甘井凛ちゃん嘘っぽいよな
甘いちゃんは久しぶりとか言っといて後から面識ない振りするのが怪しすぎる

出典:呪術廻戦162話 芥見下々 集英社

>>
虎杖が顔広そうだったから適当に久しぶりって言っときゃ大丈夫だと思った感じなのかね
甘井みたいに良い人ぶって近付いてくる奴の方が怪しいよなぁ
あのレシートマン何者なんだ…

出典:呪術廻戦162話 芥見下々 集英社

レシートはまだ術式か分からない
>>
リボ払いじゃないか
飛行機プロペラレシートって近代文明っぽい術式が続くね
ついこの前出て来た保守派が嫌ってる系の術式?
>>
竹とんぼの歴史は1000年以上あるのであのおっさんは伝統的かつ歴史ある術式だよ
>>
なるほど
竹とんぼ(過去)かプロペラ(現代)かタケコプター(未来)の三択か…
部下がレミじゃないならレミの怪しすぎる笑顔はなんなんだw
>>
単に笑顔が気持ち悪いだけのキャラかも知れんし…
カモを連れて行かなきゃならんってことは甘井がプロペラ達をカモにしようとしてたのかな
>>
あー連れてく途中だったのか
>>
顔に怪我してるからカモ探しに外に出たらプロペラに襲われるか助けられるかしてパシリにされたんじゃね
だから遅いって言われてんのかなと思った
甘井がビルの穴、外側から入ってきてる時点で
一般人じゃないよな。とってもアヤシィ〜
甘井はビル間をぴょんぴょんできるんじゃあ〜

出典:呪術廻戦162話 芥見下々 集英社

【甘井(かんせい)】 の解説
うまい水のある井戸。転じて、才能のすぐれた者のたとえ。

【甘井先ず竭く(かんせいまずつく)】
《「荘子」山木から》甘井の水は利用者が多いので、先にかれる。
才能のある者は、才能を使いきって衰えるのも早いというたとえ。

これは甘井凛が早熟で枯れた術師ってことか、
池袋はすでに物資を奪われて枯れた池ってことか…。
>>
上なら才能あるんじゃないの?
>>
うん。才能を隠してる可能性もあるな。
名字検索だと甘井は四国の人っぽいな。みかん?甘い罠?
池袋と新宿ってどれくらいの距離あんの?
>>
山手線だと4駅で10分
直哉だったら10秒ぐらいだな
どちらか片方が嘘つきと見せかけて
両方嘘もあり得る
>>
甘井は最後のやつの手下で、レミは羂索の手下かもしれない…