服装から判断するに仏教、ヒンドゥー教あたりが元になってそう
そしてこの背中のリングはこれらの宗教では重要なシンボルで、恐らくザエルアポロが語る地獄というのはニルヴァーナみたいな感じ
地獄がニルヴァーナってどういうこと?
それって悟りの境地とかそんな感じじゃなかった?
>>
スレ主じゃないけど、仏教では
天道
人間道
修羅道
畜生道
餓鬼道
地獄道
のように6つの領域みたいなものがある

再生のサイクル(輪廻)は車輪のようなもので、この6つはその車輪の中に含まれてる

ニルヴァーナ(涅槃)はこの車輪の外にあるもので、教典では彼岸とか言われてる
ニルヴァーナは状態でも何でもない何とも言えないもの

輪廻と涅槃(ニルヴァーナ)は通常東南アジアとかそっちの方の仏教のみのものだけど、東アジアでは涅槃がゴールとはされてはなくて、輪廻と涅槃が分かれてるものとは考えられてない

ゾクチェンのような難解な宗派では悟りとは涅槃と輪廻が同じものであることを完全に悟ることだとさえ言われてる
>>
興味深い
>>
魚のことについても教えてくれ
>>
何の事?
仏教のシンボル的なもので魚なんて知らない
>>
これは仏教由来の表現じゃないの?
>>
ごめん分からない
アシュタマンガラ以外で金魚が出てくるのは知らない
インドの主要の聖なる川、ガンジス川とヤムナー川を表してる2匹の魚
仏教では魚は自由に水の中を泳ぎまわることができるため幸せのシンボル。これらは繁殖と豊富さを表してる
東洋では美しさ、大きさ、寿命から鯉の姿で描かれることが多い
>>
浮竹の始解繋がりだと思ってた
>>
大きい方が地獄
小さい方がソウルソサエティ
>>
一般的な仏教徒はカルマの結果輪廻転生を望んでるのか、悟りを開くことなのかどっちなんだろう
カトリックの使徒を連想させられた
地獄はきっとオーストラリアだ
>>
オーストラリア人としてオーケー出すわ
>>
いや、イタリアだ
一護たちが巨大コロシアムで戦うんだ
>>
ブリーチの最もカオスな領域である地獄でトーナメント編開催か
地獄にいてほしい
隊長じゃないけど