斬られ心地
これ途中から呼吸じゃなくて個人の話になってる…
>>
呼吸の使い手が複数出なかったらそうもなろう
>>
斬られ心地の話なのに性格がムカつくとしか言われてないのがあるんすけど…
>>
暴言が深く刺さる…
>>
仁王像を彷彿とさせる…
狛治殿は煉獄さんのこと後悔してるんだろうか
>>
鬼として手にかけた全ての命を後悔してるだろう
道場破りも…後悔してるかもな
>>
素流を血で汚した第一号だからその意味では後悔してるかも殺した奴らに関しては後悔してないかも
たまに可愛い鬼いるよね
>>
零余子chang!
※皆さん亡くなられていますので着物の襟は左前です
>>
この注釈から強いワニあじを感じる
(吊り橋効果だろうか…)
斬られた断面がすごく綺麗
静かで地味な足運び
動きの全てに細かい技巧がある
忍者ってホントにいたんだ!
以上が音の呼吸の感想です
>>
アイツキライ!
>>
梅ちゃん可愛いよね…
鼻の呼吸は何というか全部の呼吸の中でもちょっとコンセプトがスパルタ過ぎる
>>
雷の呼吸も大概だし…
この謎の評価軸にワニの独特すぎる感性を感じる
>>
贖罪とか浄化みたいなもんだろうけど斬られ心地ってなんなんだよ…
凄く高評価だけどそれ長男の評価じゃない?って気がする水
>>
元から干天の慈雨とかあるし割と優しい斬られ心地の呼吸なんだろう多分
狛犬お前は日の呼吸に切られたであろう
>>
無惨様と半天狗と一緒に映るのちょっと気まずいし…
あと本編で炎の呼吸と戦ったネームドが猗窩座しかいないし…
>>
炎の呼吸自体なんちゃっての炭治郎除いたら辺獄親子しか使い手が出てきてない…
夏の青空ってチョイスに鬼から人に戻れた感じあって好き
>>
鬼は青空と縁遠いものなあ
>>
本人自身人間に戻ってるからね
岩の呼吸はみんなあんな鉄球ブンブンしてんのだろうか…
>>
同僚に岩の剣士がいたであろう兄上がびっくりしてたから流石に本来は違うと思う
>>
兄上がゾクゾクしつつも(ゴウンゴウンしてる…)とか考えてたと思うと
>>
(仁王様みたい…)とか
>>
本来は兄上の回想シーンにいた槍使いなんじゃない?
花の呼吸ってあれ相手を殺すことしか考えてない超攻撃的な呼吸に見えるけどそれに殺されたいのか
>>
蛇よかねちっこくないんだろ
>>
暴言付きと無しの差か…
>>
どうせなら仁王像にグチャってやられるよりかわいい女の子に殺されたいし…
蟲はちょっと毒があれなので遠慮したいけど
まぁどうせなら干天の慈雨で斬ってもらいたいですよね
水の呼吸は優しいんです?
>>
優しい斬首技の寒天の汁とかあるし…
>>
途端に生臭くなった
>>
痛いは痛いけど比較的スッとやってくれる
俺のこと嫌いじゃないってわかる
>>
首出したら痛みなく斬ってくれる
ところどころギャグみたいな造形の鬼いない?
>>
マジでギャグみたいなのもいるけど本編に出てきて欲しかったような個性的なのもいるな
連載中考えたアイディアなんだろうか
カナエさんや○柱にデレデレしてる鬼が結構いて
鬼も美的感覚は人間とそんな変わらないし性欲?女の子にモテたいみたいな欲望もあるんだなって
>>
JKマニアの鬼もいたしな