昔は立派だった
駅弁ばあさんが見たらどう思うかな
おつらい人だとは思うけどそれはそれとして息子たちへのあの態度はクズ親すぎる
>>
同じ道を進んでほしくなかったっていうのが本音なんじゃないの
こいつの内面はあんまり深堀されなかったからわからんけど
ちゃんと反省してるから少しは大目に見てあげてほしい…
>>
まぁ反省した時には長男はもう居ないんやけどなブヘヘ
>>
生前に取った態度を悔やみながら生涯墓参りを繰り返したと考えられる
おつらい
見間違うほど同じ顔なのか…
>>
何世代に渡っても変わらない顔と髪色だ
遺伝子が違う
>>
まず髪型がクリソツだからな
親子どころか先祖も子孫まで同じだし
反省した後は書したためて長男に謝罪してるから真面目な人ではあるんだろう
>>
遅すぎる
炎柱の書とかいうクソ鬱エッセイが悪い
>>
日は炎の劣化
>>
それならよかったんだが…
>>
そもそも始まりの剣士が化け物を超えた化け物でそいつが使ってた呼吸ってだけで
長男とかが日の呼吸使おうが柱が赫刀ふるおうが足元にも及ばんからな…
>>
それでも縁壱の味方はしてたんだよなあの頃の炎柱
>>
(いや無理だってこの人抜きじゃ絶対勝てねえって!!!!)
命の恩人が落ちぶれていくのを見ているしかなかった蛇の気持ちを考えるととてもいいですね
>>
その息子が先に逝っちゃった時の俺は信じないもいいですよね
>>
そこで代わりに拙者不幸でございって男を見せる
メンタルで引退だから戦闘力は健在だったはずなんだよな…
>>
碌に鍛錬もしないで酒浸りのおっさんが戦闘能力維持できるとは…
>>
80超えた爺が史上最強戦力のままだぞ…
>>
人間じゃない奴引き合いに出しちゃダメだよ!
無限列車編が挟まったおかげでアニメ2期の最初が酒による炭治郎への罵倒にならなくなったな…
>>
結局煉獄さんの最期を見届けた翌週に来るじゃないですかやだー!
救ってくれたのは先代炎柱
一緒に働いたのは現炎柱
好きになったのは炎柱の継子
蛇柱の人生は炎柱と関係深いな…
>>
だから俺は信じないなんですよね
お前たち代々命がけでがんばってるみたいだけどせいぜい日の呼吸の十分の一くらいの戦力だから ごくろうさん
みたいな感じだよね当時のおやじからしたら
>>
そんなにあるかなあ…
奥さんは自分の死後の旦那をかなり心配してた感あるよね
>>
旦那は長期間ダメになるだろうと予見してたっぽいね
旦那を支えてあげられないのも長男に色々背負わせてしまうのも次男と長く一緒にいられなかったのも無念だっただろう
アルコール依存症を自力で克服する精神力
>>
酒でも嫁を失った悲しみは埋められなかったと思われる
恐ろしい勢いで死んで行って柱でも半年ごとに会えるかどうかって鬼殺隊で子供が甲になるまで柱で居続けたおっさんだし多分すごく強いと思う
現役何年だろう…
>>
煉獄さんの柱入りが本編4年前以降(カナエ死後)なので今回の20年前と合わせて最低16年
たぶん実際はもっと長い
槇寿郎は上弦に遭って死んでおけばよかった
そうすれば息子達に暴力を振るうなどしなくて済んだかもしれない
>>
初対面だが俺はすでに君のことが嫌いだ
助けた男の子や姉妹が結局鬼狩りになって全員死にました!
鬼殺隊なんてそれでいいんだよ
>>
ありがとう
最後まで戦ってくれて
君たちのような人に俺はなりたい
酒浸りになってからも正式に引退するまで結構な期間柱に残留してるんだよね…
>>
煉獄さんが認められるまでは名目上は煉獄父が炎柱だったからな
なんでこの人のTSが流行らないのか理解できない兄上と同等の適正があるのに
>>
????
多分代々ナイーブだよね煉獄家
>>
零巻の独白見る限り煉獄さんの内面もナイーブだ
心を燃やして立ち上がるだけで
一回り年下からいびられる
父親としての責務と柱としての使命を放棄して酒に溺れて息子に先に死なれてるだけ
>>
せめて仕事か家庭かどっちかまともに取れや!
>>
妻に先立たれて酒浸りになりながら鬼狩り続けてたけど鬼に逃げられて息子が柱継いでからはより一層酒浸りになって息子が死んでも酒を飲んでました!
炭治郎のメンタルケアなかったらマジモンのクソ親父のままだったね…
他の柱は死なばもろともの勢いで戦いに行ってるのにもはや戦えないとはいえドロップアウトした派手柱が親父責めるのはなぁ…
>>
柱から退いただけで一般隊員として仕事は続けてたそうな
>>
欠損した状態でも下弦の鬼くらいなら倒せそうだしそりゃそうか
>>
そう考えると柱ってやっぱ頭おかしいな
蛇柱すくったの親父柱っぽいけど
生き残りのクズ女と蛇柱会わせたのが失策すぎる
>>
違っ…そんなつもりじゃ…ってなって酒浸りの原因の一つになってそう
見た目でほとんど区別付かないからってでっかく酒って書いてある瓶持ち歩いたまま鬼狩ってるのはちょっと笑ったぞ!
>>
煉獄家はちょっと遺伝子が強すぎる…
>>
剣士としては堕落もいいとこなんだけど妙に強キャラ感あるビジュアルで正直好き
瑠火さんいいよね…
バブりたい…
二十年鬼を狩り続けていた大ベテラン
まあ鱗滝さんとか善逸のじいちゃんも多分そんな感じだし
上弦とランダムエンカウントしなきゃ…
>>
上弦>>>柱>>>下弦ってパワーバランスで善逸の師匠の足を奪った鬼どんだけ強かったんだろう
>>
上弦とエンカすると100%死ぬし下弦じゃ相手にならないしで誰が足奪ったかわりと謎だな
柱並みに強い下弦とか下弦が複数で来たりしたんだろうか
>>
霹靂の使いすぎでダメになったのでは
>>
不自由とかじゃなくて切断なのがな…
個人的には上弦相手に神速使いまくって夜明けまで粘ったとかだと嬉しい
>>
夢のある話だけど上弦に粘ったら鬼殺隊に情報が共有されてるはずなので…
>>
大量の民間人を助けるためにやばばレベルの鬼から再起不能ダメージ食らったってところだな
酒の呼吸
>>
臭そう
>>
俺もこれよくやってるよ
>>
全集中して酒を呑むな
奥さん亡くしたの煉獄さんがまだ子供のころ…十歳くらい?だとしたら
心折れてやる気なくした状態でさらに十年近く鬼と戦って生き延びて来たんだよな
>>
他の連中に「任務中に飲んでんじゃねーよ」って愚痴られつつ生き残ってるのがおかしい
酔っても呼吸してんだよな
>>
意識しないってそういう状態なんだね
>>
全集中してると酔いまわるの早くなりそう
>>
蛇鬼なます斬りにするコマいいよね
1コマなのに強キャラ感がすごい
なんで日の呼吸の派生だとダメなの酒柱
>>
縁壱の逸話に絶望した兄上状態だろう
>>
酒酌み交わして仲良くなれそう
復讐とかなしに代々受け継いできたというだけで鬼狩りになる異常者の一族
>>
最低限の育成と無茶苦茶な選別だけで実戦に放り込まれてる連中よりは代々の鬼狩りとしてちゃんと教育されてるから普通に強い煉獄家はだいぶまともな方
おかしいのは同じ顔になる儀式だけ
上弦6体のどれにも会わず長年柱やってるの運がいいのか悪いのか…
>>
劇中見るに生き残れてラッキー!ってメンタルの柱はいないし普通に不幸だと思う
会って勝てたかは置いといて
>>
生き残るのが目的で柱やってる奴なんていないだろうしまあ悪いと言える
弁当屋襲った鬼→蛇鬼→(妻死んで酒柱)→元新選組の鬼ボコって逃がす→息子が下弦になったそいつ倒して柱へ
くらいの時系列でいいのかな
>>
弁当は20年前で21歳の蛇が助けられたの6歳くらいだしね
>>
蛇そんなレベルで子供だったのか…
>>
蛇が助けられたのは12歳じゃなかったか
この人と鱗滝さんしか元柱生き残ってなさそう
最終決戦に呼ばれてたの二人だけだったし
>>
派手に忘れてんじゃねーぞ!
>>
爺ちゃんは……
>>
介錯無しの自刃
>>
故人じゃん…
>>
生き残れなかったじゃん
>>
そうじゃないだろ!?
不祥事で柱辞めてから酒浸りになったんじゃなかったのか…
>>
別に不祥事は起こしてないよ!
後に十二鬼月になるほどの鬼を取り逃がしたのはうん…
おそらく遊郭編初回1時間スペシャルで大活躍する男
>>
あんな喧嘩に本気の作画しちゃうのか…
>>
すごい滑らか作画のアクションシーンでねじ式頭突きを喰らうのが今から楽しみでならない
>>
役立たずの狛犬の説教タイムとどっちが長いかくらいの活躍は期待してる
そう考えるとこの酒柱からダウン奪った炭治郎のドリル頭突きすげぇ威力だな…
>>
ひるみ程度とはいえ現役の柱や上弦の参にも通用する額だ
>>
長男の頭は硬すぎる…
縁壱が遺体抱えて呆然としてた時にきた剣士も煉獄〇〇郎って名前の剣士だったんだろうな
>>
縁壱が仲間からボロクソに責められてたとき一人でかばってた人でもある
>>
でも日記があんな感じだから兄上みたいになってたんだろうな…
>>
無惨を倒すのは簡単なことなのです煉獄殿…
>>

>>
あの日記引き裂いたのは酒柱では?内容出てたっけ?
>>
日の呼吸を連続で出し続けて朝まで無惨を釘付けにすれば無惨を倒せるって必勝法書いてあったよ
>>
出来ねー!
酔っ払って不貞腐れてても下弦の壱なら狩れる程度の強さ
>>
そら累が居なくなったら下弦は解体されるわ
>>
あれから数年強くなったんだぞ!
鬼がトラウマになるほどの恐怖植え付けてる…鬼哭の剣士かな…
舐めプで最強の一角は凄い
>>
そんだけ強かったからこそ一瞬で1500も切れないわ…って限界悟っちゃったんだろう
>>
自分の精神的基盤根本から破壊されたらああもなるか
>>
なまじ強さと才能を持っているからこそ天上人の強さが解るっていうのは
実に少年漫画の老いぼれキャラクターしてるな!