ニーサンは早熟すぎて1話時点でレベルがほとんどカンストしてたんだろう
成長してないように見えたのは次のレベルに上がるためにめっちゃ経験値が必要だったから
レベル70って感じ
>>
なんか200超えたくさんいるんですけど…
生きてる他の国家錬金術師はみんなイシュヴァール帰りなので強いのは当たり前なのだ
汎用性なら手パンだけど
単純な戦闘なら大佐の指パッチンが殺傷力高すぎる…
>>
眼球ピンポイントとかマジ凶悪
汎用性高い代わりに特化型に負けるっていういい塩梅の強さだよね
>>
出てくる敵がみんな特化型ばっかだから大体負け戦!
まぁ展開にあんま影響ない負け多いからストレスは溜まりにくいが
単純な戦闘能力だと師匠や師匠の夫を超えてないちょうどいい塩梅
>>
あの夫婦強いのはわかるけど従業員の方もおかしいよね…あそこの肉屋で働くにはあれくらいの強さがないと駄目なんだろうな
スカーやマスタングみたいな技能が強いタイプはわかる
大総統その強さなんなの…
>>
とんでもなく目がいい
あの動きは確かほぼ本人の自前だったはず
>>
本人が強いタイプ
>>
国背負ってる男が弱いわけないだろ
>>
だが奥さんは更にその上を行くという…
思い返してみると単独でスッキリ勝つ場面が全然ない
>>
ドルチェット…
弟のほうはレベルいくつくらいって評価なの?
>>
アルが手パン錬成覚えてからはエドは素直に負け認めてるくらい
>>
鎧という重さやらタッパも相まって体重はエドより上
手パンはできないから錬金術絡めた戦闘だとエドのが上
>>
最終的に手パンできるようになったよ…
>>
賢者の石持ちなら最強格というかホーエンハイムとお父様以外だと大総統を唯一倒せるレベルかもしれない
機械鎧のおかげで気軽に腕無くなったから負けできるの上手く考えたなって思う
>>
最後の最後のラストバトルで満を持して左腕怪我させるのが漫画うめぇ!ってなる
あの……弟強すぎるんですけど……
>>
そりゃ身体丸ごと対価として持っていかれてるからな
対価が片腕と片足だけの兄とは比べ物にならないレベル
ニーサンは戦闘員ってよりは学者タイプだし…
>>
上に提出する書類どうすんの!!
行きの電車の中ででっち上げる!!

この能力欲しい
土壇場での発想力に関してはニーサンかなり上位よね
スカーの兄が研究者の素質では飛び抜けてそうだけど
>>
飛び抜けすぎにも程がある
練鍛術も勉強してたからアメストリスの錬金術師とは考え方の根本が違うんだろうけど
エドは槍を地面から錬成するのも好き
チビなぶん長物で補助しないとね
>>
アレなんか凄い何度もやっててエドの十八番みたいな気がしてたけど漫画思い返すとそんなにやってないんだよな…
多分旧アニメとゲームの印象が足されてる
>>
旧作は少ない原作を何度も何度も擦ってるからなぁ
👐パーンで済むのはお得なようで
事前に彫っておけばいいのであんまりアドバンテージ無かったな
>>
たぶんその辺の色んな材質相手にアドリブする事は出来なかったと思われる
>>
それは戦闘に関してだけだと思う
グラトニーの腹の中で水とか用意するのはパーン使えないときつそう
アルより弱いのに主人公としての存在感失わなかったのすごい
>>
ちょっとだけ群像劇の割喰ってる感はしたけど
何だかんだで見せ場には恵まれてたよね
手パン勢って手パン無し陣錬成はできないんだっけか
>>
できる
>>
出来る
やらないだけ
>>
必要ないもんね
アルの方が強いけど兄さんの方が機転が効くチビのイメージ
>>
チビだから小回りはいいしな
こいつ自身はそこまで強くないのよね…
二つ名もただ手がオートメイルだから鋼ってだけで手が普通だったらなんの特徴もない普通の錬金術師だし
>>
たしかによくよく考えるとエドの錬金術って特徴ないな…
>>
そこまで強くない奴がグリード倒せるかよ
戦争経験者が手練れだからな…
効率よく人殺すことに特化してるだけある
>>
大佐は本当に色々やったからね…
目ん玉ピンポイントとか人の心が無いのか
>>
戦争帰りの国家錬金術師に比べると学者寄りなのは時代のせいもあるからな
研究力は高いけど戦闘スタイルに関しては脳筋にもほどがあると思う
>>
だって師匠がステゴロ上等!だし…
格闘術から力の円環学んで錬金術の円環に至る感じだもの
イシュヴァール経験組はまだしもスカーとか強すぎる
>>
イシュヴァールの民自体が戦闘民族すぎる
タッカーさんが困りまくってる査定を電車ん中で終わらせるニーサンいいよね
>>
いるんですよね天才ってやつは…
>>
天才すぎる…
天才多くない?
>>
はい
>>
国家錬金術師って超上澄みばかり登場するからな
エピローグの大佐は文句なしの作中最強だよ