「もうゲームの世界に没入できない」「同じ姿勢でいるのが体力的にキツい」
年を取るとRPGが遊べなくなる“人それぞれの事情”

・約半数が、30代から「以前と違ってRPGが遊べなくなった」と回答

・理由は多岐にわたるが、大まかには「時間がない」「気力、体力が続かない」「ストーリーが覚えられない、キャラクターに感情移入できない」といった感じ

・その一方で「アクションRPGなら遊べる」「主人公が無個性なら」「経験値稼ぎがなければ」などの声もあり、
必ずしもRPG全般がダメというわけではないもよう

・しかし、“今でも楽しめるRPG像”は個人差が大きい。
例えば、いわゆる古き良きRPGが苦手になったという人もいれば、最近のRPGがムリだという人もいる

ワイ30歳、テイルズにハマる

>>
テイルズはアクションに近いからまだ出来る
紙芝居系やコマンドものは眠くなって終わり

33歳やが今ブレイブリーデフォルト2やっとるで
毎週日曜日に3時間やるだけやからストーリー全然思い出せん

>>
分かる
長時間きつくて間隔開けてプレイするとストーリーや登場人物が覚えられんのよな
そして覚えられないのにプレイする意味あるか?って自問自答が始まる

レベル上げましょう
装備整えましょう
お金貯めましょう

ここら辺の水増し要素が本当に嫌いになった
若い時に黙々とのめり込めたのが不思議やわ

>>
それが一番楽しいんじゃん

>>
装備作ったりするのがゲーム要素だろ
それ抜いたらストーリーしか無くなるが?

30代は自分の息子育ててレベル上げする年齢やぞ

>>
やめーや🥺

>>
最高の育成ゲームだな

でも黄金の太陽のGBAは今でも楽しめる
思い出の部分が大きいけど

スマホで空き時間にGBAのゲームやるのが最強やわ
据え置きとかもう無理や