>>
なんでこの二人合体するのか
合体が好きなのか
この状況で一切動揺しないで受け答えできたら、それはそれでヤベー奴なんじゃ…
>>
尊氏とか冷や汗はかくけど心音は一切変わらなそう
今週は全体的に性癖が歪む回だった
髪下ろした若はヤバいな

出典:逃げ上手の若君35話 松井優征 集英社

当時は男色なんてのも嗜みの一つだったので
>>
子供が産まれたらクソ面倒になる時代だしな
男色が流行ったのは戦国時代じゃないのか?
衆道は江戸時代だし
稚児とか言って仏教僧が幼い男の子とドッキングしてたくらいじゃないか?
>>
源頼朝と後白河法皇の時代からの
貴族の嗜みだぞ
>>
むしろ尊氏とか男色好きで有名なんだが…
特に晩年は男とばかり床を共にしたがったとか
尊氏は男女関係 師直は女性関係色々あるのに
どっちの話もほぼない直義ってなんなんだろう
>>
養子貰うぐらいだからなあ
貞宗は何だってこんなに回りくどい真似してるんだ
疑わしいのなら館に来る途中の山道でさっさと部下に射殺させて
「猪と間違った」とか言い訳させて、形式上処罰すればいいだけだろ
>>
基本的に守護軍より諏訪軍のほうが強い
しかも騒乱の原因作ったら自分の立場はどうなるか
>>
まず小笠原さん自体がこの時代ではかなりの地位がある教養人なのと
そんなことしたら適当にそこらの怪しいガキ殺して手柄首にしたてたとかさすがに引くわと言われてメンツ丸つぶれになるんで
あやこは心音で察されないように離れただけだと見くびってたら、
思いも寄らない仕事をし始めた

出典:逃げ上手の若君35話 松井優征 集英社

然り気無くこた君が若と一緒に処刑説が消えたな
根津一門か
そしてあやちゃんが望月……歩き巫女かよ!

出典:逃げ上手の若君35話 松井優征 集英社

>>
あ、やっぱ二人の出身元明かし意味があったんだ。
亜也子が最後一人ちんどんやってたのは子孫が後に歩き巫女になること匂わせてたのかな
>>
逃若党メンバー、単なる創作じゃなくて由来も設定されてて嬉しい

先週でてきた木曽義仲といい、
諏訪・小笠原を始めとする地元大名といい、
禰津・望月・穴山・保坂・高梨なんかの豪族といい、
信州の武士団は調べれば調べるほど面白い!