>>
迷うけど俺はストロングワールドかなぁ
ナミを助けに行く時の黒ずくめの麦わらの一味が好きすぎる
>>
さては黒野虜だなオメー
>>
こいつただのジャンゴ贔屓じゃなくてワンピースが全部好きな上で推しをジャンゴにしてるだけだから好き
普通ねじまき島だよね
映画の順番を テゾーロ → Z → スタンピード → スロングワールド にしてほしい
>>
ストロングワールドは覇気こそ使ってないけど最近の時系列だと思った方がスッと受け入れられるよな
あの島の猛獣たちあの頃のルフィでたおせちゃうとかルスカイナの猛獣以下じゃんってなる
>>
映画補正です
>>
シキは2年前のルフィが倒すには大物すぎた…。
>>
正直これは好きだからこそ思う
Z派としてはバーニングブラッドにテゾーロだけ映画キャラが参戦してるの羨まし過ぎる
>>
ワンピのオールスターゲームとか出たら映画キャラ全員出してほしい
>>
ドラゴンボールくらい全キャラ網羅したゲーム欲しいよね……
>>
無双も本編に今後出なそうなキャラは切り捨てる方針になっちゃったしなぁ
>>
え、マジ…?
>>
エネル モリア ペローナ くま マゼラン ガープ シーザーと何人かの一味の2年前が消されるくらいだからね
特にエネルなんて海賊無双では人気のあるキャラだったのに

そんで代わりに実装されるのが錦えもん お菊 ヴィンスモーク家全員 三将星 キャロットとかだし
>>
空島はエネルしかメイン敵出ないしオリジナルストーリーでもなければいれにくいからしゃーない
一味の二年前は全員返してほしい、特にナミさん
イチジニジヨンジはいらんがホールケーキアイランドやるなら仕方ないか、ジャッジはそれでもいらねぇ
侍は5があるなら全員揃えそう
百獣海賊団とヤマト使いてぇ…
>>
2年前一味は結局2年後の劣化でしかないからなぁ

あとは最悪の世代がアプーとボニーだけいないのよね
>>
完結したあとの海賊無双最終作には全員出るだろうと勝手に思ってる
>>
クロコダイルと会った時の小説版のバレットの内心も好き
やっぱりfilm作品があがるよなぁ
旧作でもねじまき、デッドエンド当たりは面白いよ?それ以外の出来はアレやけども…
>>
この曲をBGMにZ先生が単身海軍と戦って部下と麦らぁを逃がすシーンほんとヤバい
映画のたびに自分から大変なことに…
>>
漫画に対する熱意が異常すぎる…
それはそれとしてアホなのでは
嬉しいけど8月は盆休みあったとはいえなんかずっとやってるし、はよ月一休みしろ!ってちょっとなった
>>
元は関わりたくないとか休載したいとかあったけど、
編集長「休まないで!」だったり
ゴールド作るときは
作者「忙しくなるから関わりたくない!」
「名前だけでも、CEOとかの肩書きでいいから貸して!」
「CEOとか無茶苦茶な…。自分の名前に期待して来た人ガッカリさせたらいけないからしっかりやろう…」
で、万国編あたりのときに入院するまで
連載と映画作業並行してたからね…(最近は実写の監修もしてるらしい)
ストロングワールドはあらゆる漫画映画のターニングポイントになったけど、作者の負担激増したわけで「なんで自ら地獄に突っ込むの」っておもってる人結構いるはず
>>
毎年やるようなアニメ映画は一時期どこも微妙な内容だったけど
ワンピースを皮切りに全体的にクオリティ上がったよな
>>
お祭り島やらリメイクやらで迷走してて作者も見かねて関わったら
ストロングワールドすごいことになったけど、
編集部が休載しないで!って言って来たので
よりにもよって頂上戦争編が編集者も寝れない・練れないままお出しすることに
>>
0巻商法もあれが最初か
スタッフの間でキャラがブレないように、
自分が作ったキャラじゃないゼファーやテゾーロのときは過去(動機)をしっかり尾田さんが設定したってのは面白かった
>>
加減しろ莫迦!
ゼファーやテゾーロは尾田さんが最後煮詰めた分、
バレットの過去は映画スタッフが頑張ったらしい
迷走によって生まれたワポルの兄貴
スタンピードに出てたんだ……
>>
こいつのキャラ自体はすげえいいからな。
メタ的に言うと当時とは比較にならないくらい強いルフィ側とのバランスをとるためのキャラだから強くて厄介
ストロングワールド改めて見返したけどシキって能力覚醒してるよな
フワフワの実って触れたものを浮かせる能力だけど劇中触れてなくても山浮かせたりしてたし覚醒してるってことでええんかな
>>
あれは既に触れて浮かせてる物じゃなかった?
>>
あれそうだっけ?
既に浮かせてた島の一部を切り取ってるだけだから覚醒とまでは言えない感じなのかな
ガシャガシャは潜水艦作ったりとか戦闘以外も応用効きそうなところも好き
わぁ!楽しそう!
「だが、おれァ、いつかあんたを倒して世界最強の男になる……ロジャー…!」

───おめェは強ェぜ。いつでも来い、バレット……!