スカッと爽やか
よくよく見るとこの言い草から死に際の言葉って変ね
>>
死んでたって言ったじゃん!
死に際の言葉がアシリパに関係ない話だったから言えなかった
って別に不自然ではないでしょアシリパが杉元に懐いてたのは見れば分かるし
>>
そういや言ってたわすまぬ
>>
気遣いです!
最後の言葉が他の女の話だったなんて言えないじゃん?
まぁ調子に乗っちゃって見破られたんだけど
故郷に残してきた女の話なんて聞きたかったか?はとっさに出たにしてはIQ高い返しだったのに
だから杉本のためにも…!はさすがにお前普段言わないだろ
>>
だんだん嘘言うのが楽しくなってきたと思われる
よりにもよってあんこう鍋なのは孝行息子のつもりなのかよ
>>
尾形の好物だから…
>>
尾形の人生で一番印象に残った食い物だろうからつい出ちゃったんだろう
>>
尾形って他人に興味なさそうだし他人の趣向なんてそれ以下に興味ないだろうしな…
自分の好物ぐらいしか料理の名前知らないんじゃないか
>>
マジでまったく思いつかなかっただけだと思う
トメ…トメだったかな
トメって聞こえたわ
>>
まぁ軍に問い合わせればなんとかわかるだろ!
俺脱走兵だから捕まりそうだけどな!
>>
ニアピンなの笑っちゃう
読んでて分からなかったんだけど尾形とキロランケってどこで仲間になったんだ?
>>
網走監獄じゃない?状況的に第七師団がウイルク確保するのが固かったから尾形なら乗ると思ったとか
本物はアシリパさんごめんくらい言うのかな
>>
不死身だしなぁ
特に言ってなかったor言おうとして事切れたor死にかけで聞き取れなかったで完封できたのに…
>>
いやもうこの直前で大分怪しんでたよ
>>
確信はないけどボロだすまで質問攻めにするつもりだったんじゃない?
>>
この時点でだいぶ(というか最初から?)怪しまれてる
尾形も後ろから杉元来てるの気付いてるので急いで聞く必要がある
ので無茶するしかなかった
あ…ああ言ってたぜ…のあたりで楽しくなってきちゃってただろお前
>>
キロランケの目と極限の寒さと後ろから追ってくる杉元といろんなリミットで脳みそがあっぷあっぷしてるんだと解釈してるわ
なまじスナイパーだけあって観察力はあるから他の人間エミュできなくはないが根本的になんかずれてるから珍回答が出てくる
>>
序盤から(俺ならそうする)が大体外れてるのいいよね
>>
この文だけ見るとすごく可愛いドジッ子みたいだ
>>
でもその結果が父親が葬式でも来てくれた方が良いだろの母親殺しとか
弟いなくなれば父親が俺見てくれるかも?で弟殺しだからな…
アシリパさんとサシで話してるのに…お前”達”みたいな奴が居ていいはずがないんだからの片目撃たれて倒れるまでめっちゃ好き
>>
アシリパからしたらさっきから何言ってんだこいつ過ぎて怖かっただろう
わろてるし
>>
杉元のことを言ってるようで自分のことを言い
アシリパに言ってるようで弟に言う
ここで「アシリパさんに会いたい…」だったらどうなったんだろう
>>
それはそれで言わなさそう
ホロケウオシコニ聞き出してアシリパ殺して土方勢について…つけるか?
>>
チ○ポ先生にボコボコにされそう
冷静に考えて自分のカーチャンの名前を惚れた女の名前に使うのはキモいよ尾形
>>
尾形が唯一愛した女性だろうし…
>>
おばあちゃんは…?
>>
女性かなぁ…
アシリパさんも刺繍に夢中だって
>>
ゔぇろろろろごうろろろあッッ!!
弟殺しちゃったせいで取り憑かれてんのが皮肉というか
>>
まああの弟は助けてくれたりもするし…
>>
聖人かな?まあそこが尾形の地雷なんだが
>>
悪霊め
でも誰に対しても一切ほだされないのはすごいと思う
鶴見中尉よりはスパイ適正あるよきっと
たぶん社交性低すぎて途中でバレちゃうけど
>>
他人を騙して出し抜くタイプなのに常時素なのが怖い
>>
一応今も中央のスパイ…でいいんだっけ?
>>
菊田さんとは争わないし一応
>>
尾形なりに絆された結果が勇作殿とアシリパさんなんだと思う…
初戦闘時は目に光があったし
頭打った時にどっか脳みそ欠けちゃったんじゃないのか
>>
でも過去編ずっと目が真っ黒だし光ってた時だけなんかおかしかったんだろう
愛で私を殺してくれと同類?
>>
みんな俺と同類だろ?同類になれ!みたいな感じ?
勇作さんが罪悪感を感じない人間がいてもいいのです!って言ってくれたら救われたのだろうか
>>
尾形が母親殺したことに罪悪感感じてるから屁理屈で自分誤魔化してる人だった場合は駄目だろうな…
尾形なんか言ってなかったか!?
…やっぱ言ってたぜ
これは言ってなかったか!?
…それも言ってたぜ
>>
なんか楽しくなってきたんだろうな
一瞬同類だと思った鯉登は普通に親父に愛されてて超ガッカリ
>>
兄弟にコンプレックスを抱える少年が父親に見捨てられる…
可哀想に…俺と同じだ…
は?父親が直々に助けに来た?ボンボンが…
杉元が目に毒矢刺さった尾形助けてアシリパさんに殺させないって言ってた時に笑ってたのはどういう感情なのか
>>
ざまあみろ
>>
アシリパさんが普通に殺人しようとしたから喜んだんじゃない?
>>
直前までの威嚇はともかく矢を打ったのが事故だってのは自分が一番分かってるくせに
>>
アシリパさんを見る度俺のことを思い出せ杉元…
今アシリパさんを狙う理由があるのは尾形だけ?
>>
中尉はまだわからない
もう必要ないから殺しに行くかもしれない
>>
中尉も暗号わかったし殺して構わんって認識だけど特別復讐のために狙うってのはアリかも?
>>
中央からするとサイコテロリストの娘に権利書が渡るって展開はマジで危険なので中央からも狙われる理由あると思う
まあその場合アシリパさん排除するのは尾形の仕事だから変わらんといえば変わらんけど
杉元なら最期の言葉はリスの脳みそ食べたいのはず…
>>
好きな人には同じもの好きになって欲しいもんね
>>
えぇ〜本当? 本当にぃ?
勇作とかアシリパさんの何を暴こうとしても
ぜったい自分とかフリチン杉元みたいな公序良俗に反するイカレポンチな側面は出てこないのだから
あきらめて勇作に言われた通り自分が存在してはいけない人間だということを自覚すればいいのに
>>
アシリパさんはでも日常生活結構破天荒な汚さはあるじゃん!
二〇三高地で死んだ友人→寅二が死んだのは奉天で二〇三高地で死んだのは勇作さん
その未亡人の名前はトメ→尾形の母親の名前がトメ
最期に食べたいものはあんこう鍋→尾形の好物はあんこう鍋
こいつ自分語りしかしてない…
>>
他人に興味ないからこいつ…