これまで順調に進み過ぎた世界材料集め巡回ツアー
ここにきて遂にトラブルらしいトラブルが…
真空状態になると石化装置発動するってことだろうから月面で石化して待機の計画が頓挫する流れかな
>>
ただ地表に落として発動させてたから真空でも装置起動させない方法もあったってことなんだよな
まず条件と時間と効果範囲を計測しないとね
>>
来週千空がいつもの笑い方しながら実験してるのが見える
石化光線しか出てないだろうになんで陽君砕け散ってるの
メデューサ爆発でもしたのか
>>
逃げようとして不安定な姿勢で石化→こけてバリンって感じでしょ
ファミコンレベルってすごすぎる
>>
ファミコンクラスの性能になるまで50年くらいかかってるからね
初作品でいきなりすっ飛ばすのは凄すぎる
>>
必要なものから選択していった結果だろうけど早い
>>
0から作らず1から作るからね
試行回数が桁レベルで少なくなる
問題は石像組み立てに慣れた人がアメリカにいる事くらいだ
>>
時計屋でいけるだろ
モブ可愛い
>>
いやなヒビ入ってて嫌な人は再度石化→復活でヒビ消せるね
そのヒビ割れはかわいそう
>>
何気に女で顔にひびが入ってるキャラってこれが初なんじゃないか?
石化光線は摩擦熱を相殺する効果もあるとか?
>>
それは考えられる
>>
帰りの宇宙船の摩擦熱に耐えられる素材をハショれるね
コナゴナに砕けすぎるかもしれんけど
wikiにも載ってるぐらい有名なんだなディープ・ブルー対ガルリ・カスパロフの試合
興味深い内容だった
プログラミングの知識はからっきしだからテトリスがそんなシンプルな造りだとは知らなかった
>>
消す条件が色関係なくシンプルだし
ブロックも引っかかったら全部停止して
ぷよぷよみたく空中に浮いてる分が落ちるとかそういうのもないからな
なんかが割れた音がしてるのが気になる
このメデューサまだ使えるのかね
あれもしここで自動起動わかってなかったら
千空と司石になってたのかあぶねえ
>>
宇宙船と宇宙服のテスト用に真空チャンバ作りそうな千空
いずれ地球が真空状態になるって予測してて人類を救うためにこういう仕様にしたのか
>>
それはいい考えだな
いくら流水弟がすごくてもあんなズババのほいでは作れないやろ…
>>
この漫画はみんなズバズバ作るから
真空管が割れた原因は分からんけど割れてから装置が起動してる感じの描写だよね
これって真空状態から空気を検知したら起動するようになってるんじゃないかな
装置が月から地球に到達する時間が予測できないからこんな機能つけたとか?
回想にも発光しながら降ってきてる場面あるし
クソデカスーパーコンピューターでようやくファミコンレベルってのが凄く良い
>>
記憶装置がオープンリールだし読み込みめっちゃめちゃ遅そう
アポロ13で窓に傷付けて角度調整した話もあるので帰還直前ならマニュアルも行けそう
落ちる場所はどうなるか知らない
>>
本来なら窓なんて付ける気なかったのにガカーリンのコメントきいて俺たちも窓付けろとか政府が無茶ぶりしてきたからな
ファミコンって8BITじゃなかったけ?
つくっても4BITマシンだろうとおもってたけど
いきなり16BITだからなんか真顔になった
>>
ファミコンは確かに8BITだけど千空達の作ったやつはクロック数が約半分なので
BITを倍にすることでファミコン相当にした