正直戦闘スタイルとかカッコ良過ぎると思う
劇中最強キャラの過去編で最強キャラに土をつけた無能力者で殺しのプロでメインキャラの親父
>>
まあその最強キャラが最強になる前だから多少はね?
というかパパ黒のせいで最強キャラになったと言うべきか
口元の傷で老けて見えるけどキャラデザ若いよな
>>
外見だけで言うといつも擬音仮面アラシヤマを思い出す
ダゴン戦がやりたい放題すぎる…
>>
一応領域中和してたから大暴れできたのはある
あるが大暴れしすぎだよ!
直接的な戦闘能力が変則的かつ圧倒的なのにそれを振るうための知略を惜しまないタイプ
どうです⁉︎
天与呪縛は無能力者ではないでしょ…呪いも見えるし…
>>
真希さんの例があるから普通の天与呪縛は見えないんすよ
こいつ呪力無さすぎて裏返るとかいう特例の中の特例なんすよ
>>
その状態のやつを無能力とは呼ばんだろという話では
悟が反転術式急に使えるようになってなけりゃ勝ってたのがすごいよな
>>
やっぱり逆鉾で頭刺してなかったのが悪いよなぁ
>>
真人も死にかけて領域展開使えるようになったし
古典的な「土壇場での覚醒」を結構重要視してるのかな
真希先輩も何か目覚めているかもしれない
強さもずるいけど
キャラクター面もめちゃくちゃあざとい
>>
苗字聞くところいいよね…
小細工もしっかりしてるのが好き
>>
単純な肉体のゴリ押しじゃなくて色々策を講じてるのが良いよね…
頭脳使う無能力者とか完全に中2の妄想過ぎる
こいつのモデルは俺か?と訊く作者の親父は面白すぎる
>>
怒ってるのか驕ってるのか分からない…怖い…
こいつを渋谷編で雑に退場させたの勿体なさ過ぎでしょ
>>
そもそも死んでるし…
好き勝手暴れた挙句息子の顔見て満足してまた死んだ…
悟を最強にした人
夏油をメロンパンにした遠因の人
>>
良くも悪くも呪術界に与えた影響結構あるよな…
呪術師の世界では疎まれた存在だったのに
悟がタイマンで黒星ついた事あるってのが衝撃だった
>>
こうして書くと互角みたいに見えるけどめちゃくちゃ削ってるからな
戦闘能力の高さはもちろん期限を設定してそれが終わったら相手の気を緩むように想定してるとか作戦もちゃんと考えてるのが良い
>>
気の緩みに関しては相方の人も上手かったな
メイドの人を殺して緊張を高めるのではなく敢えて返す事で緩みを与えて削るってクレバーな発想で好き
完全に呪術世界のバグなのが凄い
呪具ありとはいえタコ殴り殺したのはやばすぎる
>>
タコは息子とアニメ爺の援護ありきだからまあ
>>
あれは息子が領域中和してたからまぁ
伏黒は時々間違いなくコイツの息子だなってわかる表情をするよね
>>
初領域展開の時や摩虎羅呼んだ時がそれすぎる
ヤンキー気質
>>
東堂にボコられてキレた辺りも
武器さえあればダゴンの領域内でも余裕で生き残れそうなんだよなこいつ…
海の上走れるような身体能力だし
>>
いや肝心の必中効果を防げないでしょ
>>
多分反応速度と体の動きめっちゃすごいから禪院爺みたいなオートカウンターもどきの超速カウンターを決めることはできるとは思う
けどこれはさかぼこ持ってたからであってそれがあるかないかでかなり変わると思う
術式無効だからこそ触れるだけで領域内の術式は消し飛ぶめっちゃ強い刀だ
こんな才能の塊を受け入れられないとか血統主義はダメだな
>>
呪霊祓うよりも対呪術師向きの能力だからな
あの当時の悟相手でも黒星つけたのが凄すぎる…
単純なフィジカルでも強いけどやっぱ戦い方が強者だわ
>>
安心させる為に分かりやすいゴール用意するっていうのが能力じゃなくそれまでの経験というか戦略でやられてるからな
>>
最強だからこそこうした絡め手は面白いくらいに引っかかるのいいよね…
あまり語られないけど伏黒パパのペット呪霊便利過ぎない?
ドラえもんじゃんあんなの
>>
パンダ先輩が超レアって言ってるからな
>>
パンダとかが存在知ってるあたりパパ黒以外にも飼ってる人いるんだろうしまあ…
俺の腹に入れとけば呪力感知できないんだぜが一番無理やりだと感じた
>>
呪力0のパパ黒は結界内では透明人間である
透明人間は内臓も透明
だから呪霊飲み込めば感知されない
は途中で論点すり替わってる…って思ったけどまあ実際できてるから納得するしかない
実家でゴミみたいな扱い受けてて擦れてたけど結婚して丸くなった
奥さん死んでまた擦れた
>>
プロヒモのパパ黒丸くした奥さん気になりすぎる
パパ黒は生き残って欲しかった
>>
原作開始時点で死んでる!!
好き勝手生きてたのに最後は良かったなで締めるのがエモい