全然打ち解けてない…
これしのぶさんに嫌われてるって言われたとき死ぬほどショックだったんじゃ…
>>
しのぶさんにこれ言われたから富岡→しのぶに好き。が入ってない説好き
こんなに話しかけられるってことは嫌われていないのでは?
>>
胡蝶は冨岡と話すのが好きみたいだな
だいぶ自己評価高くてダメだった
ダメだった…
>>
自己評価はしてなくない?
あくまで個人から他者に対しての感想言ってるだけだし
好き好きアピールしてる岩柱からの冨岡さんの感想が
割と辛辣だった気がする
>>
あいつ仕事出来るけど横の連携無いコミュ症なのがなー的な評価だった気がする
あれこれ本当に嫌われて…
>>
冨岡と話すのが楽しいらしい胡蝶さんが
もっと喋った方がいいってのはそういうことですよね
拙者不幸でござるみたいな顔しててムカつく
>>
確かに不幸だけどそれ言ったら鬼殺隊のほぼ全員悲しい過去持ちだしなぁ
「テメエだけが不幸だと思ったら大間違いだぞコラァ」って意味合いならまさしくそうだし…
柱としての能力には一切触れられてないから
そこは全員認めてるんだな…
>>
柱として申し分ない能力あるのに俺は柱じゃないあんたたちとは違う
って態度だから嫌われる
>>
ある意味他者からの評価は高いんだ
キャラはだいぶ誤解されてる
顔色が笑いってそれ青筋立ってるんじゃないですか冨岡さん
冨岡さん…
>>
毒のことに気付いてたんじゃないかな
初登場時ぐらいちゃんと喋れてたらここまで嫌われてないのでは…
>>
ちゃんと喋れてない…
>>
お前の妹は鬼になった!殺す!
生殺与奪の権を他人に握らせるな!
>>
どうしろと…
岩はやっぱちょっとお兄さん目線だな
>>
このときの岩の他人評価は
ギャルゲーの好感度教えてくれる友人みたいな感想ばっかりだったから…
しのぶさんの体調悪そうなのには気がついてたんだな…
>>
しのぶさんと話すのは楽しいらしいからちょっとの変化もわかったんだな
もじもじしてるとかそういうオーラ出してるとか単に無口なんじゃなくて何か言いたげな空気は出してるあたりがまた嫌われる要因になるんだろうなと
>>
単なる無口とかなら無一郎とおんなじ評価になると思う
怒りっぽいというかアンタが怒らせてんだよ!
>>
俺は怒らせていない
>>
怒らせてますよ〜
手紙だと饒舌
>>
しかし筆不精
柱名乗る資格ないし…まではいいとしても柱の仕事も投げてたら嫌われるよ!
>>
戦闘だけなら仕事は充分してるんだけど
会議とか育成とかしないのは流石に
お前らとは違うってのは俺のが強い!とか俺のが不幸!って取られていやなやつ扱いで済むけど
俺は柱じゃないってのは内心がわからないと心底意味不明な態度すぎるよね
>>
てか実際そういうやつと思われてたからね
決意をもって鬼殺隊に入ったのに親友に助けられて試験突破
しかもその親友は死亡でほぼ心が折れてるとか想像できんよ…
>>
「自分は柱の器じゃない」って心境は理解できるけどあの場に列席しといてそれ言ったらそりゃ風柱じゃななくても「なんだコイツ」ってなるわい
蛇と霞は何かの拍子にちゃんと離す機会ができたら仲良くなれそう
風はたぶん鬼殺隊解散後じゃないと無理だ
>>
蛇は正確に理解した上で嫌ってるから一番無理だと思う
最後の数年は風柱と友達になれたみたいでよかったな
岩は何を見てぎゆしのの波動を感じ取ったのか
>>
だってお互いはなしてて楽しそうなんだぞ
そんなん他の漫画なら○○さんは○○みたいな一対一系ラブコメじゃん
鬼滅だからどうにもならなかっただけで
>>
冨岡さんはコミュ障
煉獄さんのコメントがなんか物凄い気遣ってくれてる感ある
>>
努力家!は気遣いの成果だと思う
努力なんて柱はみんなしてて当たり前だし
>>
煉獄さんの他へのコメント見ると気遣いというより注意点が主になっている数少ないキャラだ冨岡さん
もう下手に喋らず筆談しろ
>>
「失礼する」
錆兎周りの話を打ち明けるだけのコミュ力があればもう少し打ち解けられただろうに…
>>
それ話したら「みんな辛い思いしてんだけど」って受け取られると考えて話さなかったんじゃないかな…
>>
そもそも皆つらい思いしてるけどそれを自分の力で乗り越えてる
でも自分はそうじゃないってコンプレックスがでかい
こういう口下手なクールキャラで話しかけられて嬉しい!って思うキャラいそうでいない気がする
>>
そもそもコミュ障なだけでクールじゃなくて心自体は熱血に近いと思う
インフィニティも大概なのに冨岡さんのおかげで触れられない
>>
画像はないけどあいつ確かそんなに嫌われてないし…
>>
インフィニティは年若いからコミュ障なところもまあ未熟で容認されなくもない
冨岡さんはいい歳してあれだから
>自分はあなたたちとは違うみたいな感じ
>拙者不幸でござるみたいな顔
何一つ言い返せない…
>>
不幸で何かに負い目があるのも冨岡さんだけじゃないからな…
村田さんの名前覚えてるあたり他人に興味ないわけじゃないんだよなぁ
>>
むしろデフォルトで人間好きなぐらいある
人に対しての好感度がはじめから高い数値みたいな
それが表に出ることはない
全て終わったあとはお兄ちゃんと打ち解けられたのだと思いたい
>>
解散後なら会話中突然ふところからおはぎ取り出しても苦笑しながら食べてくれそう
>>
ムフフ
>>
まぁ飯食いに行ったりしてるし大丈夫だろう
もっと普段から共闘するようなことがあれば打ち解けられたんだろうけど柱は単独任務ばっかりだろうしな…
>>
よく組んでたらしいしのぶさんでもあれだから…
まぁしのぶさんは冨岡と話すの楽しかったみたいだけど
皆その段階乗り越えてきてるんですよって言われたら反論はできない立場ではある
>>
むしろ冨岡さんのトラウマって隊士が鬼に喰われたレベルだから不幸かと言われたら微妙なラインだしな…
>>
それこそ風が似たような境遇なんだよな…
そして風は周囲に憤懣を吐き散らした結果乗り越えられた
富岡さんはずっと心にしまってうじうじしてた
>>
姉と一緒に襲われて鬼の事話しても誰も信じてくれなかったもあるでよ
>>
身内複数殺されてるから全然微妙じゃねえ
これ相手に富岡さんは天然だからなーまでいくしのぶさんはすげえよ
やはりキテるのでは?
>>
岩柱のカップリング判定眼を信じろ
>>
しのぶさんが生きてたらいったかもねくらい
岩柱の恋愛評価はまだそこまでじゃないし
凪開発できるとんでもない実力あっても自己評価低いままなのが逆にすごい
>>
さびうさぎならこれくらい鼻歌交じりで余裕だし…
誰も殺さずに鬼舞辻無惨に勝てたし…
>>
もの凄い力と速度と集中力と動体視力でブンブン振り回してるだけだから誰でもできるし…って思ってそう
結婚は時代背景もあるからなんとも
現代だったら結婚してなかったかもね
>>
あと4年しか生きられないのに子孫残したんだからいけるっしょ
口数少ない癖に変な所で煽りに聞こえる言葉吐くのでまあ好かれない…
>>
どうしても言わずにいわれなかったんだろう
これを簡単といえるのが羨ましい
俺はお前達とは違う
という部分は
口下手なだけのアホだな…ぐらいの認識まで行けばそれなりに構ってもらえそうなのに
>>
そもそもそこに行くまでにかなりコミュニケーション取らないといけないからな…
>>
実力も努力もあるのにそういうの全部価値ないって思ってるから評価しづらい…
実際不幸なんだけど鬼殺隊としては平均かそれ以下だからな
家族のように育った仲間が自分を庇って死んでしまいましたぐらいの話
>>
両親病気で死んで姉と一緒に暮らしてたら祝言前に鬼に殺されて
それを言ったら精神病院送りは平均どころじゃないと思う
というかそもそも不幸を比べるな
>>
鬼殺隊にいたら冨岡さんより嫌われてそう
>>
無惨の配下にいそう
姉の件はそこまで引きずってなくね?
錆兎への思いが強すぎる
>>
姉と錆兎の半々羽織だから引きずってる…
>>
羽織の半分姉だぞ
>>
半纏の半分は姉の形見なのに?
>>
鬼への憎悪は姉が核になって
自分への憎悪は錆兎が核になってる
そもそもこいつ話しかけてくれるかどうかで評価してるのがやべーよ…
>>
休み時間に寝たふりしてるぼっちと中身一緒じゃないですか
実際不幸だから不幸でござるって顔してるわけじゃなく
柱にふさわしくないとかの方での仏頂面だから誤解ではある
>>
拙者不幸でござるみたいな顔してるってのは
自分だけつらい思いをしてる自分だけ柱であることに自信ないみたいな顔してるって意味だぞ
卑屈な癖に実力はかなり上位なとこも鼻につくんだろうな
>>
なまじ実力は確かなばかりに卑屈ゆえの物言いだと思ってもらえない
>>
いざ最終戦を終えてみると岩に次いでナンバー2だったのでは?と思えてくる
人となりがわからなすぎて置物呼ばわりは耐えられない
>>
あんまり話したことないし…
冨岡さんの方からは用がないかぎり話しかけないし覚醒するまでのインフィニティは
ぼーっとしてること多いから向こうからも話しかけてこないし…
冨岡さんあれだよね
そうだ…(守りきれなかった以上)俺が殺した(も同然)…するタイプど真ん中
>>
それを普段の会話でもするから嫌われてんだよ
岩にここまで言われるって相当では?
まぁひめじまさん見た目が怖いだけでめっちゃ優しいけど
>>
若手ならまだしも柱の中じゃ古参であれじゃ苦言も呈するよ
まあ何話しても行間抜いた喋りするから割とコミュニケーション取ってるしのぶさんが若干イラついてる理由はわかる…
>>
それでも話してくれるからしのぶさんは優しい
>>
でもなんとなく言いたいことがわかる分更にイライラしてない?
長男とのファーストコンタクトは冨岡さんにしてはちゃんと伝えること伝えられて100点満点300点くらいある
>>
でもあの時も半分くらいモノローグで済ませてた…
>>
(わかるよ)
>>
上手く言いたいことと言うべきことが噛み合ってたのと長男だから理解してもらえた節はある
>>
兄妹が起きるまでずっと雪の中待ってて捕捉説明したじゃん
どうやって誰と結婚したんだ義勇
>>
憑き物が落ちれば寡黙なイケメンになるからな……
>>
隠の子とか藤の家とか冨岡さんに救われてすぐいなくなってでも支えたいって人はいたんじゃないかな
>>
柱稽古後の冨岡さんは憑き物とれて真っ当だから…(懐にしのばせたおはぎ)
>>
恋愛結婚のほうが少なかった時代だろうしそこはどうとでも
そこそこ古参のくせに何だその態度はってのもあると思う
>>
改めて並べてみると岩の次くらいには長いのでは?と思わされる
>>
風がお館様に噛みついた会議のときには既に座ってたからな
蛇も卑屈なとこあるから少し同族嫌悪混ざってそう
>>
産まれの不幸っぷりはかなり酷いからな
長男セラピーの結果俺は怒っている背中が痛いからだ!許さんぞ上弦の参…!ってちゃんと会話ができるようになったからな
>>
できてるか…?
>>
背中が痛い理由にお前が攻撃したからとか入ってたら完璧だった

コメントを残す