「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」などで知られる、漫画家の高橋留美子氏が、米国の漫画賞「ハーベイ賞」で殿堂入りを果たした。同氏の公式ツイッターが14日、同氏のコメントを発表した。

【写真】高橋留美子さんの「うる星やつら」と「めぞん一刻」の第1巻

「この度は素晴らしい賞をいただきありがとうございます。アメリカの皆様に楽しんでいただき、とても光栄です。『漫画』を通じて皆様と交流できることがとても嬉しいです。コロナ禍で大変世の中です。私の漫画が少しでも皆様の心の安らぎになればと願っています。高橋留美子」(コメントは原文のまま)

「ハーベイ賞」は米国の漫画家、芸術家で、ポップカルチャーのアイコンとしても知られるハーベイ・カーツマンの名を冠した賞で、1988年(昭63)に創設された漫画、コミック業界で最も権威のある賞。高橋氏の殿堂入りは8日付。同殿堂には、日本からは20年に手塚治虫さんが選出。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bf3fe355e8b6c82916b4800b266614d6de74ce83
アメリカの漫画賞とかいらんけど
海外憧れ勢には効果あるかもしれんから貰っとけ
>>
留美子クラスが受賞するまで33年も経ってからっておかしいわな
アメリカ国内の賞に箔つけるために外人にも与えたろってとこやろ
>>
なんの効果だw

まあ高橋留美子もすごいけど藤子と鳥山が受賞してないならあんま意味無いだろ
アメリカの賞に何の価値があるの?
日本で賞取るほうが価値があるよね
>>
漫画の賞なんかより高橋留美子のほうが上の存在やぞ
でもよくよく考えて日本の漫画にも大した賞ないよなって思った
小学館賞みたいな出版社の賞はあるけどそういうの抜いたらこの漫画だとかマンガ大賞とかしょーもないのしかない気がする
>>
意義あるのはあくまで編集部がダイヤの原石見つける賞だからね
アメリカ人知らんやろ
>>
犬夜叉はなんか人気らしいぞ
ハーベイ賞取った日本の作品の中で一つ変なのがあるよな?🤔

海外漫画賞
1990 『AKIRA』(作:大友克洋)(マーベル・コミック)
2005 『ブッダ』(作:手塚治虫) (Vertical Inc.)
2014 『進撃の巨人』(作:諫山創) (講談社USA)

BEST MANGA部門
2018 『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(作:永田カビ)
2019 『僕のヒーローアカデミア』(作:堀越耕平)
2020 『とんがり帽子のアトリエ』(作:白浜鴎)
2021 『チェンソーマン』 (作:藤本タツキ)
>>
なんで受賞したんや草
>>
ベストマンガ部門毎年受賞してるやん…
>>
最近できた日本漫画に与える賞やからな
漫画が1話完成するまでの流れ



>>
しゅごい
>>
金ある冨樫が休むのも納得や
>>
でも君うる星やつら描きながらめぞんも並行して描いてたよね
留美子のフィギュア棚



>>
これは猛虎魂
>>
今年の留美子は心折れてそう
>>
阪神が本当に好きな事はわかった
>>
アカンできのだろうと飾る作者の鏡
>>
今ならラムちゃん程度のキャラアホ程いるけど当時でコレは衝撃的よな
海外の犬夜叉人気は尋常じゃないからな
犬夜叉一本で受賞したようなもんやろ
>>
一番つまんないのが人気なのがすげーわ