コマ割りや吹き出しがグチャグチャだったり視線誘導が下手くそな漫画は読んでてストレスしか感じないし
そもそも絵が下手な漫画って読もうと思わない
ぶっちゃけ話が面白ければ棒人間でも読むし
なんなら絵がなくても文字だけで面白ければ読まれるわけだから
画力は必須じゃない
>>
棒人間でも上手い棒人間はあるで
誰がなにをしているかわかるということが大事やからな
上手い棒人間は東京グールよりマシや
>>
小説的な才能を持ってるよな漫画家も
もちろん冨樫みたいに小説的な才能を持ってるからと言って小説を書いたら叩かれるけど
>>
シンプルな線になればなるほど上手い下手の差が出て来るんよ
単なるお絵かきじゃなくて漫画を描くなら
>>
伝達手段の練度が高ければ高いほど作家の想定してる状況がリアルに伝わりやすいんだから
絵はダメだけど文章なら伝わるならそいつが物書きとして熟達してるだけであって
漫画家として熟達してる奴らにまで当てはめられることではないです
>>
必須じゃないだけで重要やぞ
>>
全く必要じゃないぞ
絵は状況を伝える記号だから伝わっていれば良い
>>
んなわけねえだろダボ
>>
ダボはお前や
絵が状況を伝える記号やなかったらなんなんや?
言語では無いコミュニケーションの一種に過ぎない
鬼滅は画力とシナリオどっちのおかげ?
>>
強いて言うならシナリオ
比で表すとシナリオ 絵 その他で0.1:0:9.9
>>
少なくともどう考えても画力ではない
台詞のセンスやオリジナリティが上手いことハマったんやと思う
>>
オリジナリティはよくわからんかった
呪術廻戦は絵が汚いけどコマ割りとか見せ方は上手いよな
>>
うまい人からパクってるからな
>>
そら他作品の構図やコマ割りリスペクトしてるからな
>>
ジェネリック冨樫やん
ストーリーか画力のどちらかが飛びぬけてれば人気出るよな
大暮維人とか元パチンカス借金マンなのに今では最強のイラストレーターやん
>>
画力やなくてキャラクターやろ
>>
尖り切れば食っていけるやろな
池上遼一とか絵だけでずっと現役やし
冨樫「漫画家になりたいなら絵描いてる暇ない。話作りの勉強しろ」
富野「絵が上手い漫画家は信用してはいけない」
>>
でも富樫結構絵も上手いじゃん
ワイから見たら富樫は絵だけでも十分魅力的
>>
一番一般人相手にアドバイスしちゃいけない二人選んでて草
典型的な天才タイプじゃねーか
>>
冨樫は絵もヤバい
外人の顔模写しまくってるんだろうな
>>
冨樫は構図とか読みやすさが天才的やもんな
>>
富野も普通にメーターレベルの絵かけるやん、しかも富野のすごいところはあの躍動感のある絵や上手いこと合成して新規作画っぽく見せるところとか真似出来ない
ブレンパワードとかマジで動かなくて紙芝居なのに躍動感すごいもん
留美子「才能やで」

>>
何かを得るためにはそれ相応の物を捨てなければならない、を体現した人だから
この圧倒的画力よ

>>
ボアッ
すき
>>
渡哲也さんの方は上手いんだけど猿の方がね
カイジの絵初めて見たときはちょっと衝撃やったで
>>
誰がなにをしているかどんな感情か伝わってくるから上手い
漫画の絵が下手スレになるとやたらと福本が挙げられるが
カイジの和也編くらいになると普通に絵が上手くなってるやろ





色々言われるが決めゴマのセンスはヤバいわ





>>
タツキって見せ方おしゃれだよな
>>
普通に天才
進撃はここで才能使い果たした





















>>
アニメより優れてる珍しいパターン
何度も言うが漫画が上手いのはしまぶーや
こんなのが主人公でちゃんと人気もあるんやぞ、キャラ構成力が半端ない

>>
この人も漫画力あるよなぁ
>>
しまぶーは好きやがトリコの段階で既に古いわ
刃牙の真似したくても画力足りてへんし