>>
むしろ端的に漢気まで魅せてきたから
確実に史実よりは少しだけマシになってはいる
クズの代名詞には違いないけど
>>
切り裂きジャックの犯行推理で当てるとことか宇佐美から逃げ切ったところほんとかっこいいよ
そのあと自分で台無しにするけど
子供の養育費送らず遊郭で遊び呆けて死なせたっていうのは
当時としても何らかの罪に問えるのでは
>>
酷いけど現代でも似たような事してる親結構居るんだよな…
>>
この時代の物書きは学歴あるのに政府や研究所で働いてない奴だから
学生時代の延長でなった文学者以外はなにがしか問題を抱えてるかクズかではないだろうか
漫画だとスケベで正義感ないやつだけど色々優秀みたいな感じだけど実物はそんな酷いのか
>>
アイヌ語研究の第一人者のコートを勝手に質に入れてその金で飲みまくりヤリまくりで働けども働けども〜のポエム書いたよ
この人北海道の人だったんだ…ってなった
>>
土方歳三記念館の一階は石川啄木記念館だぜー!
>>
とりあえず何か上に重しが無いといかんかったのかな?
俺が頭下げた奴全員死ねばいいのに(意訳)
>>
頭下げたやつ(債権者)
>>
俺が金を借りるのに何故お前らに頭を下げなきゃならんのだ
俺が遊ぶのになぜ快くツケにして帳消しにできないのだこいつらは
というクズの結晶体みたいな男
頭無惨かよ
>>
実際限りなく近いメンタルじゃないかな…
なんか明治時代の有名人オールスターじみてきてると思ったが
ちゃんと北海道に縁のある人が選ばれてる感じなのか
>>
啄木にコート売り飛ばされたお友達の金田一くんはこの人がいなきゃアイヌ語分かんなかっただろうってレベルですごい人
しかし詩作の才能はあった
>>
知り合いは大体それは認めてるし
それはそうとこいつの人生でやった善行は早死にしたことだけとも口を揃えて言った
>>
天は二物を与えずというが才能のかわりに倫理観むしったのはいかんと思う
生き残るの確定してるのが悲しい
>>
言うても後五年の命だぞ
>>
あと5年も生きるのか……
>>
ガムシンより早いのか
>>
永倉は大正時代まで生きてたから啄木より2年長生きするよ
ガムシンの当たりが凄くて笑う
>>
真っ当な対応だと思うよ…
正直あれだけの文才を超えてもクズさが有り余ってるせいか早死にしたことも全く惜しくない気がしてならない
>>
家族からも死んでせいせいしたと吐き捨てられる男だからな…
文豪はメンタル強度犠牲にしてることが多い
こいつは逆にメンタルが強すぎる
>>
インテリを苦悩で絞って出てきたものが純文学ってジョークあるくらいだしね
>>
Twitterやったら絶対炎上するタイプ
>>
文豪大体ツイッターやったらダメだよ
>>
なんなら現代でも文豪と漫画家はツイッターやっちゃダメ
俺も土方みたいな爺さんに小遣いもらって遊びほうけたいよ
屑じゃない文豪いないの
>>
中島敦
>>
夏目漱石は割とまとも気味だった
ちゃんと教師やってたけど辞めて俺文で食ってくわってやって
こいつ正気かって周りから言われたけども
>>
芥川龍之介も「死んだ時正直ホッとした」ってぶっちゃけるほどには凄まじい癇癪持ちだったらしいけど
>>
胃潰瘍が悪化してからそれのせいで常にイライラしたからってのがデカい
>>
イギリスで英語研究でなにか国益を出せ!と言われて
どうやったら出てくるのか悩んだり英国の生活になじみ切れずに
精神病んだからな先生
>>
芥川くんも川端康成と一緒に震災あったし吉原あたりの死体でも見に行こうぜ!するからヤバい
金田一くんはなんなの
聖人なの
>>
マルクスに対してのエンゲルスみたいな人だったのかもね
マルクスに延々と金を貸し続けて自分の奥さんが死んだときにマルクスに
「お前の妻が死んだことなんか知るか金を貸せ!」
と言われてブチ切れたのに結局金は貸したという人
こいつ東京に単身赴任したら妻と娘に一銭も金を送らずに飯と愛人に金を使い切って
そのせいで栄養失調で娘は死んで葬式をする金も無いから
その辺にあった箱に遺体を入れて野焼きしたってマジで引いた
>>
流石にこれはクズ過ぎる…
働けど働けどってあのフレーズ啄木なの!?
まともに働いてねえじゃん!?
>>
貧乏人を遊んで酒を食らいながら見ます
文をしたためると金のない人が共感してお金になります
入った先から遊びで使い切りますの3段論法
文豪って呼ばれる人だいたい性格アレだけど啄木は輪をかけてるよね
>>
というか啄木はお話書きたかったけど才能無くて無理だった詩人だし…
シコれどもシコれども…
金田一京助
アイヌ語研究の第一人者。
「アイヌはアイヌ語を捨てて帝国日本の言語である国語へと同化せよ」との理念を押し出した。
アイヌ語を「哀れな調べ」と評して、それでも日本の一部であるからには研究することがお国の為である、と考えていた。
親友の石川啄木はアイヌ差別をしない変わり者で、その点においては気が合わなかったという。
1954年に発表した『私の仕事』でも
自分がひとり、未開人の世界へ後もどりをして、蒙昧な、低級文化の中に
いつまでも、いつまでも、さまよつて暮らすのかと、さびしさが込み上げる
と書き綴り、己の仕事が決して好きではなかったことを表した。
結局、研究の末にアイヌ語は日本語とは異なる体系であることが分かるにつれ、更に失意は深まったという。
>>
啄木の代わりにこの人出した方が良かったんじゃねぇかな…
>>
いいやつなのでは?
>>
よく考えろ
それは不良が暴れまくってるのに野良猫なでただけでポイントもらってるやつだぞ
金田一君も大分アレな人だな
>>
当時は多数の人の認識がそうだったって話だよ
この漫画でもそういう描写は散見されてた筈
>>
常識人とはつまり当時の価値観の体現者なので今からみたらアレな人になる
働けど働けどは昼間っからビールととんかつ食いながら窓から見える働いてる土方を見ながら考えたという
>>
もしかしてどちらもなかなかの高級品なのでは?
>>
大丈夫だよ人から借りた金でやってるから
>>
返済はしません
>>
大丈夫な要素が1個もねえ!
>>
付け加えるなら返済前に死んでる
というかそもそも返済する気がねえ
>>
自分の経験からじゃなくあの詩が出て来るならマジで天才だと思う
>130
この辺はよくできてるわ
生きてるうちに大金を手にしなくてよかった
>>
遊び癖がさらに加速して借金額もさらに膨らんだろうな…
でも生きてるうちに金が無かったせいで娘栄養失調で死んで火葬費用も出なかったんじゃ…
>>
こいつ金入ってきてもそっちに回さないと思うよ
>>
こいつがそんなことに使うと思うか?
>>
大丈夫だよ自分で遊ぶ金はあるから
>>
あーあ
死んでバッタに生まれ変わればいいのに
昔は金銭感覚壊れてる人すげえ多かったというか現代の感覚とは一緒にしないほうがいい
こいつは当時からしてもおかしい
>>
フォローのようでフォローじゃない…
>>
フォローじゃないからな
あれ?割と洒落にならない胸糞系のクズなの?
>>
空回って迷惑掛けて死んだわけだけど胸糞ともまた違うような気がする
純粋なクズ
>>
>啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を陰で罵倒したほか、友人からの援助で生活を維持していたにもかかわらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど、傲慢不遜な一面があった。
こんな奴だよ