体は剣で出来ている
どうやって日常生活過ごしてるんだろう
>>
残り2割でなんとか
>>
そもそも普段あいつら何して過ごしてるんだ
>>
人間チェス
>>
チェスだろう
こいつにもおとんやおかんはいるんだよな
>>
おとんでありおかんであるハドラー
普段は空気読んでる子
>>
バトルスタイルが残忍ってだけで
日常は普通に暮らしていても違和感はないかな
>>
カレクックみたいな感じか
>>
猫拾って育ててたりすんのか
こいつがハドラーに鎧化できてたら最強だったな
>>
ハドラー「チクチクする…」
>>
アルビナス「それは女王の役目・・ホモはダメです」
生まれてから間もないのに
死ぬときの何でワシより強い奴がこんなにいやがるんだ気に入らねぇってのが好き
残忍だったおかげでチウ生き延びたのか
>>
残忍でなかったら慈悲を持って苦しませず首を跳ねてた
>>
ネズミで遊んでたら近所のパパにお仕置きされたみたいなもの
たしかに
ハドラー自身も「イキってたころの俺」と言ってたが
それでも「自ら前線に来るいさぎよさ」はあったもんな
>>
そう言われたらなんかハドラーってカン・ユーみたいだな
>>
潔さというか無謀というか…言われてみればあいついつも前線出てんな
こいつをブロックが振り回せばいいのにな
>>
合体ギミックとかあるもんだと思ってた
>>
そこまで凝ってるヒマがなかったんだろうな
聖闘士聖衣みたいに「全身が分解して仲間の武器に」とか考えられる
>>
「手ガキレタ」
>>
剣として扱いやすいようにきちっとしたポーズとり続けるフェンブレンを考えるとシュール
>>
剣のポーズとか槍のポーズとか斧のポーズとかブーメランのポーズとかありそう
>>
「ちょっとくすぐったいぞ」
>>
>こいつをブロックが振り回せばいいのにな
>>
>こいつをブロックが振り回せばいいのにな
変形能力がないからこのパターンもある
>>
目っていうか脳まで貫通してますよねそれ
内臓あるのかな…目があるんだから接続先もあるよな…?
戦術的には無駄がなく正しかった
>>
眼の飾りは外れない謎
>>
オシャレには気を使ってるんだろう
>>
しょっぱなにブチかますなんて意外とフランクな口調だな
定期的に刃を研いでいるんだろうか
>>
オリハルコンの刃ってどうやって研ぐの?
オリハルコンの砥石?
>>
ダイヤを切るのはダイヤを埋め込んだ砥石だな
>>
超圧縮暗黒闘気のジェットで
コンセプトは同じ
>>
自分で飛んだりできるダイの剣もぶっちゃけこいつと同類
メドローア避けた時にブロック大丈夫だったから背中が2割なんじゃね
>>
デザイン見る限り二割は二の腕とかの丸っこい所だろ
あとは気合入れてる時と入れてない時でけっこう硬度変わると思う
>>
ヒムもオーラブレードを気合い入れることで防いだしな
ビショップが刃ってどういうことなん?
>>
僧侶=バギ系=かまいたち=刃物
>>
コマの性能が「斜め移動の機動力」で切り込むタイプだから
本人は残忍と言うけどそんな悪辣な感じはしない
チウ相手にも痛ぶって楽しんでるというよりどうせ死ぬ間際になったら本性出すんだろと楽しんでた風に見える
部下を守る心掛けが本物だと感じたら立派と称してたあたり仲間同様騎士道精神あるように思える
>>
あれはどっちかと言えば敬意というより上から目線でしょ
>>
まあ騎士道ってか魔王時代のハドラーっぽいね
フローラ誘拐の時にアバン先生を「なかなかやるな!だがまだ幼稚!」と褒めつつ貶すみたいな
ヒムの体を切り取るフェンブレンの攻撃力地味にすごいな
>>
ヒム「フェンブレン」
フェンブレン「オウ」
で全然力込めないで豆腐のようにサックリ斬ってたよな
>>
同じ材質なら鋭角な方が圧で勝るんやろ
実はダイのキャラの中でフェンブレンすごく好きなんだ俺
>>
普段はそんな様子もないのに内心矜持の塊みたいなやつなのいいよね
>>
自己矜持の塊で残忍な敵キャラってのは周りのこと考えず勝手な振舞いして仲間内からも嫌悪されるのが常だけど、こいつはチームの和と足並みを乱さないよう常に心掛けてて妙に大人の対応をする
珍しい
足並みを乱す必要がないから協力してるだけだって発言もあるけど何だかんだ仲間想いなのがいいよね
>>
仲間想いだよな
そうでもなきゃ勝手なことして申し訳ないって内心詫びるなんてしないわ
残酷ってか性的サディストだな
相手が苦しむ姿を見てビンビンに勃起とかしてそう
>>
それはまあ登場人物全員そうだろう
>>
いや流石にキルバーンとこいつぐらいじゃないの?
>>
じゃあ弱いヤツを甚振るだけかというとそうではなく
それどころか自分より強いヤツ複数相手にプライドの為に一人で挑んだりもしちゃうという
スゴいバランス感覚で構築されたキャラだと思う
>>
卑怯や卑屈じゃないんだよな
そこがいい
自分の残忍さは押さえられるが
馬鹿にされるのは許せない男
>>
とてもよくわかる
なんで8割とか言うんだろう
そこは盛って話しても問題ないと思うんだけど
>>
盛りに盛りまくって8割なんだよ
>>
ぱっと見た目からして8割が盛ってる気がする
腰や二の腕や太股がどう見ても丸い
少年漫画で刃物メインの敵ってヒロインをひん剥くのが仕事だけど
こいつはマァムもレオナもメルルも剥かなかったな
紳士なのか
>>
全国青少年のほのかな期待に全く応じない残酷さ
>>
普段は足並みを揃えておる
やだよ
ワシは…ドスケベなのだ!って服切ってくるフェンブレンとか
>>
超魔ハドラーの人格が疑われてしまう
>>
関智一「子は黙っていても親に似るものよな…」
>>
まあそこは屈辱を与える事も残酷さの一つで
>>
めちゃくちゃ人気でそう
>>
それで他の部分変わらなかったらドスケベで矜持の為に命かけて戦うことを厭わないキャラだ
それはそれで面白い奴だぞこれ
実際フェンブレンの腕は真魔剛竜剣が120くらいなら105くらいありそう
>>
鎧の魔剣が90〜95ぐらいだと思ってる
目を治さないの好きだねこの漫画の人というかワニとオリハルコン
>>
目が見えないとかあえて視界を潰す事で強くなるのは
バトル漫画のセオリー
ぶっちゃけ親衛騎団でフェンブレンが一番弱くない?
>>
相手が悪かったのよ…
>>
難しいな
あいつらはあいつら同士の強弱というより集団戦がベースで能力や役割をそれぞれ割り振りされてるだけだからな…
やはり5体揃った一つの軍団として戦力見るしかない
>>
火力ない上に魔法が効かない体のくせに魔法を跳ね返す盾を持ってるシグマが弱いんじゃないかな…
ライトニングバスターが普通にイオナズン使えた方がええやんみたいな性能なのが悲しい
>>
ライトニングバスターが直撃したのにベホマで即治療して無傷みたいな顔してる
バケモノが相手じゃなかったら充分過ぎるくらいに強いと思うよ
>>
片手で使えるしスピードあるシグマにモーション無しでアレ使われる方がイオナズンよりも遥かに怖いと思う
あの時点で出てきた割には微妙な技なのは同意…
ここフェンブレンだけじゃなくてダイとバランの事も言っているんだって最近気づいた
>>
歳とったから気づける視点だな…
>>
皮肉とは違う共感めいたぼやきよね
魔軍司令の頃にあまり話さなかった仲なのが利く
超電磁竜巻からの超電磁スピンが弱いわけねえんだよなあ
>>
バラン「まパパはフェンブレンの攻撃なんて軽くかわしちゃってたけどね」
>>
まあ竜の騎士以外であれを受けられるのがいったい何人いるかって話だしな
超電磁スピン直撃してたらバラン死んでたのかなあれ
>>
バランの事だし何とかしてそう
当たっても一撃で倒すことは出来ないような気がする
圧倒的に戦力が劣る敵キャラがクソ強い主人公側に正々堂々挑んでくる構図好き!
>>
正々堂々ではないがヨミ様が近いな
部下に優しいし
ちゃんとフェンブレンも思い出してあげるの好きよ
>>
フェンブレンってハドラーの認識でも一致団結しなかった奴なのに…
竜の騎士親子に単騎で挑むのってポップがドン引きするぐらいの無茶だからな
竜騎衆相手に捨て駒になろうとしたポップがヌルゲーに見えるレベルの自殺行為
>>
創造主のハドラーを超えてバーン級の相手になるからな
>>
>超魔ハドラーの作った綺麗なフレイザードも見て見たかった
イキってた頃のハドラーこそ単身で竜の騎士親子と戦おうなんて無茶はしないだろって思った
>>
昔はもっとイキってたんじゃないの