「殺したはやとが生き返った理由」と「はやとの四周」が全くもって意味不明
さすがに読解力無さ過ぎだろ
なあ>>説明してやれ
単純に時間戻るんだから死んだのが誰でも生き返る
ハヤトはトリガーに設定されたから記憶を持ち越せる
じゃなかったけ

>>
はやとが死んでから発現した能力だからはやとにかけても意味が無い
喋りようがないから
【サルでも解かる!!バイツァ・ダストの使い方】
①まず吉良の正体を知る人物にちっさいキラークイーンを仕掛けます(ただし吉良が極限まで追い詰められてないと不発です)
②仕掛けられた人物は直ちに起爆し時を1時間ほどを遡ります
③仕掛けられた人物が何らかの方法で吉良の正体を暴露するたびそれを知った人物が起爆し仕掛けられた人物は時を1時間ほどを遡ります
④③で起爆した人物は起爆する運命が固定されどこにいようと同時刻に起爆します

>>
仕掛けられたら直ちに起爆するって誰も言ってないし描かれてもなくね?
仕掛けた時に起爆するなら吉良吉影本人は記憶持ってなきゃバイツァ・ダストに覚醒したことすら気付けないじゃん
いいや!限界だ押すね!は救急隊員を使って②をやろうとしてた
>>
仕掛けた瞬間戻るんじゃなくて公衆の面前で救急隊員に暴露させて全員吹っ飛ばすのが目的だったんじゃないの?
仕掛けてから名前を言わせるなり仕掛けてからぶん殴って小っさいキラー・クイーンをスタンド使い共に見せて吹っ飛ばすのが
そして②の起爆のみ吉良の記憶も一緒に遡行する

これで矛盾はない
>>
あの時点で記憶を引き継いで戻っても運命の強制力で仗助との戦闘と敗北は避けられないじゃん
あの地点で小っさいキラー・クイーン使ってスタンド使い全員を吹っ飛ばすの目的で使用したはず
>>
別にその場で勝たなくても過去で早人に仕掛け直して
「そう… わたしの名は「吉良吉影」 フフフ ハハハ」というミスをしなければ勝ちだぞ
>>
そうポンポンバイツァ・ダストは発動出来ないが
言わなきゃ勝ちだったけど言ってしまったから強制力が働いて自分でボロ出す
>>
正体知った奴を爆破は起動後に設置者に関係してから発動する能力じゃね
あの場は起動する事で時間戻して生存するのが目的じゃないか
>>
あそこで仕留めなきゃ負ける運命にある
>>
じょうすけに攻められた時に解除してるから運命確定してないと思う
>>
運命の強制力は別にスタンドの能力じゃなくね
ティーポットは割れるし吉良は後ろから帽子を被せたいと思うのもスタンド能力じゃなくてそうなる運命に決まってるからだし
>>バイツァ中ではって言ってるから起動中の時だけじゃないかな

>>
どっちにしろバレるしバイツァ・ダストの発動は暴露じゃん
>>
じょうすけと遭遇~女医までの出来事は解除後に起きてるから
新たに起動すればまた別の流れになるんじゃね
4週ぐらいしてないと思いつかないって吉良が勝手に言っただけじゃなかった?
あと早人を殺してしまってたからバイツァで早人を爆破して死ぬ前に戻ってる
+スタンドを持ってない早人にスタンドが取りついてる状態でバイツァの能力は吉良は覚えてる
>>
四周か三周かは不明だけどヘブンズ・ドアーで先のことを見たからあの前に何周かあるはず
>>
死体のはやとをバイツァダストで起爆が意味分からん
>>
一般人を対象にすること。は確定
起動には手動爆破が必要。推定
だとすると起動時に対象が死んでただけって事かもね
時間戻って生きてるならそこから利用できるんだから
>>
死体は正体の暴露無理だろ?
つまり過去に戻る(早人が生き返る)条件は暴露とは別にもう一つあると考えるのが自然
>>
死体に攻撃を行えば小っさいキラー・クイーンが出てくるだろ
スタンド使いに見せることが出来たら作中の情報だけで死体でも戻ることは可能
だけどオヤジも猫草も生きてるから謎
しのぶにはやとの死体を見せるのも発動する可能性あるけどしのぶは生きてるし違う
こう言ってるからやっぱ女医使って暴露して全員吹っ飛ばす予定だったんじゃん



>>
吹っ飛ばしてから1時間前だろ
>>
経緯関係なく吉良の正体知った時点で作動するの強すぎるなこれ
>>
吉良吉影と本人が言わなくても小っさいキラー・クイーンを視認しただけでもうアウトだからな