即座に高度な計算をすることで未来予知や最も効果的な攻撃を繰り出すことが出来る
>>
ラマヌジャン「」
作者の頭脳は超えられん
>>
これだろ。数学の解像度が低すぎる。
アクセラレータは少し違う?
>>
読んだことないけどあいつは物の向きを変えるとかやろ?
全然違う
>>
脳内で演算して能力として出力してるって設定やからあながち間違いではないやろ
Dr.stoneのプログラミングのやつは?

出典:Dr.STONE 稲垣理一郎・Boichi 集英社

あらゆる計算を多項式時間で行う能力者とかいてもいいのにな
>>
チートすぎやん
文系が作るからしゃーない
理系がガチった漫画ないんか
>>
理系に面白い話書けないからしゃーない
>>
昔手塚治って漫画家がおってな
>>
そもそも数学ガチった後に漫画家になるって奴がいないからな
>>
QEDとか完全に理系やろ
>>
ワイも好きやけどあんだけ巻数あってハンバーガー理論がネットに貼られるくらいしか見かけないの悲しい😭
手塚治虫は医学部だけど理系知識はあまり活かしてないな
>>
ブラックジャックがおるやろ
>>
まあ理系といえば理系か
メタグロスがいるやろ


>>
分析した結果繰り出されるのはパンチと頭突き
>>
指示するやつが小学生やし
あるぞ

「人はデルタtの狭間に生まれ、そして死んでいく」。ビルから落ちていく儚い少女。彼女の背中に、一瞬、羽が見えた気がした―それが、高校生の俺、冴上誠一と“数秘術師”羽鷺雪名との出会い。
ある日突然、俺の妹・愛架が誘拐されてしまう。血眼になって探す俺は、虚空に浮かぶ、ノイズがかった無数の数字を見た。混乱する俺に雪名は告げる。
「残念だね。君には“無次元数の異常を視認できる才能”が開花してしまった」数を書き換えることで奇跡を起こすことができる能力者の雪名は、
“確率”を操る怪人との戦いにひとり、身を投じようとしていた―。“数”の異能力アクション、開幕。
https://dengekibunko.jp/product/antiliteral/201011000263.html
それ要するにメッチャ頭回るってことだろ
少年マンガじゃそのポジは主人公しか許されへん
>>
おいおいIQ200の強敵もいたでしょうが
漫画の話ならボーボボのギガがおるやん

出典:ボボボーボ・ボーボボ 澤井啓夫 集英社

テニスの王子さまに既にいるだろ

回転数とか急速、速度まで瞬時に計算する奴
>>
金色小春か