(発音悪かったのかな…)
世界ディオみたいに大統領がサウンドマン連れて来たんだろ
>>
じゃあサンドマンの方は…
姉ちゃんもサンドマンって読んでたろ
>>
それは読者が勝手に読み間違えた名前…
砂を受付にかましてたじゃねえか!!
>>
それは作者が勝手に勘違いしただけの能力…
まあ砂だとイギーとかぶるしな
>>
あの時点で20年くらい前のキャラなのに被りとか
>>
音も被っとるじゃろがい!
序盤で砂を操っていた気がしたが…
>>
それは読者が勝手に早とちりしただけの描写…
>>
それは砂が勝手に勘違いして動いただけのこと……
大抵の矛盾は読者が無理矢理理屈つけて解釈してるけどサンドマンだけはそういうの見たことない
>>
上にあるだろうが「大統領が連れてきた」って
部族の言葉で音を奏でるもの→英語に直役してサウンドマン→誰かが聞き間違えてサンドマン
こうだと勝手に思ってる
>>
姉が砂男と言ってるんだよなあ
>>
それは姉が勝手に勘違いした名前…
>>
他言語に不慣れなだけかもしれないから…
>>
読者が読んでるのは誰かが翻訳した日本語であって部族の言葉じゃないしそれで
砂操ってただろおめー
>>
それは音の振動で動かした砂を読者が勝手に間違えて理解した能力
勝手に聞き間違いされやすい名前すぎる
ずっと砂男で来てたのに唐突に音にしよ!ってなるのってどういう心境の変化なんだろう
>>
サンドマンがサウンドマンってネタを思いついたら使いたくなるのはわかる
>>
サンドマンって名前と砂を使うのがアウトだった説は偶に聞く
部族の連中からもサンドマンって呼ばれてる…まあ嫌われてたしな!
>>
姉ちゃんすら…
そもそもサンドとサウンドじゃ発音大分違うよね?
>>
ネイティブアメリカンなら英語が堪能であるなどというナイーブな偏見は捨てろ
「サンドマンは信用できるぜ」とはなんだったのか
>>
サウンドマンだったからな
>>
我が名はサウンドマン
>>
貸し借りはきちんと返したし
大統領と契約すれば敵にもなるし真っ直ぐなヤツだよ