なぜ、YouTuberはあまりテレビに出なくなったのか? そしてなぜフワちゃんだけが生き残ったのか? 実はそこには非常に明確な理由がある。それを、現役テレビマンとして解説してみよう。

テレビマンに広がってしまった、ネガティブなイメージ

最近よくテレビマンの仲間内で話題に上るのが「意外とYouTuberはトークができないよね」ということだ。自分のYouTubeチャンネルには多くのファンを持ち、もの凄い再生回数を叩き出している人気YouTuberでも、バラエティ番組にゲストとして呼んで雛壇に座らせると、意外と会話ができないのだ。

そんなに面白い内容のネタを持っているわけでもなく、ゲスト同士のスタジオトークにもうまく入っていけない。「YouTubeを見たときには『結構面白いな』と思ったのに、期待外れだった」ということが多い。

しかも、YouTuberをゲストに呼べば、そのファンたちがたくさん番組を見てくれるはずだから、視聴率も上がるだろうと思いきや、そうでもない。さらに、人気のYouTuberともなればギャラ水準も結構高い。下手なタレントよりもギャラの相場は高いくらいだ。

「そんなに面白くない」「そんなに数字も取れない」「ギャラは結構高い」と、ある意味「期待外れの三拍子」が揃ってしまっている。「もうYouTuberはこりごり。やっぱりそれほど実力はないね」「タレントには敵わない」という嘆きの声をテレビマンたちはヒソヒソ囁くようになった。

今のyoutube自体が劣化テレビやからな

>>
時期に逆転するぞ

>>
cmの量は逆転しつつあるな

YouTuberもやけど声優出すのマジでやめてくれ。急にキッショイ声でなになにだぞ〜とか言い出すのキショすぎるわ

>>
鬼滅でブームになってるだけであと1年もすれば消えるから我慢やで

youtuberのトップのヒカキンがテレビ出るときはめっちゃ低姿勢で「テレビにお呼ばれしてる」って感じやもんな
本人のキャラもあるけど他のyoutuberは歯ぎしりしてるんちゃうか

>>
まぁ子供の時から見てたさんまがおるからそうなるやろ

>>
ヒカキンは「つべ動画でリーチする実人数の少なさ」がわかってる人だからね

100万再生でもいつも見てる同じファンが2回見てたら50万人にしかリーチしてない
3回見られてたら33万人にしか届いてない

日本人は1億人以上いるからね
テレビに比べて、つべ100万再生が狭い層にしか届いてない事実がわかってる