ゴルシは「本当にアタシのこと忘れたのか?しょーがねーから、また1からおめーの人生面白くしてやるよ!!」って言ってくる
それから2ヶ月後、日課のドロップキック喰らった時に頭の打ちどころが悪くて全て思い出す
>>
ゴルシは記憶喪失なのをいいことに変なことトレーナーに吹き込みそう
>>
原因絶対ドロップキックじゃねぇか!
マックイーンはみんなの前では気丈に振る舞ってるけど、1人になった時トレーナーが自分のことを覚えていないショックで静かに泣いてる
会長あたりはもう1回走りを見せて惚れ直させるぐらいする
自分が勝ち続ける姿を見せれば思い出すのはと信じ込み、レースに出続けるスズカ
>>
「あなたが見せてくれた景色を、今度は私が見せる番です」
いいよね……
>>
天皇賞・秋
>>
トレーナーの記憶と栄光の日曜日を勝ち取る天皇賞秋は名シナリオでしたねぇ…(存在しない記憶)
>>
レースに入っても、大ケヤキに差し掛かるまでトレーナーは本当に全く思い出せないんだよね…
大ケヤキに差し掛かってスズカが脚に違和感を覚えた瞬間、状況も分かってないはずのトレーナーが思わず「スズカーーーーッ!!!」って叫んじゃうんだよね…
それが聞こえるはずもないのに聞こえた気がしたスズカは「一歩」を力強く踏み出すんだよね…
栄光の日曜日の主役となったのはサイレンススズカ!大ケヤキの向こうから、楯の栄誉を勝ち取った!という実況を聞きながらトレーナーは訳もわからず涙を流すんだよね…
そんなトレーナーを見てスズカも思わず泣いちゃうけど、それでも心からの笑顔を見せるんだよね…
その笑顔がトレーナーの記憶を取り戻すんだよね…分かるよ…
タキオン「なら思い出させるまでさ」
モルモットくんって記憶喪失になっても、タキオンの走る姿見れば、あの時脳に焼きついた景色を思い出して芋づる式に全て思い出しそうだよね
ちょっと忘れてても…あなたは一流のトレーナーなんだから……っ!
そうなんですか…では!ゆっくりと思い出していきましょう!とことん付き合いますよ!なにせ私は学級委員長ですから!

バクシンオーはしっとりさせたくないんだ…
テイオーはこれまでの思い出を脚色して毎日話をしてくれそう