北部は危険でしたね…
レベルたけえ…
>>
ハイターは腰が抜けてるの?
僧侶は美女が良いな…新キャラかもん
>>
綺麗なお姉さんならだいたい毎週出てるだろう?
>>
主神が女神なので僧侶は男しかなれないとかあるかも
もちろん女性も女神魔法(回復系魔法)は使えるけども
ハイレベルな魔法や一部の魔法で制限がつくとか
危険地帯が過ぎる…
>>
ダイダラボッチがいる…
>>
蛇のところのシュタルクがタゲとって師弟が魔法でぶち殺すのが基本パターンなんだなあ
>>
ドラゴン一撃で殺すくらいの火力が目立つけど基本タンクだよね
>>
巨人みたいな奴は攻撃すると怒って反撃してくるから逃げ推奨なパターンのやつ
>>
ゼノブレイドとかでラスボスよりも高いレベルの敵が
フィールド徘徊してるやつだこれ
>>
旅の途中のちょっとしたエピかな
すごくどうでもいい所なんだけどシュタルクに目線向けてるここのフェルン好き
予想はしていたけど明言されるのはこれが初めてかな
>>
魔導書つまってるのかな?
>>
荷物運搬の秘密がちょっとだけ見えたな
収納魔法というよりもフリーレンの言い方だと
カバン自体がレアアイテムなのかな?
ただこのカバンすら持たずに移動してる時もあるし
ほかに運搬収納魔法はある感じもするね
その箱が入るのおかしくない…?
>>
Bag of holding
魔導書とかはこの子にどっかに運んでってもらってるのだとばかり
これ北部は魔族達も魔物やばすぎて制圧できないんじゃ
>>
魔物が魔族を襲うことはないような感じもするがどうなんだろう?
>>
魔物間に食物連鎖があるかは気になるね
餌(人間)の取り合いで戦う事はあるかもしれないけど
でかいやつ関所で止められる気がしない
>>
ああいうデカい関所は特別な防御結界が張られてるから
>>
大きな街とか関所にはフランメ結界があるじゃない
例えば杖とかは突然発生する
またヒンメル株が高騰してる
>>
先週も高騰していた気がするけどいつになったら高止まりするの?
魔物は畑荒らしてた猪みたいなのをシュタルクが隊長たちと狩って食べてたから普通に食物連鎖されてそう
>>
そいやあの魔物倒しても塵にならなかったから魔物じゃなくて獣なのでは…?
>>
魔族と魔物の区別が割と曖昧なんだ
フランメの定義も人の言葉を話す魔物的な括りで人型をしてない魔族もいるっぽい表現だった
魔物の詳細な生態系なんて知られてないでしょ研究する余裕なんかある筈もないし
なんなら魔族への理解だってたかが知れてる
>>
人真似が上手い嘘つきな害虫を理解する必要なんてないよ
いずれ根絶やしにするんだから…
「集落だね」でお茶吹いた
こんな危険な土地に普通の人たちが住んでるのおかしくない?
立ち退きを強制されることもなく騎士団が自治もしてくれるならまあいいのか?
>>
今回気にしてたのはあくまで強力な魔物による街道の封鎖で
それがなければ行商人も行き来が出来てるようだし
北方の人は一般人ぽい見た目でもそれなりに強いのかもしれん
>>
まあ現実でも砂漠とか凍土とかの冗談みたいな土地に昔から住んでる人達はいるから…
案外創意工夫と気合でなんとかなるものなのかもしれん
ここまでの危険地帯だと
村に城壁はともかく堀や塀ぐらいあってもいいだろという気が
>>
村が作れる程度の堀や塀じゃ魔物には意味をなさないんじゃないかな…デカい奴とか飛ぶ奴もいるし
こいつ人型して武器も使ってるけどフリーレンが魔族じゃなくて魔物と呼んでるってことは言葉は話さないのかな
それとも魔族も魔物のうちだから魔物って言っただけなのか
せっかく先週上がったフェルンの中のシュタルク株が……
>>
ヘタレ込みでストップ高だから大丈夫
>>
腰が弱ってたのはフェルンって奴のせいなんだ
>>
もっと鍛えないと駄目ですね
今夜から始めましょう
情けない…
下手な魔族よりその辺の魔物が強そうな北部
>>
魔族ってあくまで知性持った魔物の一種だから魔物を使役してるわけではないんだよな
まあ人間が家畜飼う様に魔物調教して利用することはあるんだろうが
何でこんな所に住めてるんだろ…
>>
まあアラスカのグリズリーが出るようなとこでも住んでる人いるし