ここまで長かったな…
鬱展開辛かったけど全部はこういうことをするためだったんだなあ…
EVAっぽいおめでとう空間、あれなにる
>>
シン・エヴァ2が最近公開されたからエヴァパロやりたくなったんじゃない?(適当)
最終回といえばみたいな
続編は…悲惨すぎるからいいや
>>
続編でたら生き残ったネームドキャラも死ぬわ。
>>
任しといてくださいよ!っつっといてあれはねぇよなあ
こういうのでメイン組で五条みたいな年長者だけが生き残るって珍しいよな
ナルトでカカシ先生だけ生き残るようなもんだろ
>>
だよな
子供たちが死んで終わる漫画ってなかなかないよな?
虎杖と順平が共に逝く展開は泣けましたよ…
>>
あそこでナナミンの微笑みがまたいいんだ・・・
>>
ななみん以外のみんなが現れる展開は泣けた
特に夏油と五条の会話さぁ…
伏黒はもうちょっといい死に方あったんじゃねえかな・・・
流石にあそこまで仕打ちするのは人の心ないんか?とネタにも出来なかった
>>
でもマコラと領域の組合せは強すぎるから強引に使うならあれぐらいの代償はあって当然っちゃ当然なんだよな
初期に虎杖が宿儺を利用して痛い目見たのと同じ理屈だから一貫性はあると思う
伏黒は覚悟の上でやったけど
虎杖「メロンパンってこんな味かぁ…」

これ見た時どう思った?
>>
スッキリしたよ
>>
ちゃんと塩かけた方が美味いのにって思った
虎杖が世界中の呪力を集めて放った呪い玉はスカッとしたな
>>
元気玉って言えば元気玉だけどさぁ・・・
あれをそういうのはちょっと倫理的にどうなのってなるわ
伏黒死ぬ時また最後に呪い残す展開なのかなと思ったらあれだもんな……感動したわ
>>
呪いなんて残しても辛いだけだからなあ…
伏黒好きだわ
タイトルがまさか「渋谷事変350」だとは思わなかったなあ
>>
渋谷事変まだ続いてたのかって思ったよね
でもまああの展開なら納得できるか…
お兄ちゃんは今後もこのまま東堂と世界を旅する事になりそうだね
>>
高田ちゃんあの二人についていくの大変そうよね・・・
まぁ東堂がフォローしまくると思うけど
乙骨先輩がまさかあんな無惨に死ぬなんて…そういやあと後真希ってどうなったけ?
>>
死刑になっちゃったけどなんとか免れたらしいよ
そこら辺の描写少ないからなあ
>>
フェードアウトしたあとこれなんかすげえ小さいコマで死んでるのがこれ真希じゃね?みたいな意見があったけど詳細はわからん
秤良いキャラになったよなぁ
>>
キララに愛の言葉を告げる所はカッコよかった…
性別の壁なんて関係ねぇんだなって
>>
あそこマジきらら死ぬんじゃないかってハラハラした
>>
俺も!二人で生きようよ!って叫ぶとこは胸が熱くなったわ
虎杖東堂お兄ちゃんの三兄弟共闘熱かったな
>>
脹相の血で東堂の義手作る激アツ展開ヤバかったよな
>>
何が熱いって一度だけとはいえあの義手でブギウギ発動した事だよ
「ブラザーの血の通った腕」なんだから自分の体同然っていう理屈ともいえない理屈でやっちゃうのが最高
>>
当然のようにブギウギに対応するお兄ちゃんと虎杖には参るね・・・
虎杖はともかく腸相は初見だろうが
秤が最後ら辺に「熱は…熱い内に…だ」っていいながら子供守って死んだとこ感動したわ
メロンパンの最終決戦の体気持ち悪かった。
いやあの人と同じ顔であそこまでゲスい表情とセリフ言わせるとは。
>>
メロンパンって
夏油→釘崎→乙骨って乗っ取っていって、乙骨の呪力量利用して完全形態になったんだっけ?
まさかマジでのりとしが黒幕だったとはなあ
>>
まぁ考えてみりゃ数ある名前の一つだとは言ったけど別に本名じゃないとは言ってなかったな……
>>
のりとしがのりとし呼んでのりとしと乙骨メロンパンが合体してのりとしは自分だったって言ったのりとしを見てのりとしが絶望してがとこ最高にのりとしやったわ
>>
意味わかんねぇよ!!!
死にかけの脹相の後ろから九相図全員登場して敵をフルボッコする所カッコよかったわマジで
>>
ずっと自分は兄だから先頭に立って弟の道を切り開くんだって頑張ってきた脹相を
最後の最後で今度は弟達が後ろから支える構図は凄いわ
>>
まさか九相図の残りが全員女の子だとは思わなかった
血塗まで女の子って判明したし、結局弟は壊相だけか
お兄ちゃんうっかりしてるよな
散相が一番好みだわ
>>
いいよね…俺もお兄様って呼ばれたい
…結局NAOYA復活なかったな…
>>
まぁ転生の所はいたからいいんじゃね?
まきまいにいじられてたけど
直哉が結界の弱点を孤軍で守って
「いつも俺はアホ共の尻拭いばっかりやな……でもまあまあおもろいケンカもあったんやで、甚爾くん……」
とパパ黒と真希に思いを馳せながら呟いて事切れたシーンは泣いた
>>
某サンデー系王道妖怪漫画を思い出しますねぇ…