強すぎる…
>>
見せられたキッズは一人だけだから大丈夫だよ
>>
一人だけだよ
他は食い散らかされて転がってるよ
>>
そら錯乱するわ
見た目はどう見てもかませのパワータイプなのに
>>
パワータイプということは筋肉量が多いということだ
つまり速い
>>
パワータイプで作中キャラにあいつ最強!って言われるの敵の強さ表現するために一瞬でやられるんだろうなって思ってたら最終決戦まで見せ場だらけで驚いたよね
>>
初登場時の生きてるだけで可哀想だぁ〜って妙な印象が払拭されるのが随分後なのでこのオッサン噛ませなのか狂人なのか判断が付かなかった
世の中と人間の子供には絶望してるし鬼になる素養はあったよね
>>
御館様が先に身請けしてくれなかったら危なかった……どうやって?
刀じゃ無くて斧と鉄球鎖で繋いだ奴だしなんなんだよ
>>
そりゃ刀よりリーチと威力のある武器使う筋力あるなら使った方が強いだろ
>>
誰だよ斧と鉄球与えたのは
>>
折れるような刀作るほうが悪いとか言った人
目見えないのにスケスケ入門してる…
>>
目が見えないからこそ聴覚が鋭敏になって鎖の反響から敵の位置が分かるのまではいいけどなんかもう普通に見えちゃうのはズルだろ!
あかざさんとかも鬼になる前からやたらと強くない?みたいな感じだったしビックリ人間結構いそう
>>
あの人は修行してるし
狛治さんとこの時点の岩だとどっちが強かったんだろう
>>
流石に岩じゃない?
鬼をシンプル生身で倒したっていう実績は唯一無二だし
>>
素手で人間の頭蓋を吹き飛ばした実績も唯一無二だし…
悲鳴嶋さんの攻撃は狛治さんに回避される
狛治さんの攻撃は悲鳴嶋さんに効かない
>>
頭蓋骨削げる攻撃が効かないのは最早人間じゃ無くて鬼では
>>
でも悲鳴嶋さんだぞ?
自分が強いってことをそのとき初めて知った
みたいな台詞何か悲しくて好き
220センチ130キロって大体1回目の骨延長した頃のジャックハンマーぐらいの体格だ
弱いわけがない
>>
八尺様よりちょっと小さいくらいか
>>
明治33年の調査では17歳の男の平均は157.0cm女に至っては147.0cmとされているのでぶっちゃけ鬼と呼ばれても仕方がないレベルの巨漢
あの世界無残にも鬼殺隊にも接触せずそのまま一般人として生涯遂げた鬼殺しの天才とかまだまだいっぱい居るんだろうな
>>
忍者いるしな…
「あの最強と謳われる岩柱が…!?」するためのキャラだと思ってたのに
>>
本当に最強だったじゃん…
>>
下馬評の逆張りじゃなくて最強なんだから強いんでしょっていうシンプルな描写なのが心地いい
基本的にフィジカル強い方が強いからなこの漫画
>>
あくまで人間でしかない人間サイドもそうだけど鬼も結局はフィジカルの強さに終着するからな…
>>
最後の最後に万力の握力が大事なんだ!とかやり始めるとは思わなかった
兄上も生前に透き通った世界の話を縁壱に聞いた時はなにそれ…こわ…ってなってたからな
戦闘中にそういう技術がありそう…やってみよう…できた!やってる岩はちょっとおかしい
>>
蛇もできてるしこの代の柱マジで当たり年
鬼も夜明けまで頭潰され続けるとはビックリしたろう
>>
鬼も最初のうちは余裕だったのかな再生するし
潰され続けてドンドン絶望していったのかも
握力…握力かぁ…鎖鉄球じゃなぁ…思っきしぶつけてみよう!できた!
風柱は嫌われものの刀で真似した
>>
普通に握力だけで赫くできた霞と蛇が流石の異常者扱いになる
恋が出来なかったのは悲しいね
>>
話し聞いた時点では既に致命傷負ってたのに無茶を仰る…
あの嘘ついた子供は死ぬまで後悔してるんだろうな
もう謝る相手死んだからな
>>
本人は嘘ついたつもりはなくて錯乱して言った言葉が誤解招く表現だっただけなのがおつらい…
岩「みんなー!!目を凝らしたら何か透けてこないかー!!」
蛇(ほんまや…透けた…)
>>
目見えないのに目を凝らすとはこれいかに
>>
可哀想に
早く楽にしてやろう
>>
生まれてきたこと自体が可哀想だ…
>>
本当に初見での印象が酷すぎる
最年長・巨漢・パワータイプ・斧使い
これで本当に最強なのが凄い
>>
パワータイプ(スピードテクニックも最強クラス)
元から目が見えない人が鬼になったら目見えるようになるのかな
>>
見えるようになるために鬼になる展開は割とありがちがけどありがちすぎるからな
>>
鬼の本質は治療薬の副作用だからなるんじゃね