできたかものかわからんから何とも
バラン戦の後に最終決戦予定だったから後付けの気するしな
死ねハドラー、私も地獄まで付き合ってやる
これもう最高すぎるだろ


>>
ジャンプ黄金期の賜物
>>
大胆な告白はドラゴンの騎士の特権
よくよく考えたら竜魔人になるまでもなく人間形態で基本的にバランがハドラーに勝ってるな
やっぱダイ戦の時は対クロコダインで相当消耗してたんだろう
>>
まあダイ戦の時は無意識に手加減してたんだろうね
あの時のダイパーティーがヴェルザー級とも思えないし
>>
まぁ自分の命よりダイの事の方が遥かに大事だから
やっぱ竜魔人状態でも無意識にセーブかけてたんだろうね(レオナに対してバギで殺さないよう手加減してたし)