すげー好みが分かれそうな読み切りだな
俺は好きだが
なんの感慨もなく読み終わる人も多そう
>>
俺はイマイチだった
好きな人には悪いけど特に目新しいものでもないように思える
>>
そういう感想になるのも分かるからなんも言えん
ヤンヌはなんかのアナグラムっぽいけどわからん…
>>
ジャンヌでしょ
>>
英語のジョンはラテン語だとヨハネ
>>
ジャンヌ
>>
ヤンヌはジャンヌでアンナはアンネじゃないかな
ジャンヌとアンネはわかるけどドリーが元ネタわからん
>>
ドリーはドロシーやドロテア
なのでモンタウのドロテアかな?
火刑は免れたけど
読み切りあーとかうーしか言えないの人か
>>
マジかマジだ
何となく百合っぽい印象受けるなと思ってたから納得したわ
>>
マジかよ…絵上手くなったな
若干百合っぽい関係性好きなのは性癖なのか
>>
絵柄覚えあると思ったらそれか…
近藤君だな
昇天する魂キャッチして埋めるから死神かと思って身構えて読んじゃったよ…
なぜ俺はこんな疑り深い性格になってしまったんだ…
>>
広い意味では死神みたいなもんだと思うよBLEACH程度には死神
こういう人生単位時代単位が経過するタイプの読み切り好きなんだ
>>
レストランに閉じ込められた二人の男の読切よかったよね
感情は風化するけど忘れるわけじゃないもんな
読み切り風刺的だけど穏やかに描ききれてよかったけど逆さまギミックは読んでてちょっと気持ち悪くなるね…
>>
____  ゴキッ
/‖ ̄ ̄‖<⌒ヽ))
|‖__‖<  |
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄/
|   |( /  /
読み切り百合っぽいかもしれないがこういうのは愛情じゃなくて純粋に友情とか経験者として見守る方が尊いと思う
>>
別に百合=愛情じゃねーよ
スマートフォンで読んで都度逆さに読むのがいいのかな…
>>
逆さまにせずそのまま読んだ方がいいんでない?
さかさまの視点が大事だからさかさまの世界を描くのは良いんだがコマの上下を大切にしてないのは駄目だわ
この読切の中では天地をさかさまに返す時には意味を持たせないと単に読みにくいだけでさかさまの効果も半減する
>>
それやったらこの作品の良さがほぼ無くなるまであるわ
視覚的に酔わせたりしてそういう境目を作らないから最後まで読者の感性に訴えかけることが出来たんじゃない?
そういう計算された境目を見せちゃったらダメなタイプの作品だと思うよ
>>
さかさまの世界を舞台にしている時点で計算で作られた世界そのものなのに?
規則性を持たせないなら単に読みにくいだけだよ
感性に訴えかけることが目的なら他にもいくらでも表現の手段はあるしね
読み切りは最後核戦争でも起こったんかな
現代以降っぽいし
>>
広島か長崎でしょ
>>
途中にベルリンの壁崩壊とか同時多発テロが起こったシーンがあるから第二次大戦より後のはずなんだよ
>>
60ページ目の2コマ目で東京タワーが出てる
東京タワーは1958年12月23日竣工なので第二次世界大戦は終わった後だね
現代より先の未来に核戦争のようなものが起きたってことで良いと思う
ジャンプラ読切全体に言えるけど
もっといろいろ削ぎ落とせるよなぁとは思った
64ページは長いて
>>
ウェブ漫画で無料だからこそできるって媒体でもあると思うけどな
逆さまである必要性は特に無かったね
>>
反対の立場から見ればどちらにも正義が〜的な部分をざっくり削る演出だと思えばメッセージ性はあるんじゃね
>>
流石にそれはお前の読解力が無さすぎなだけかと
>>
物事を一方的じゃなく
逆さまにみる事で憎しみに折り合いがついたって話なのに
>>
いや天に昇った魂が落ちてくるために逆さまにする必要があったんだろ
下から上がってくる球をキャッチするのは絵的に分かりにくいし
>>
長い年月でそこは薄れたんじゃね?
結局は復讐するような話じゃねーし
>>
平和で裕福な時代で生まれ育ったぼんぼんの感覚なんだろう
敗戦の影響で今も飢えてる人に読ませたら鼻で笑ってこんなもん読ませた代金請求されるだろうな
>>
ルーズベルトとか
パイロットは死ぬまで英雄で
本人も微塵も反省してねーしな

アインシュタインも
まぁ逆さま世界要素無かったら
よくある作品になるわな
>>
逆さま要素削ったらもっとシンプルで分かりやすくなった気がする
短編でやっちゃいかん事は
特殊設定を二つ以上出す事だから
死後の魔法世界と
上空の逆さま世界の二つやったから分かりにくかった
登場人物の心情を考える上で世界設定が邪魔になってる
>>
そうそうそこがまさにメッセージの為の漫画って感じ
ジョジョ4部でいうと
吉良が幸せな最後で寿命全うして
女の子の幽霊が諦めるみたいな話だから
モヤモヤなんだよな
>>
兵隊はべつに快楽殺人目的じゃないだろう
時間がたてば許せると言うのは事実だからそこはいいんだけど
結局は今が裕福な人の理屈だよなとは思う
でも逆さま世界をカットすると
ヒロインは自分を殺した奴を許せるギミック無くなるやん
>>
ギミックありきで心情が変化したら本末転倒だろ
>>
そもそも許してない
長い時間がたって怒りを忘れただけ
これから女の子達は未来永劫に
相手を許し続けろって教えあってくの?
>>
教えあおうが教えあうまいが関係無いよ
人の姿でさかさま船に乗ることになっても
時間が経てば怒りは薄れて消えてしまい
最終的には他の死者と同様に木へ生まれ変わる世界
>>
復讐は諦めて船の上でテレビでも楽しんで溜飲が下がったらビンに入れよってことだろう
怒りの感情を強く持ち続ければ代替わりせず現世の娯楽を永遠に楽しめるかもな
許せとは一言も言ってないでしょ
怒っていたこともいつか忘れるんだよって縛り続けられる必要ないよって話でしょ
>>
別に憎しみ続けても良いじゃん
>>
怒っていたという事実を忘れたことはないので結局縛り続けられてるんだよなぁ
>>
その縛り付け続けられてたものから解放された時に船の管理者としての役割を終えてその魂は輪廻の輪に戻れる的なことなんじゃないのこれは
>>
根っこ付いたままだし体は人型のままだし見た目通り「縛り付けられたまま」ってことなのでは?
輪廻の輪に戻るなら元の姿を残す意味なんて無いし…