2のギーグは3でぜったいあんぜんになったポーキーの成れの果て説はなかなか好き
>>
外に居る人達にとってもぜったいあんぜんなのでそれは無い
>>
そんな事は3をやった時点で分かってる
そこから更に想像を進めて
カプセルの中で永遠に生き続けて奇形になったポーキーが2のGYIYGであり
それを2のポーキーが外に出したって事だろ
ポーラの「祈る」でネス達と関わりのある人々の愛や友情を受け取る
それは永遠に孤独に生きたポーキーには得られなかった物
ダメージを受けて当然と言える
実に面白い説だと思うね
あの説はなんか説得力あるよな
2の謎のままだったちえのリンゴの予言も説明がつくし
ギーグの逆襲のサブタイトルの意味もわかる
>>
ブンブーンが未来から歴史を変えるために来たって事実があるんだから
あの世界ではタイムパラドックスは肯定されてて(未来世界が変わるにせよ消えるにせよ分岐するにせよ)
いわゆる「タイムパラドックスを回避する強力な修正力」はないと考えるのが自然
仮にポーキーが過去に戻ったところで堂々巡りってレベルで精密に同じことを起こすことはできないでしょ
過去は知らんし
ギークの丸い部分が3の絶対安全カプセルに乗った
ポーキーの成れの果てだと思うんだが違うのかな
>>
思う事は自由
白黒付けたいなら糸井さんから直接答えを聞き出すしかない
>>
そうだよね…
あと上に同じような事書いてるがいた
ちゃんと読まずに書き込んですまん…
当時はネスサンネスサンネスサン…の台詞がめちゃくちゃ怖かった
>>
逆に大人になってからプレイし直したら
ギーク戦の背景が怖くて堪らなかった
子供の頃はなんとも思わなかったのに…
>>
ガイコツにも赤ちゃんにも見えるってすごいよね怖えーよ
友達に聞くまでいのりで攻略するのわからんかった
>>
ポーキーは友達じゃないんだ…
「うたう」みたいにコマンドが増えるんじゃなくて元々あるコマンドなのが妙味っすなぁ…
>>
しかもロクに使わないから存在を忘れてる
戦闘で「いのる」使うことほぼ無いからな
へんしんだってしないのに
チェックは1万回くらいする
>>
初見で倒せたやついるのかな…
>>
ポーキーが一応ヒント出して来るんで祈るまでは行ける
その後祈り尽くした後なお祈り続けるかどうかは…
>>
届かなくなったら諦めちゃった
ポーキーの「少年たちって俺も入ってるのかな」って序盤のセリフは
MOTHER3の劇場でネス達の冒険を上映してるのを見た後だと
本気でわくわくしてたんだろうなと思えて少し複雑になる
2でも3でもポーキーはひたすら悲しい存在だから
小説版のマザー2では3に繋がらなくともポーキーに救いがあるのが良い
>>
あれ救われてるのかなぁ
ポーキーの本来の人格は消えてるのでは…