この異常者っぷりには流石の無惨様もドン引き
>>
無惨様ってこういう一般常識的なことには不思議と聡いよね
異常者中の異常者
つきまとわれる相手が可哀想
残酷な仕掛けだと思う
鬼殺隊の高潔な精神は集まった柱達の解釈によるもので
この人自身は正義とか関係なく無惨さえ殺せれば何でもOKな異常者だと思ってる
>>
身内が殺された者を率いてるのが身内が化け物の人だからな
そりゃいち早く何が何でも無惨滅したいだろうよ
無惨の子孫なので無惨が一族の汚点
家族も犠牲にしてまで倒さないと短命の呪いもかかったまま
実際そうだったからまあいいとして
数百年も前にどっかいった一族の者をオカルトを根拠に我が一族が短命なのはアイツのせいと確信して追いまわす姿はまさに異常者
>>
てかそれに巻き込まれる鬼殺隊の隊員たちもかわいそう…
>>
産屋敷はケジメをつけたい
隊員は仇を打ちたい
うぃん−うぃんやな
素晴らしい人格者と思わせてからの自爆
作中トップクラスの狂人であられた
あれは妻と娘達はしってたのかな?
まぁ自爆知らなかったにせよ死ぬのは覚悟していただろうが
>>
妻も娘二人も自爆するって聞かされても側を離れようとしなかったからあきらめただけよ
説得する体力も時間もなかったし仕方ない
>>
それが無惨の警戒解いた部分もあったろうな
息子さん長寿記録更新ですよ
>>
解放されてよかったね
無惨が新しい価値観を見出すきっかけになった
柱のみんな、御館様好きすぎる
>>
生きる希望をくれたようなもんだからな…
就任早々御館様に喧嘩売った柱がいたらしいぞ
>>
ないわー
>>
俺も上司に言ってやりたい…
常人から見たら鬼も柱も同じ異常者だよ
>>
災害が来たと思えよな〜
鬼滅好きだけどそれでもこの人はなんか弱ってる人間に上手い事言って鬼殺隊に引き込んでるみたいに見えてしまう
>>
弱ってるっつーかもう生きる気力が無い後は死ぬしかない
みたいな人に「死ぬなら人助けしてみない?」って生きがい与えてる感じでいいんじゃね?
こいつじきじきにスカウトした人はだけど
>>
試験で今年は結構残ったねみたいなこと笑いながら言ってるの完全に人の命を何とも思ってないサイコパスとしか思えない
剣士として才能がなくても隠れの存在でいくらでも使い道があるって示されてるので
何の合理性もなく人間の命を投げ捨てる試験を続けてる
>>
いや実際にそういう意図で作られたキャラだと思うよ
立場上味方サイドだからとして人格者である必要はない
善逸「買われたんですけど!他に選択肢なかったんだけど!!」
>>
善逸って鬼殺隊に入ってなかったらちょっとした異常者だからな
隊士事捨て駒なんだろって言ったら否定せずに自分も捨て駒だよと言いのける
自分から戦う意志を持った子どもたちの命を最優先にする人ではないのは確か
>>
まあ妻子巻き添えにして自爆するから本当ではあった
ヤバい人なのは間違いない
試験のスタンスだけは本当に戦闘狂すぎて
無惨様が死ぬと他の鬼も死ぬってのは最終戦まで明かされなかったけど
鬼を増やせるのは無惨様だけってのは最初からわかってるんだから
一時的に派遣止めて修行したほうがトータルの死者数減るでしょ
いくら自ら志願したとはいえ隊士候補と新人隊士の命が軽すぎる
>>
修行に専念してる間に無惨が増やしまくらない保証もないんだよな
育成度外視の方針もおかしいとは思うが
増やそうと思えばいくらでも増える連中を放っておくのも怖い
ただ中途半端な実力の奴を鬼殺隊に迎えても相手の養分になってしまうのがオチだから
悲しいことだが実力が満たない候補生は死んでもらうってのは一定の合理性はあるんだ
>>
選別で死ぬ分には養分を得た鬼は試験場の藤の花に閉じ込められてるから
一般人に被害は出ないしね
>>
子ども達の死にはとても悲しんでるだろうがそれはそれとして命に対して合理的だよね
本当に自分の命すら駒として扱うやつ
>>
このお館様は超能力レベルの先読み能力あるから
最終戦の内容も計画書からするとほぼほぼ読み通り
フィジカルほぼ最強レスバ最弱の大将とフィジカル最弱レスバ最強の大将って構図がもう面白い
>>
無惨様レスバ最弱ではないよ
長男と同じ土俵で罵り合ったりはするけど
この本人が本当は刀持って鬼に突っ込みたいタイプなんだよなあ…
無一郎や岩は分かるけど他の柱は心酔しすぎだろうとは思う
>>
1/fゆらぎの賜物なのです
>>
声と観察力と口の上手さで異常に心掴むの得意だから
これで落ちなかった冨岡さんはすごい
>>
一番心酔しそうな女性である蟲と恋はさほどでもないという
>>
恋はめっちゃ心酔してただろ
>>
せやろか
感じ方は人それぞれやね
無惨様を擁護する気は微塵もないけど
この人もこの人でだいぶイっちゃってる部類の人だと思う

だからこそ無惨様倒せたのも確かだが
>>
こいつの父親はメンタルやって自死したようだし
チャンスにも恵まれたけど絶対今代で終わらせるって覚悟をもった修羅だと思う