「会社の飲み会の席で『Aさんってラーメンに詳しいんですよね』
と女の子たちに聞かれて、僕のおすすめを教えてあげたんです。
最近のトレンド、店主の人柄、コスパなど様々な側面を考慮して、女子向けのいいお店をです。
また90年代からのラーメンのニューウェーブ系の歴史もわかりやすく教えてあげた。
知り合いの店主だから僕の紹介だと言えば味玉ぐらい
オマケしてくれるんじゃないかとも言いました」
Aさんにそんな話を聞いてきたのは会社の20代の女性社員3人だった。
だが翌日、会社のランチルームに入ろうとした時、彼女たちがAさんの話をしていたという。
「酷いことを言っていたんですよ。
『ラーメンぐらいであんなに得意になれるって終わってる』
『彼女もいないし、ラーメンと結婚したんじゃないの』
『息がトンコツとニンニクの臭いがする』なんて。
その場には僕の後輩の男性社員たちもいたみたいで、みんな笑っていた。
その日は会社を早退して、家に帰ったらめまいがして」(Aさん)
電話取材を行っていると、この話をしているうちにAさんは嗚咽をもらしはじめた。
ラーメン二郎も全店制覇するなどラーメンに尽くし、恋愛、友人、仕事(休日の出勤も食べあるきのために断っていた)
を犠牲にしてきただけに、周囲の心ない言葉が響いたようだ。
「ラーメンは結局、僕になにも与えてくれなかったんです」(Aさん)

女って基本べらべら喋る男嫌いよな
なんでなん?

>>
自分が話したいから

>>
多分自分の話が出来ない!話せない!=この人なんかやだ!ってなるんじゃね?多分

>>
女と話してもつまらんって言ってるお前らじゃん

それはまじ可哀想なんだが





>>
美味しんぼ食に関してなら全て対応できそうで怖いわ

知識披露してるだけで普通に会話として面白くないからしゃーない

>>
得意なこと1つでもあるならまだマシだとおもう

>「ラーメンは結局、僕になにも与えてくれなかったんです」

ラーメンが好きだからラーメン食い歩いてたらこの台詞は出ないよな
こいつは何でもいいから一目置かれたかっただけ
「これに関しては造詣が深い」というステータスが欲しかった

>>
おおなるほど

>>
そなのかもな
俺も専門書20冊以上関連書数十冊買って勉強したぐらいはまってる趣味あるけど何かネガティブなこと人から言われたとしてもその趣味を逆恨みするようなことはまず絶対しないもん
そのせいでもし死ぬことになっても今まで楽しませてくれてありがとうって思うと思う

ラーメンに限らず人に対して自分の好きなものに関する情報を伝えるやつは馬鹿だと思うわ
クラスなり職場なり所属コミュニティにそれが嫌いなやつが二人以上いたらその時点で陰口嘲笑の対象になるのが確定するじゃん
敵に攻撃の機会を与えるな

>>
お前はお前でおかしい