俺もだ
>>
でもここはハッキリと過程が消し飛んで結果のみになってる
かなりその時その時のライブ感溢れた能力
>>
初見時に弾速遅すぎない?と気になって能力の読み解きという過程がぶっ飛んだ記憶
飛ばしてる間はボス自身も相手に危害加えられない
はずなんだけどナランチャとかは殺された
>>
できるんじゃないの?認識して動けるのがボスだけなら
本を読んでる人が10秒で3ページ読むとして
発動した瞬間にナイフで刺せば本読んでたはずなのに殺されたことに
あくまでキンクリ動かしてできる範囲の改変しかできないので
近距離パワー型数体で一斉にかかれば回避で手いっぱいになって
反撃まではできないと思う
>>
ヴェネツィアでのブチャラティとの戦闘の後
他のメンバーがぞろぞろ集まってきた時に「負けはしないまでもあの人数を相手にしては正体を晒さねばならないからリスクが高い」みたいな独白はしてた
そもそも最初にトリッシュ攫う時も手首落としてる事を考えると消し飛ばしても攻撃できるんじゃ
もしくは相手が認識できるようになるまでにラグがあってその間に攻撃するって感じか
>>
大切なのはできると思い込む事だしな
未来に起こる出来事を映像で予知して(エピタフ)
キングクリムゾン本体の能力でその「予知の映像」の瞬間までの数秒間を「なかったこと」にする

例えば「脚が斬り飛ばされる」という予知の映像を見たとして
何もしなければ敵の攻撃がクリーンヒットし「ボスの脚」が「斬り飛ばされる」「かもしれない」が
「ボスに向かって攻撃が加えられる」という「過程が進行する時間」を消し飛ばせば
「ボスに攻撃が当たる」という結果がなかったことにされ
でも「(誰かの)足が斬り飛ばされる」という結果だけは絶対に起こる未来なので
ボスではない誰か(=敵対者や側にいた第三者)が被害を被る…という感じと解釈
>>
こんな設定あった?
>>
文章化されてる訳じゃないけど
リゾット戦見てる感じだとそういう風に解釈するしかないかと
実際に「脚が斬り飛ばされるビジョン」をエピタフで見る→回避する為にドッピオが行動する→ボスはドッピオ(自分自身)の脚が斬られたと解釈していたが結果的にはリゾットの脚の方だった…って風になってたから
エピタフの予知映像はあくまで予知であってその意味は状況や行動で変わるって事かと
>>
いやエピタフの予知はトトやローリングストーンと同じで変わらんよ
ドッピオから見て自分の足が斬られたように見えたとしても予知は最初からリゾットの足が飛ぶのを予知していただけのこと
行動次第で変わる余地があるならボスもあんなに焦らんよ
>>
リゾット戦でボス(とドッピオ)は
エピタフの予知を知って「これはマズい!ダメージをなんとか避けねば…」って言ってるから
映像は見るけどそれが内包してる結末の真の意味までは理解してない(できない)んじゃないか
あくまで予知の映像から自分で解釈するしかない
「時を飛ばしてるんじゃなくて、十数秒前までの記憶を失わせる能力に過ぎない」なんて解釈してるサイトがあったけど
じゃあナランチャを殺した時や、エアロスミスの弾丸避けた時はどういう事なんだと問い詰めたい
>>
他者から見たらその解釈通りにはなるな
その間ディアボロだけが干渉されず自由に動けるってのが大事な部分だけど
>>
一瞬20年ふっ飛ばされたのかと
こんなに時が経ってたとは
多分細かい部分は荒木も説明できないでしょ
>>
古参読者「何だこの能力…」
新規読者「何だこの能力…」
荒木先生「何だこの能力…」
が多すぎる
総監督と脚本を困惑させて10時間話し合いした能力
>>
総監督「どういう能力なんだろうなこれ」
脚本「どういう能力なんだろうなこれ」
荒木「どういう能力なんだろうなこれ」
・飛ばしている間はあらゆる攻撃を受けない
・飛ばしている間のボスの動きは誰にも認識できない
ということしかわからん
>>
正確には時を飛ばした後の物理干渉ができない=攻撃を受けない