How did anime/manga get so popular outside of the orient?
西洋のストーリーは政治的要素がはびこってる
>>
日本のも割と政治的要素あると思うけどな
>>
いや、舞台が日本なのを忘れるくらい政治的な要素ないと思うけどな
実際の機関もほぼ出てこないし、天皇は絶対に出てこないし
むしろ政治的要素が無さすぎるくらいだと思う(というより思想の押し付けがない)
正直アメリカの供給するものよりクオリティが遥かに良い
ここ数年で出たマーベルとか見てもひどいぞ。なぜこんなの見てるのか分からないレベル

ひぐらしとか進撃の巨人見てた方がはるかに楽しい
ひどい完成度のアニメを見てる方が楽しめる

>>
昔からそうだけどな
>>

>アバター 伝説の少年アン
>アドベンチャー・タイム
>怪奇ゾーン グラビティフォールズspan>
>おかしなガムボールl
>スティーブン・ユニバース

どれも10点満点だし、まだ西洋でも面白いのは作られてるぞ
>>
10点満点はないわ
>>
アニメーションはまだまし、コミック業界が終わってる
>>
アバターってもう20年くらい前じゃない?
>>
正直これは正しい
パンデミックで何もやるときがないときにネットフリックスで見てみたって人はかなりいると思う
ただ欧米で本当に人気になるには2030年くらいだと思う
>>
スレ主は90年代くらいの話をしてるのかと思ってた
アメリカのことは分からないからフランスの話をすると国とテレビは既にバンド・デシネ(フランス・ベルギーなどを中心とした地域の漫画のこと)が好きだったからだと思う

アニメがテレビで放送されるようになったのは70年代くらいだと思う
でもちゃんと放送されるようになったのは80年代で、日本とフランスのアニメスタジオが協力して制作した「太陽の子エステバン」が好評だったからだと思う

90年代に入ってClub Dorothéeというテレビ番組が放送されてから爆発的人気になった
そこから数世代にわたって漫画アニメが親しまれてきた
もともと漫画は土台があったから、放送されたアニメの漫画版が出版されてたから

90年代に漫画・アニメ反対運動があったけど、それを乗り越えて需要が伸び続けてたから今でもフランスと日本のメディアは特別な関係を保ててると思う
今でもほかの言語では翻訳されてない漫画がフランス語ではたくさん翻訳されてるからね

ストーリーに関しては他に代えがきかないからね
>>
欧米にはベルセルクのようなストーリーはないからな…
90年代にまで遡らないといけない
ゲームが人気になって(日本のゲームが王様だった)、アニメが世界中で放送された
そこでインターネットが普及したから、ネット上にはアニメやゲームの話題ばかりになった
>>
それは80年代だな
欧米(少なくともアメリカ)はヒーロー系ばっか

日本のはちゃんと終わるし、1人の作者で完結する
>>
これ。
ストーリーが違う人に描かれることによって、過去のストーリーが台無しになることが多い
フランスのコミックはちゃんとしてるけど(ただフランス以外ではほぼ見れない)
SAOと進撃の巨人はアニメ人気の火付け役だと思う
>>
何歳だ?
マクロス
エヴァ
攻殻機動隊
ガンダム
とか80年代後半くらいが一番土台を作ったと思うけど

それからセーラームーンで可愛い系が流行ったと思う
>>
SAO、進撃は若い世代の中ではそうかもね