そろそろultra+でマブラヴ オルタネイティヴはじまるよ
原作やってるのが大きいが
割と今期で一番楽しみにしてる
>>
割といいと思う…
髪が大分やわらかそうに
ロボアニメみてえなOPだな!
>>
ロボアニメやろがい!
もっと腹から声出せ
あの進撃の巨人の作者も絶賛とか言っておけば注目されたのに

??「BETAによる佐渡陥落から3年後」

??「2001年12月、人類は」

??「地球放棄を決定した」

いつの間にか大分大変なことになってんな

??「それは地球で戦い続ける十数億人を残して」

??「わずか十数万人を」

??「太陽系外の惑星に移住させる計画だった」

※アンリミの話です

??「残された人類に待っていたのは」

ナレでアンリミが…

白銀「ここはどこだ…?」

白銀「俺の部屋…?」

俺の…部屋!
俺の…部屋だ!

白銀「間違いない…」

白銀「俺の部屋だ」

白銀「俺….なんで?」

白銀「途方もない夢を…地球が放棄されてそれなのに俺は何もできずに」

部屋だけはいつも無事

白銀「夢…夢なんだ…本当に」

白銀「8時か…学校だ」

まぁなろう作品とかでも失敗した未来から戻ってきたところから始まる作品いっぱいあるしね
どうなってんのこの世界

白銀「うっ….!」

白銀「撃震….?」

白銀(夢じゃなかった…それじゃあ…)

白銀(俺はどうしてここにいる?あの日に戻ったのか?)

>>
ところどころ星っぽい感じするよね

白銀「あの日だ….!」

Keyアニメなら時間戻りは当たり前

白銀「オルタネイティブファイブ発動まであと二ヶ月…」

白銀(あの日と全く同じだ…違うのは俺の記憶だけ)

武ちゃんの声知らない人だけど保志っぽさもあるいい声だ

白銀(あの日…こいつを見て)

白銀(そして…)

白銀「くそ!!」

白銀「またこれかよ!!」

アンリミット編やってないとわけわかめだろうなコレ…

白銀(記憶が欠けている…俺は戻ったのか?)

白銀(オルタネイティブファイブ…地球の放棄…)

1人語りなげーな

白銀「全滅したのか?駆逐か打ち上げを見送った記憶はある…その後は思い出せない」

白銀(でも、本当だとしたら)

なんか知らんが1人で盛り上がってる

白銀(今この瞬間にも移民船団が結成されているはず)

白銀(人類の大半が置き去りにされる…)

白銀「それだけは…!!」

白銀「あの人に会わなきゃ!」

ところどころ保志っぽい叫び上げるな

白銀「横浜基地」

白銀「記憶通りだ…」

隊員「何をしているんだ?」

隊員「外出していたのか?物好きなやつだな」

隊員「許可状と認識票を提示してくれ」

白銀(以前と同じだ…)

白銀(許可状も認識票もない…)

今の似てる

白銀「香月博士と会わせてくれ!!」

隊員「なに…?」

>>
主役初めてなくらいの新人よ

香月「白銀武…?」

隊員「はい」

隊員「副司令に会わせろと」

香月「悪いけど記憶にないわね」

隊員「そうですか…お手数おかけしました」

隊員「だから、副司令は貴様のような男など知らぬと言っておる!」

香月「白銀武….」

香月「そう名乗れば何かわかるとでも思ったの?」

白銀「博士と話をさせてくれ!!」

隊員「黙れ!!」

野生の保志
養殖の保志

隊員「拘束する!!」

香月「はいはい」

白銀(ダメだ…このまま捕まったら営倉に入れられる)

白銀(時間がない….!)

隊員「大人しくしろ」

白銀「触るな!!」

隊員「こいつ!!動くな!」

白銀「俺….!」

隊員「次はないぞ!」

白銀「こんなことをやってるから…」

白銀「俺たちが銃を向けるべきなのはBETAではないのか?」

>>
つまり死に戻りすれば死に戻りするほど強くなる?

隊員「何を言っている?」

白銀「馬鹿が!こんなことをやってるから負けるんだよ!!」

香月「騒がしいわね…何が負けるって?」

隊員「香月副司令…!」

香月「何事?」

隊員「この男が暴れるので…」

白銀「先生!!夕呼先生!俺の話を聞いてくれ!」

香月「先生?私は教え子を持った記憶はないわよ」

ゆーこ先生の演技の寄せ方上手いな…

白銀(急がないと…!)

白銀「先生!研究進んでるんですか!?のんきにしてるとまた後悔しますよ!」

香月「また?」

白銀「オルタネイティブファイブ」

白銀「やばいんじゃないですか?」

隊員「おい!いい加減にしろ!」

香月「待ちなさい」

よくこれで話効いてくれたね
>>
スパイ容疑でその場で処刑だよね
>>
オルタ5の話知ってるから
>>
見逃せないこと口にしたから放置できなくなっただけよ
最高機密の単語を迂闊にポロッと言うとか怪しすぎるよね

隊員「OKです」

隊員「除去完了しました」

スッキリ

香月「はいこれ」

香月「ついたわ」

香月「入りなさい」

白銀「はい…」

香月「単刀直入に聞くわね、オルタネイティブ計画のことどこで知ったの?」

白銀「はじめてその言葉を聞いたのは12月24日の夜、基地司令の口からです」

香月「いつの12月?」

白銀「今年です、今から2ヶ月後」

香月「2ヶ月後…?」

白銀「俺はもう一度この日に戻ってきた…信じてもらえますか?」

前のループって何度もループしてるの?
>>
説明中
2ヶ月分のロスを短縮したのか

香月「どうかしらね…もっと聞かせてくれる?」

白銀「俺は元々BETAのいない世界にいたんです」

香月「BETAが?」

白銀「はい…俺はそこでただの学生でした…ある朝目覚めたらこの世界にいたのです」

白銀「学校に行ったら基地になっていて、そこには俺の知ってる人たちが立場は違えど存在していたのです」

香月「エベレット解釈ってわかる?」

エクストラ編!

香月「平行世界とかそんなもんだと思っている?」

白銀「感覚的にはそんなものです…ただ同じじゃないものもあってその最大のものは」

香月「BETAね」

白銀「そう…この世界では30年ほど前からBETAと全面戦争が続いていて人類は滅亡寸前だった」

白銀「俺は世界に戸惑いながらも訓練兵となりこの世界を救おうとしていたのです」

これすごいはしょられてない?
>>
エ○ゲ1本分ぐらい端折られてるよ
α世界とβ世界的な

白銀「けれどあの12月24日…」

パウル「我々が推し進めていたオルタネイティブフォーは次の段階に移行した」

おるぅぅたねいてぃぶぅううう

パウル「計画の5段階目オルタネイティブファイブ発動により指揮権は新司令部に移行し当横浜基地も接収される」

白銀「そんな!一体何なのですかオルタネイティブフォーって!」

若本は続投なのか…
>>
杉田にやらせようとしたらあかん…ってなったってさ
ぶるぅぅぁぁぁぁx!!!!

パウル「訓練兵である君たちが知ることではない」

白銀「だったら、俺たちが正規兵だったら違ったって言うんですか?」

パウル「軍とはそういうところだ」

>>
もう少しで任官ってところでバッドエンド

白銀「結局、オルタネイティブフォーがどういうものか知らされないまま」

白銀「オルタネイティブファイブが発動されました」

白銀「最期の駆逐艦を見送った日のことは」

白銀「忘れません」

駆逐艦って宇宙戦艦かー

香月「それが今年の12月24日…」

白銀「もう時間がないんです!先生はやらなくちゃいけないことがあるはずです!」

香月「なんのこと?」

白銀「半導体150億個の並列処理装置を手のひらサイズにすることです」

香月「何が目的なの?」

白銀「オルタネイティブファイブの発動を阻止してBETAに勝利することです…信じてもらえませんか?」

香月「貴方が反オルタネイティブ派の工作員であることに信憑性を感じるんだけど?」

白銀「工作員がこんな回りくどいことをしますか?」

回りくどいんじゃなくて直球じゃないかなこの行動…

香月「本当のことを言いなさい…返答次第では生かしてはおかないけど」

白銀「それが先生の望みなんですか?」

香月「望み…?」

白銀「たった十数万だけ宇宙に逃げて後は地球に残って滅ぶのを待つだけ…それが先生の望みなんですか?」

こいつマジで人任せなのにむちゃくちゃ切れてない?
>>
戻ってくる直前でわりとメンタルギリギリだったから…
>>
なんたって原作が相当昔だからね…

白銀「違いますよね先生…」

白銀「そう思ってたらヤケ飲みして泣き喚いてたりしませんよね?」

白銀「だったら天才らしいことをちゃんとやってくださいよ!」

白銀「先生がオルタネイティブフォーを完成させてから…!」

白銀(俺は何故泣いているんだ?何か物凄く大切なものを失ってしまったような)

泣いちゃった

白銀(わからないけど…)

白銀「絶対にオルタネイティブファイブなんて許さない!フォーをやり遂げるんだ!」

この世界線のアンリミのヒロインはだれだったんだろう

香月「そう…私たちはある種の利害が一致していたということね」

白銀「信じてもらえたのですか?」

香月「100%じゃないわ…でも信じるに足る理由があるのよ、私にしかわからない理由がね」

香月「でも、あなたをそばに置くには十分な理由よ」

説明パートだとおもうから面白い面白くないの判断するのもな

香月「この部屋までのセキュリティパスよ…第二〇七衛視訓練小隊まで編入なさい」

香月「手続きは終わったわ、訓練は明日からよ白銀訓練兵」

白銀「了解しました!」

オルタでも訓練するんだったか記憶が曖昧だ

白銀「BETAと戦う戦術機、それを乗りこなす兵士を育てる訓練小隊」

白銀(結局、前の世界とおなじスタートになったな)

??「そこのお方…」

白銀「俺?」

白銀「冥夜!」

御剣「危険です故、ここから先の立ち居入りはご遠慮ください」

随分おとなしい髪型になったな

白銀「ああ..いや…」

御剣「どなたかお探しですか?」

神宮司「御剣、いいんだ」

御剣「教官!!」

神宮司「白銀武だな?」

白銀「はい!!」

うわあああまりもちゃんだああああああああ

御剣「では、この者が…」

神宮司「小隊集合、横隊整列!」

御剣「二〇七分隊整列しました」

神宮司「よし、紹介しよう」

神宮司「新しく二〇七小隊に配属された白銀武訓練兵だ」

白銀「白銀武です!」

2000代前半のエ○ゲデザインがいっぱい出てくる!!

神宮司「見ての通り男だ…とある理由でこれまで徴兵免除を受けていたのだ」

白銀「以後、よろしくお願いします!」

全員「お願いします!!」

神宮司「小隊各員も自己紹介!」

>>
男どころか女もです

榊「分隊長の榊千鶴です」

御剣「御剣冥夜と申します」

彩峰「彩峰慧」

珠瀬「珠瀬壬姫です」

>>
若本以外変わってるのにね…

白銀(委員長に冥夜、彩峰にたま…美琴は…?)

神宮司「もう1名、鎧衣美琴訓練兵は現在入院中だ」

白銀(ああ、そうだった…)

神宮司「では、訓練を開始する!」

全員「了解!!」

>>
男は皆ほぼ戦死してるよ…

白銀「ん?なんだ?完全装備じゃないのか?」

神宮司「そうか白銀…」

神宮司「貴様は徴兵免除で体力が余ってると言いたいんだな?」

白銀「あ、いや…その…」

神宮司「だったら貴様は完全装備でやれ!」

神宮司「ついでに分隊支援火器のダミーも担いでっていいぞ!」

神宮司「返事は?」

白銀「了解しました!」

>>
ロクに訓練しないまま学生を戦場送りにする方が末期だよ!

神宮司「行軍開始!」

神宮司「肩を落とすな!顎上げろ!」

白銀(やはり記憶だけじゃなく体力まで前の世界を引き継いでいるのか)

白銀(昨日も違和感は感じていたけど)

白銀(それだけ前の世界ではみんなに迷惑かけてたってことだよな)

分隊支援火器(ダミー)って言ってたけどなんか小さいなこれ

白銀(だがこのまま訓練を続けていても)

白銀(オルタネイティブフォーを成功させる方法は…)

神宮司「白銀!今のところ説明してみろ!」

白銀「え?俺?」

神宮司「考え事をするくらいなら問題ないだろ?」

絵がうまい

白銀「この例題は作戦直前の支援行動で典型的な工法攪乱です」

白銀「施設から伸びている高圧送電線を特定し吹き飛ばすことが望ましいです」

神宮司「ほう…なぜだ?」

白銀「レーダー施設の無力化とあるのみで破壊と限定していませんから」

白銀「善良の友軍による再利用を重視しました」

男女比の偏った図書館戦争みたいな絵面だ

白銀「この場合、施設を直接狙う場合と違い危険度も低く」

白銀「任務の成功率、要員の生還率も高いと考えます…以上です!」

神宮司「座ってよし、ただし講義中はもっと集中しろ」

白銀「はっ!」

神宮司「今日の講義はここまで!」

珠瀬「白銀さん凄いですよー!」

白銀「え?」

御剣「うむ、てっきり腕立て伏せをやらされると思っていたのだが」

一瞬だけ力が入る作画

榊「それくらいわかって当然でしょ?」

白銀「手厳しいね委員長」

榊「委員長じゃなくて分隊長よ!」

御剣「私は白銀の加入は隊にとって大きな刺激だと考えている」

白銀「ああ、期待に沿えるように頑張るよ」

主要キャラは今のところ大丈夫だけどモブが厳しい

彩峰「背伸び背伸び」

白銀「お前ね…」

彩峰「ふっふっふ…」

榊「御剣の言う通り隊全体の底上げにつながれば総戦技演習は十分期待できるわ」

白銀「総合戦闘技術評価演習か」

白銀「それに合格すればいよいよ戦術機演習だな!」

榊「そうよ、絶対に失敗できないわ」

こいつ知りすぎてて怪しいよね

珠瀬「もうすぐ鎧衣さんが戻ってくれば…」

彩峰「次こそは…」

白銀(そうか…)

タマの猫耳っぽい特徴的な髪型も令和ナイズされたからな…

香月「それで?」

香月「何を決めたっていうの?」

白銀「俺、一日でも早く訓練小隊を卒業して衛士になります」

香月「そんなことを報告しにここに来たの?」

白銀「オルタネイティブフォーを成功させるためなんです」

オルタ4って結局何だったけか?
>>
対話だったかな
>>
>>
それは3
4は人類の勝利が目標

香月「どういうこと?」

白銀「先生に認めてもらうにも計画をサポートするにも訓練兵じゃお話にならない」

白銀「同じ情報でも訓練兵と基地司令がいうのでは丸っきり重みが違う」

香月「基地司令…大きく出たわね」

香月「あなたオルタネイティブフォーの概要は知ってるの?」

白銀「断片的にしか知りません、その計画の中心に夕呼先生がいたこと失敗したこと」

香月「よく知らないのにその計画を成功させようとしているの?」

白銀「俺はただ!オルタネイティブファイブの発動を止めたいんです!フォーを成功させれば…!」

>>
ていうか無茶とかそういうレベルではないし…

香月「フォーの完遂はそのままファイブの消滅を意味するわ」

白銀「それでいいんです…1日も早く訓練校を卒業して正規の軍人になります」

白銀「そして一刻も早くオルタネイティブフォーを成功させます!」

香月「もう1つだけ聞いていい?あなたBETAのいない世界にいたって言ってたわね?」

白銀「その通りです」

香月「そこからこの世界に来た時どう感じてた?そしてどうしたいって思ってた?」

白銀「この間違った世界から離れたい…元の世界に戻りたい…そう思ってました」

香月「なのに今、この世界を守ろうとしているのね」

香月「いつからそうなったの?どうしてそう思うようになったの?」

戦争で戦う理由は隣にいる仲間を守るためになるからな

白銀「それは…」

香月「無理に答えなくていいわ…さっさと偉くなって私を楽にして頂戴」

白銀「え?」

むっ!

白銀(いつ頃からだっただろう、俺は別の世界の人間だ)

白銀(こんな世界の戦争なんて俺には関係ない)

白銀(そういう風に考えなくなったのは)

瞬間溢れだす存在しない記憶

白銀「冥夜!おっと悪い….御剣か」

御剣「なんだ」

御剣「白銀か」

むっ!

御剣「会って早々に呼び捨てとは順序というものがあるぞ」

白銀「すまん、俺は馴れ馴れしいらしくてな…それより何してたんだ?」

御剣「見ての通り訓練をしていた、一応日課にしている」

御剣「私は一刻も早く衛士となり戦場に立ちたいのだ…月並みだが私にも守りたいものがあるのだ」

白銀(なんだ…?俺は前にも….)

白銀「それが何か聞いてもいいか?」

御剣「この星…この星の民…そして…」

御剣「日本という国だ」

白銀「御剣….」

進研ゼミでやったとこ

御剣「私が守りたいのは人々だ」

御剣「人々の心を…魂を…志を守りたいのだ」

御剣「古より脈絡と受け継がれていた」

御剣「心をな」

今の噴火昨日見た気がする

御剣「国とはなそういったのを指すのだと思う、人のいない国などないのだから」

白銀(あの時まで俺は国というのは漠然と政府ことだと思っていた)

白銀(本当に国という言葉の意味を考えたことがなかった…冥夜がそれを気づかせてくれたんだ)

白銀(そうして俺はこの世界に戻ってきた)

アンリミでは冥夜ルートだったのかな?
>>
誰かと恋仲だと記憶継承出来ない仕様だよ
基本的にアンリミは全ルートを通ってるだろ

御剣「そなたには守りたいものはないのか?」

白銀「あるよ」

白銀「俺が守りたいものは地球と全人類だ」

御剣「地球と全人類か…」

白銀「別に対抗したわけじゃないぞ?念のため」

御剣「誰もそんなことはいっとらん」

御剣「そなたは立派だな」

白銀「そうかな…?」

“人類をなめるな”
なんか懐かしいフレーズ思い出した

白銀(こんなことをすっぱりと言える自分に驚くよ)

白銀(でも、俺が守りたいものといえば)

終わりか
なんか韓国のアイドルの曲みたい
ところでタイトルのマブラヴってどういう意味なの
>>
マッシブラヴ
予告ないのか
>>
この枠はずっとないよ
そういや水月や遥や茜もちょっとは出てくるんだろうか?
>>
出せるほど尺に余裕あるかなぁ…
>>
ガッツリ出てきますよ!お楽しみに!
初見なんだけど戦術機ってあんまり出番無いの?
>>
序盤過ぎればめっちゃ出るぞ
序盤は訓練編なので出ない
性能評価試験はこのEDでいいかもだが…
まりもちゃんの後にこのED流すの…?
>>
まりもちゃん生存の可能性
>>
いいやマミられてもらう
>>
さすがに特殊EDでしょ
>>
流石に特殊EDでしょ
未来への咆哮と適当な栗歌でよかったのでは
>>
OPは未来への咆哮2021ver.で良かった
もう18年前か…
OP映像的にクーデター編ちょい後の衛士になって終わりかな
>>
でも佐渡島っぽいシーンもあるからなぁ
まぁ1話が駒木編だったからクーデターまでかもしれんが
そもそも時間戻ってるのは何が原因なん?
主人公の特殊能力か?
>>
>主人公の特殊能力か
ものすごくいま知ってはいけないこと
アンリミの火山のとこもさりげなく入れてたな
>>
あれ入れないと12.5事件と佐渡島のアレが意味不明になるから…
>>
アンリミテッド要素の入れ方はわりと上手いと思う