お前そんなすごい奴だったのか…
>>
あの新田義貞をボコってるし
>>
おいおい瞬殺だよ
>>
今も続く弓道の大家ぞ
>>
礼節にも関わっていたとは
ある意味若君の師匠な一面も
>>
ここカッコいい
株が上がっちゃったよ
>>
弓といい礼儀といい…
頼重よりよっぽど師匠してる気がするな
>>
市河とのコンビは面白い
マナー講師の開祖
>>
なんて敵だ……!
>>
後の世の武士道にも影響している?
馬鹿だな拙者がいるよはどこかで使いたい名言
>>
「馬鹿だな俺がいるよ」で同じこと思って何年越しかに使う松井先生面白い
歴史知らずに見たら「この小笠原って人が主人公の本当の父親なんでしょ?」くらいの感じ出してきてるな
>>
ベイダー卿かな
すごいひとだ…
>>
ガチで凄い人だからね
>>
武士道の開祖みたいな人だなんて…
信玄にやられた頃の世代の子孫も弓が得意だったし育成プログラムが当時からしっかりしてたんだなあ
>>
信長の野望でも小笠原の弓強いものなあ
礼法書も持ってるし
流石小笠原流礼法(まだ無い)家元
>>
まだ勝手に提唱してる段階で敵対者に自分の決めた礼法を守れと言い出す無茶振り
なんで正座が敬意を示す座り方なの?
>>
自分の体を全部相手に真っ直ぐ向けてるからって剣道の先生から自分は聞いた
>>
刀を抜いて攻撃態勢に入るのにひと手間かかる姿勢だから「攻撃の意思はありません」と示してるのもある
アメリカで椅子に座った偉い人が足を組むのも同じ理由
>>
でも正座から居合い抜きやる流派とかいっぱいあるよね
人気投票やったら3位か2位か下手したら1位に来そう
>>
読者の99%はショタコンなので若の1位は揺るがない
>>
残りの1%をロリコンとおっさん萌で0.5%ずつ分け合う
これが乱世ぞ
>>
別作品はやめてください
>>
それを変化させようとしたんでしょ小笠原
>>
命大切を広めたい若と根は同じか
>>
「こいつ馬鹿だ」と舐められないように正式な作法や教養を身につけるんだ
舐められてる時点でダメ
>>
それこそ木曽義仲が反面教師だよな
成功を収めたのは教養があって作法がしっかりしてて人当たりが良い頼朝
>>
格式や権威は「舐めたら許さない・お互い相手を舐めてない」を示す最たるものだもんなあ
>>
地方独特の作法が多くて行き違いからの諍い多かったんじゃない?
敬意を払ってるつもりが舐めてるようにとられたとか
そのプロトコルを整えた感じ?
>>
基本的に失礼とはなにか?みたいな考え方だと思う
これはやらない方が良いがメイン
最近のジャンプはほんのりと変態出すのが流行りなのか
>>
この作品に至ってはガチな変態しかいないよ!
どう対応したらいいんだろ
凛々しく答えても本人確定されるし
>>
会話のキャッチボールを楽しむ
目の人仲間にならないかな?
>>
歴史は決まってるので仲間にならない
むしろ足利兄弟の方が仲間になってた期間があったというのが歴史の不条理
なんやこの家……超名家じゃん
>>
ネタ抜きに武門の誉だよ
正座ってこの人が言い出したことなの?
>>
正座の座り方はもっと前からあったし
正座という呼称が広まるのはもっと後だけど
「畏まった場ではこういう座り方しようぜ!」って言い出して広めたのはこいつ
>>
すっげ…
>>
胡座より早く立てて刀も抜きやすいから形だけの姿勢でもないんだよな
>>
それこちらは臨戦態勢でいつでも刃交えることができるって意思表示にならない?
>>
実際のところ正座の所作も刀を抜きやすくするために右膝から立てたりするので不足の事態に備えるとかそういう意味もあった気がする
なので江戸に入ると刀を置き始める
こいつ序盤で出てきちゃだめじゃない?
>>
強いライバルは序盤出てた方がワクワクするだろう?
ネタキャラかと思ったらずいぶん出番あるなコイツ…
>>
ネタどころか以降の武士にめちゃくちゃ影響与えた人です…
>>
初対決の時点でモノローグでも今後何度も戦う最大のライバルだって言ってただろ!
>>
ひょっとしてこいつ偉人では?
>>
超が付くレベルの偉人です…
前回出てきた鎌倉の精鋭たちよりある意味格上の敵だからな小笠原殿…
>>
いやまあ流石に直義とか今川了俊には何枚も劣るよ
女の子の耳撃ったのだけがマイナス
>>
マジな話縫えば治る程度の怪我で済ますのはあの時代比なら有情
>>
そもそも性格悪いキャラとして描いてるからな…
もっと深傷を負わせても良かったんじゃないかってぐらいだよな
>>
縫うってあの時代縫合とか技術あるの?
>>
傷を縫うくらいはもっと昔からある
まあ感染症対策が甘過ぎるので傷口から腐ることが多かったが……
>>
そもそもこの時代に消毒の概念ってあったのか
>>
馬糞が効くぞ!(効かない)
>>
浄不浄の概念から清潔にするという感覚はもちろんあるよ
ただ細菌なんてものは知る由もないので目に見える汚れは落とそうねくらい
実写化したら阿部寛がいいけど歳的にきついかな
>>
一応顔のモデルにしたとあってビックリした
主人公側は暗殺教室で敵側はネウロって言ってる人見たがちょっとなるほどと思った
>>
なんかすごい腑に落ちた
>>
つまり小笠原殿は怪盗X…?
むしろこいつが主役の漫画や時代劇があってもいいのでは?
>>
派手さならもっとすごいのがいるからね
>>
今NHKが大河のネタ候補にしているかも知れない
あいつらゲームからネタ探してきたりするし
今回ラストの威厳がすごい
まるで主人公の師匠
>>
底知れない才能は感じてても小僧っ子に過ぎないからきちんと叱る大人は強すぎる…
正座は微妙なところだけど
これから殺す相手に敬意を払えってのは感動する
>>
敬意もクソもなかったのが最初のあれです
>>
大きく見せようと無駄な虚勢を張るなってところも含めて小笠原さん大人だよなぁ…