ボンボンがボンボンじゃなくなった瞬間いいよね
鶴見の真意や目的を妄信せず見定めるってセリフはいつか吐くだろうなとは思ってたけど月島お前の事もだぞってちゃんと口にしたの凄い救いの手だと思った
なのに月島は闇を振りきれなかったというか振り切る必要はないと決断してしまった…
シライシと同じくらい好き
>>
つまり一番好きってことか
やっぱ親の愛を受けてるやつは違うな
>>
尾形はさぁ
>>
とは言うが実際問題鯉登中将にしっかり思われてることは精神の醸成に確実に影響してると思う
>>
宇佐美…
インカラマツの占いにハマってキエ〜イとか言ってた頃とは見違えた
>>
まああれはあれで今見ると他の第七師団と違って良くも悪くも余裕あるなと思う
月島はついていく人を間違えてる
めちゃくちゃ気にかけてくれてるのに
>>
本人が言ってた後戻りできないってのが一番でかいと思う
正直杉元より作中で成長してると思う
>>
言っちゃ何だが杉元は成長する要素というか伸び代は無いと思う
変化という意味なら分かる
軍人として殺し続けてきたし…
えご草ちゃんは死んだし…
>>
「あの子生きてるぞ」
この後に谷垣鯉登月島でインカラマッの出産のために色々やってるシーン好き
ここまでなら月島なんとかなりそうだったのにな…
まともな家に生まれてまともな両親いるやつが戦場行く必要ないんだよな本来
>>
軍隊に入れば飯が食えるってのがあるから
ボンボン時代から兄の代わりに死ねばよかったとか
人質になったら最初からいなかったと思ってくださいとか
割りと覚悟決まってる男だと思う
>>
ただビール臭に気付くまでは薩摩訛り戻ってたんよね
>>
あれは演技じゃないか
>>
そこに関しては多分演技じゃないと思うけどな
内心でやっぱり鶴見中尉は凄い!つってるし
>>
でも明らかにハイテンションな薩摩訛りじゃなくて真顔だったぞ
>>
別に疑念持つ前から常にハイテンション薩摩訛りじゃなかったよ
叱られたり褒められたりするとハイテンション訛りになるだけで作戦の提案とか状況報告だと真顔で早口薩摩訛りになってる
鶴見も鯉登から訛りが消えたことを見逃すようなタマでもなかろう
>>
通訳で鯉登が二階堂呼んだときの反応だともう見限ってそうな気もする
父親が出来た人すぎる…
軍人としての覚悟と息子への愛情が同居しつつ優先順位を間違えない…
>>
陸軍に顎で使われて五稜郭攻めてるのはダメだろ…
>>
金塊どっか輸送するなら海軍必須だし
海軍最大戦力もいいとこだからいつでも総取り可能だぜ
>>
親父も中央のスパイで最後は鶴見を後ろから撃ったりしてな
(猿叫)
こういういい感じになったキャラって死ぬよね
>>
どちらかというと月島のが死にそう
>>
次世代に続くキャラだから残りそうだがな
鶴見亡きあと鶴見の後を継いで第七師団率いるポジションになる気がする
>>
帝国陸軍最後の第七師団長か…
フレップ美味しい!このお菓子紅茶と合うね!
小さいトナカイいた!
占いで吉と出た!キエ〜〜〜イ!月島も占って!
とかやってた頃も見返すと感慨深いなぁ