>>
個人の資質によってギガノ〜超ディオガまで幅広い威力になるだったような
>>
こんな感じらしい
http://raikumakoto.com/archives/5649679.html
>「ガ」系は、初級よりも強く、主に力を収束(集中)させた感じです。(たまに収束してないのもある)「ラージア」は威力は初級に毛が生えた程度ですが、広範囲に広がるのが特徴ですね。「~オウ」(バオウとかに代表されるもの)は、その魔物の持つ特別な才能が異形の形をとると言う感じで、大体普通の時は「ディオガ」と同等クラスの力と思ってください。しかし、その~オウ系の術々で、個人の「力の差」「元々持っている才能の差」がでるので、同じ「~オウ」でも少しだけ強い弱いがあるのですよ。そして、やはりこの魔物同士の戦いでは「心の力」によって優劣が別れるので単純にランクで示すのは難しいです。ゼオンのザケルのように、普通に使っても力がダンチみたいな例もありますので・・・
ジオウレンズザケルガほんと好き
ラオウとかザオウとかオウ縛りでそれっぽいカッコイイ術作れるのすごいよね
>>
三文字慣れした所に出てくるジボルオウ・シードンで何!?何を呼んでるの!?怖いよぉ!!ってなる
>>
オウ級でドン付いてるのはアレが初だったっけ
>>
サキエル!サキエルじゃないか!
バオウ・ザケルガ
スオウ・ギアクル
ラオウ・ディバウレン
ザオウ・ギルエルド
ファノン・リオウ・ディオウ(?)
あと何があったか
>>
ゴライオウ・ディバウレン
ジボルオウ・シードン
ジオウ・レンズ・ザケルガ
>>
バビオウ・グノービオとかジボルオウ・シードンとかゴライオウ・ディバウレンとか
ファノン・リオウ・ディオウ!!
他の命名法則に当てはまらなくて好きな呪文はダイバラ・ビランガ
>>
ギガノ・ガランズと二つ掛かりでバオウにぶつかる見開きいいよね
エマリオンバスカードが一番響きとして好き
>>
命名法則謎過ぎるけど音がカッコいいよね…
ゴデュファ前の使い手どんな感じだったんだろ…
特殊なのだとバズ・アグローゼスとか
>>
モモンが出てきてアグ部分の音節の意味が分かるの好き
位階がわからんけど多分ギガノ級
ガンジルト・ロブロンも前半部分がわりと謎
>>
ガンズ+シルドじゃないかな
>>
気付かなかった
言われてみれば確かに
ギャン・バギャム・ソルドンは声に出して言いたい
>>
アースの技は独特で格好いい技名多いよね
ヴァルセレ・オズ・マール・ソルドンとジェルド・マ・ソルドもいい
でも高速すり足は笑う
あのド直球なネーミングのグランバイソンは何だったんだろう
>>
ラギコル・ファングとかグランガ・コブラとかアイアングラビレイとか時々ド直球いるよね
作者ブログで明かされる「バルバロス」はオウ系に対するアンチ呪文という事実
>>
盾じゃなくて迎撃タイプの防御呪文って結構貴重だよね
アミ…アミレイド!?
>>
ふざけた名前だけどレインが千切るのに苦労してる結構ヤバい網
バーゴもギガノ・ビレイド撃てるしビライツ系は色んな種族に宿ってる
>>
そういやバーゴも一応竜族なのかな…
>>
神龍とワイバーンくらい差がありそうだ…
エシュロスは初期だからかグランクラッグとかグランバイソンとかガッシュっぽくない術名おおいよね
>>
グランダムも似たような命名無かった気がする
グランバオはベギルバオで拾われたけど
ファノンリオウディオウは一族最強の呪文の名前から期待の子リオウに名付けたのかな…って思うと重たい
>>
千年の覇権がかかってるとはいえあの一族リオウ一人に負担をかけすぎる…
>>
王。みたいに子供複数用意しとけ!まああそこの兄弟はひどい仲違いしてたけど…
フォウ・スプポルクにスプが入ってるのがいいよね
>>
なるほどスプリフォのスプなのか…
>>
呪文消すのはスプなんだろうなってのが分かる
ディマ・ブルク見た後レリ・ブルクとか思い起こすとアレかぁ〜!ってなる
>>
コブルク!
ラが反射の意味で
シルが盾なら
ラシルドは別にガッシュ固有の術でもなさそうな感じがあるな
>>
本人の性質依存の汎用反射シールド術かもしれない
>>
ラシルドのラはラウザルクと同じラじゃねえの