人として死んどけよ
足引きちぎったんかね
>>
普通に立って移動してる…
逃走は幻覚で実際には死んでるよ
>>
俺もそう願ってるけど
現場に肉片もないことは無いんじゃないかな
>>
普通骨は残るからね いくらガソリンと言えど
爆発で飛んできた刀が刺さっただけで
本人はもう死んでて幻覚を見ただけってオチが一番スッキリするけど
もしそうだと「生き延びた半グレが今もどこかで命を狙ってる」ってのに怯えながら暮らさなきゃいけなくて可哀想過ぎる
>>
言っちゃ悪いが人殺してる時点でもう穏便に暮らすのは無理なわけで…
彼は今日も地球のどこかで人を殺しているのだろうかってエピローグで語られるやつ
>>
死んでくれよぉ…
日本中を恐怖のどん底に突き落とす事件過ぎる…
>>
世界中からどうなってんの?って殺到するレベルだわ…
多分哲さんの参加してる小説投稿サイトで哲さんのフォロー数が1つ増える
>>
今回のことを元にした小説に楽しかったですねってレビューされるんだ…
>>
ホラーの文脈すぎる…
>>
このフォロワー日本刀を正確に投げてくるんだけど…
>>
もうちょっと敵側の視点も必要だと思うので後ほど詳細送りますね
>>
ノンフィクション作家になれちゃう!
村も全滅したわけじゃないんだよな…?
>>
外に出てる構成員は無事
村にいたやつは教祖含めて全員死んでる
明らかに幻覚に見える描き方してるんで
たぶん「生きてたことにする方法」を思いついたら生き返るし
無理なら死んでる
>>
これ三部の途中で哲さん一家のピンチの時に登場するやつじゃん…
家族を守るためだったのにどうしてこんなことに…
>>
お前はやっぱりこっち側だよ!☺
鳥栖哲雄!今度は俺がお前の夢を叶える手伝いをしてやる!
って意味の



かもしれないんだよね
>>
鳥栖家狙ってたヤクザの事務所が一夜で壊滅してるのかな…
打開策を思いついても普通実行しないんだよって言われてたしかに…ってなった
>>
普通の人は死なねえかなあ〜までは考えても選択肢に入らないからな…
危機感がないとか言われてた娘の選択が最終的に人として正しくなるのいいよね…
>>
歌仙さんは生まれから特異すぎて覚悟決まってるからな…
歌仙さんは作中トップレベルのヤバさだからな…
>>
ただ詰めがだいぶ甘いんだよな
体力がヤバすぎる
>>
もう尽きたって自己申告してたじゃないですか…!
気化したガソリンに着火して爆発なんだからトラバサミ外したところで火属性ダメージ負ってないの流石に無理だろ
>>
とっさに田んぼに伏せたんじゃないか?
水面が防御壁になる
窪くぅんヤバすぎだろ…→哲雄ヤバすぎだろ…→窪くぅんヤバすぎだろ…
>>
ターン制バトル並みに毎ターン盤面ひっくりかえるな…
鳥栖哲夫には今後生涯にわたって安息の日々はやってこないよね
気付いたら窪くぅんが忍び寄ってくるかもしれないし
>>
こわすぎるよね
またな
>>
このパパは「生きてたらまた殺しにくるかもしれない……殺さなきゃイケないのか……!?」って葛藤して殺しにいきそう
あの改造トラバサミって外せるもんなの…?
>>
めっちゃ脚に食い込ませれば外せるって前回言ってた
>>
そのダメージでガソリン爆発を耐えて山狩りからも逃げ延びるとは…
>>
並大抵の人間では外せまい
並大抵の人間では
これもう主人公家族は普通の幸せ感じられないんじゃ…
>>
マイナス200くらいの環境味わったんだから普通に暮らせればもう普通に幸せだと思う…
>>
そもそも普通の暮らしに戻るために色々頑張ってきたからね…
世間的には160人殺した奴が野放しとか怖過ぎる
>>
捕まらない限り何かあるたびに「窪ってまだ逃げてるんだよな…」って日本人の心に不安を残すやつ
>>
多分情報統制するとおもう
現実のどんな指名手配犯よりヤバいし…