元はなんだよこれ!
>>
モグラ怪人が潜ったから光当てればいいじゃんでライト当ててるシーン
>>
マジなの…?
>>
そんな子どもじみた発想でどうにかなるのか?
>>
子ども…ね
グリーンの顔から出るやつは火力のわりに雑だからな
でも万が一取り逃がしてたら100倍返しぐらいの禍根残さない?
>>
だからこうして念入りに焼く
オーレンジャー最終回でバラノイアの皇妃が
「赤ちゃんに罪はありません…どうかこの子の命だけは許してください」
って自爆してまで生まれたばかりの赤ちゃんの命乞いをしたのに
「こいつが残ってたら人間のためにならねえ!」って殺そうとしたブルーを忘れはせんよ…
>>
キリスト生誕時のヘロデ王の逸話を思い出す
>>
殺しちゃうん?
>>
殺せないで困ったので正体不明の謎の怪人ガンマジンにあげちゃう
>>
だってオーレンジャーの第一話で地球圏ほぼ掌握されるくらいパラノイア強かったし…
作戦失敗した怪人を粛清でスクラップにしたり極悪過ぎて路線変更させられるくらいヤバかった悪の組織だし…
>>
でも途中で愛に目覚めるよ
最終決戦ではカイザーブルドントとマルチーワが愛の力で戦うのを
オーレンジャーが力でねじ伏せて惨殺するよ
>>
まあここまでしてきた以上許してやる道理ないし…
オーレンジャーは職業軍人だから務めを果たさなければならないのもあると思うけど
身元不明の謎の怪人に預けるのは殺すより無責任じゃないか!?
>>
ガンマジンはいわゆる追加戦士だけど
数十億年前に一度だけ現れたことがあるという伝説が残っている
…以外の情報が一切無い謎の戦士なのだ
声が神谷明だった関係でスーパー戦隊映画に出られなかった経歴の持ち主だ
オーレンジャーってそんなハード路線だったのか…
>>
ラス前に主人公たちが敵に負けそうになって宇宙に逃げ出して
数年後に帰ってきたら地球が敵に征服されてて
宮内洋がレジスタンス活動に励んでた
>>
なにげに地球の大半が一話で敵に侵略されてて
終盤でとうとう全部支配されちゃうというハードさ