自然派ママのこだわりは多岐に渡りますが、多く挙がったのが「白砂糖」や「牛乳」、クッキーなどに含まれる「トランス脂肪酸」、市販のお菓子やジュースです。しかし、子どもが大きくなるにつれ他のお子さんとの交流も始まり、自然派のこだわりを続けることは難しくなります。コメントはこんな批判的な声があふれました。

「自然派ママの子と他の子1人が遊びに来て、娘と3人で遊んでたんだけど、お菓子出したら自然派ママの子が凄い勢いで食い尽くして驚いた」

ふだん薄味の手作りお菓子を食べ、市販品は止められているため、味の濃いスナックやジュースなどに執着してしまうようです。トピックには、「勝手にやればいいけれど、押し付けてくるのはイヤ」、宗教めいている等と警戒し、面倒くさいと訴える人が相次ぎました。

あー、おったわこういう奴
あと、両親の学歴執拗に聞いてきたりして察する

>>
親の学歴とか勤務先とか聞いてくる奴いたな
小学生が知ってもしゃぁないやろと思ったわ

反動ってあるよな
万物を少量だけ摂取させたらええんや
ゲームは嫌でも毎日1時間やらせてお菓子も無理くり毎日少量食わせろ

>>
香川県民かよ

ゲーム機持ってなかった奴が大人になってゲームはまるよな

>>
そんな奴はガキの頃持ってても、大人になってもゲームしとるで

>>
一理ある

ガキの頃から大人までずっとゲーム漬けのやつもいるからな